板前の給与・年収は?見習い時代は給料が低いものの生活には困らない

板前の給与・年収は?見習い時代は給料が低いものの生活には困らない

寿司屋や料亭などでおいしい料理を提供する板前。給料や年収はいくらなのでしょうか?板前の給料は決して高くはありませんが、スキルと経験次第では高収入を得ることも可能なようです。今回の記事では、気になる月収や年収に加えて、高収入を得るための方法についてまとめました。

板前の初任給

新人板前の平均給料は15〜18万円

板前として働く場合、初任給は15~18万円程度が相場といわれています。どこの料理店で働くかによっても大きく異なりますが、新人の板前の給料については厳しい現実が待っています。

板前は、就職をしてもすぐに調理を任されることはありません。最初は追い回しと呼ばれるポジションで下積みの修行をします。おもな仕事としては、掃除や料理道具の洗い物の担当です。仕事に慣れていくにつれ、野菜の下処理や刺身の盛り付けに使う大根のツマや薬味のネギの作業などを任されます。

板前の修業は1〜2年ほど行われるため、その期間に店の動きや先輩の板前の仕事内容を把握します。新人の板前は、勉強することが仕事のため、最初の数年間はかなり少ない給料で働きます。

異業種からの転職には十分な検討を

異業種から板前を目指す場合でも、新卒の板前と同じように最初は仕事を覚えることから始まります。前職にもよりますが、給料についてはかなり下がる可能性もあるため、転職を考えるときには十分な検討が必要です。

基本的に、妻子がいる人でも扱いが変わることはありません。朝早くから店の準備や調理のための下処理をし、店が閉まった後でも次の日のために食器の片付けや店内の掃除をします。そのため、体力的にもかなりハードな仕事であることを念頭に入れておきましょう。

女性の場合の収入は?

料理屋によっては女性の板前が働いているところもあります。女性の板前についても給料に関しては男性と変わりません。ただし、一人前の板前として働くためには何年もの修行期間や下積みの期間を必要とします。そのため、長い年月がかかっても多くの人に認められた板前となるような覚悟を持つことが大切でしょう。

給料は低くても生活には困らない

新人の板前の給料は低めですが、生活に困ることは無いといえます。就職先によっては、最初の数年間は仕事を覚えるために住み込みで働くところもあります。食事についても先輩の板前による「まかない料理」が出されるため、食事代を払うことはありません。

住み込みの新人の板前の場合には給料が10万円を下回ることもありますが、住居代や食事代がかからないため、生活についてはそれほど心配する必要はないでしょう。

住み込みではない場合の給料は?

住み込みではない板前については、初任給が15〜18万円になることもあります。家賃は支払わなければなりませんが、食事代については、休日以外は「まかない」が出されるためそれほど出費はありません。

板前の平均給与の統計

板前の平均給料は20〜30万円

板前の給料に関する国や独立行政法人による詳細なデータはありません。厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータによると、調理師の平均給料は25.3万円、調理師見習いの平均給料は20.0万円となっています。料理店によっても異なりますが、板前についても調理師と似たような給料であると言われています。

板前の給料は任されるポジションによって大きく異なります。修行期間を終えた板前は、盛り付けを行う「先付けや八寸場」の作業を任されたり、天ぷらなどの揚げ物や魚などの焼き物を扱う「焼き場や揚げ場」を任されたりします。

与えられたポジションで結果を出せば、味付けや板場などの重要なポジションを任されるようになります。

店にもよりますが、重要なポジションで働くためには、数年から数十年の期間を必要とします。それまでの間は給料も低めですが、コツコツと働いて技術を習得するなら収入が上がる可能性があります。

どれほど繁盛しているかで収入も変わる

板前にも色々なタイプがあります。おもな板前として寿司屋や旅館、料亭や割烹料理屋などがあげられますが、給料については、それほど差はありません。

板前の給料については、料理屋によって差があるというよりかは、どれほど料理屋が繁盛しているかによって給料が変わります。

寿司屋でも料亭でも客単価はそれほど変わらないため、板前として就職するときには、どの料理屋なら稼ぐことができるかよりも、どの料理屋が自分のやりたいことに合っているかで選ぶようにしましょう。

年間の平均賞与は70〜100万円

板前の賞与に関する国や独立行政法人などによるデータはありません。一般的には板前の賞与は、70〜100万円といわれています。

板前の賞与については、サラリーマンと比較してもそれほど多くは無いと言えます。

福利厚生がないところも多い

板前の福利厚生については、働く料理屋によっても異なります。有名な旅館や日本料理店などでは、雇用保険や厚生年金などの福利厚生が導入されているところもあります。しかし多くの料理屋は個人で経営しているため、導入されていないでしょう。

ただし料理屋によっては寮などによる住宅補助やまかないなどによる食事補助を取り入れているところがあります。就職活動をするときには、どの程度の収入が得られるかよりも、どのような補助があるかをチェックしておけば安定した収入を得ることができます。

板前の年収統計

板前の年収は300〜400万円

板前の年収に関する国や独立行政法人によるデータはありません。一般的には板前の年収は300〜400万円と言われています。

お店にもよりますが、板前については任されるポジションや勤続年数によっても大きく異なります。

花板になれば1,000万円超えも

板前の中には、スキルアップをして高収入を稼ぐ人もいます。板前の中でも花板と呼ばれる板前の最高責任者になれば、年収が1,000万円を超えることもあります。花板の次に高い役職の次板や三番板前についても、料理屋によっては400万円を超える年収を得ることもできます。

ただし役職を持たない板前については、それほど多くの年収を得ることは難しいようです。

転職する場合には?

板前の中には別の料理屋へ転職してスキルアップを目指す人もいます。料理屋によっては経験者の板前を募集しているところもあり、花板や次板として就職した場合には大幅な給料アップも期待できます。

ただし花板の仕事は料理を作るだけでなく、黒字経営をするためのマネジメント力も必要ですし、多くの板前を束ねるためのリーダーシップも求められます。

そのため、スキルアップとして転職する場合には、大きな責任を任されても大丈夫な技術や経験が必要とされます。

海外へ転職する人も

板前の中には海外にある日本料理店へ転職する人もいます。中東などでは日本料理ブームの影響などもあり、次々と新しい日本料理屋がオープンしています。

オイルマネーなどによって経済的にも安定しているため、高収入で板前のヘッドハンティングをしている企業もあります。海外で活躍するためには英会話などの能力も求められますが、国によっては1,000万円を超える高収入を得ることは可能です。

板前の給料・年収まとめ

板前の給料は低め。ただし料理屋によっては食事や住宅の補助制度があるところも

板前の給料は、新人の板前の給料を含めれば15〜30万円です。板前の給料はサラリーマンの給料と比較するとやや低めの給料ですが、まかないや住み込みなどの料理屋独特の制度もあるため、収入から支出を差し引いた金額についてはそれほど少なくはありません。

花板と呼ばれる板前の最高責任者になれば1,000万円を超える高収入を得ることも可能です。ただし花板になるためには、たくさんの経験や知識や技術を必要とします。スキルアップを目指すには、与えられた仕事をコツコツと行い、お客さんや先輩の板前に認めてもらうことが大切です。

板前はたくさんのお金を稼ぐことよりも、料理を通して多くのお客さんに喜んでもらうというやりがいを持つならば長く働くことができる仕事です。

板前の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

板前の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB