居酒屋店長の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

居酒屋店長の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

居酒屋店長を目指す上で必須となる資格はありません。独立する際や店舗を運営する企業によっては、店舗責任者として食品衛生管理責任者や防火管理者の資格が必要となるケースがあります。本記事では、居酒屋店長に役立つ可能性が高い資格などについてご紹介します。

居酒屋店長の資格とは?

居酒屋店長に求められる資格はどのようなものが必要か、まずは紹介していきましょう。

基本的には居酒屋店長に必須となる資格はない

居酒屋店長は資格が特に必要のない職業です。社員になることで店長に昇進するケースもあれば、アルバイトスタッフとして手腕が認められ店長に昇進するケースもあります。

今までの経歴や、お店での実績などによって店長になることができる職業なので、居酒屋店長に少しでも早くなりたいという方は、資格を取得するよりも求められるスキルを身につけ1日でも早く店長に昇進しましょう。

外国語に関する資格や能力は人の多い繁華街などにある店舗で求められる

海外観光客が多くなり、日本語でコミュニケーションをとることが難しいというケースも増えています。このような状況を回避するために、外国語を用いた会話が必要になることもあります。

英語をはじめとする外国語を話すことができれば、接客のバリエーションも増えるので余力があれば英語や中国語といった言葉を覚えるようにしましょう。

独立を考えているのであれば取得すべき資格

チェーン店の居酒屋であれば、お店に必要な「食品衛生管理者」や「防火責任者」の資格を他のスタッフが取得しているので改めて取得しなくても良いというケースがありますが、将来的に独立を考えているのであれば、以下の資格を取得しておくと独立した時に役立てられるでしょう。

居酒屋店長に役立つ可能性が高い資格

居酒屋店長は資格や試験がないので、やる気と求められるスキルさえ兼ね備えていれば店長として活躍することは難しいことではありません。

しかし居酒屋店長として更なるステップアップを考えているのであれば、取得しておくと良い資格があります。どのような資格がキャリアステップにつながるのか簡単に紹介していきましょう。

業務上、必要となる資格、スキル

食品衛生管理責任者

飲食店では必ず食品衛生管理者の資格が必要になります。この資格は各都道府県の講習を受けることで取得することが可能です。

受講料が高いので取得する希望があれば、会社から予算が出るようなところに就職し、資格取得後にある程度経験を積んでから独立するようにしましょう。

防火管理者

30名以上収容できるお店では、防火管理者の資格が必要になります。この資格を取得していれば、独立した際に30名以上収容できるお店を開業することができるので、余力があれば取得するようにしましょう。

この資格も講習を受けるだけで資格を取得することができるので、資格に必要な試験を受ける必要はありません。

スキルアップにつながる資格、スキル

居酒屋店長としてさらに向上心のある人、売り上げに少しでも役立てる資格を取得したいという方は次のような資格やスキルを取得するようにしましょう。

簿記

簿記の資格を取得していると、お店の経営状態がどのようになっているかをお金の流れで判断することができます。

その日の売り上げだけではなく、お店がどのような推移で成長しているかを把握することができるので、店舗運営で役立てたいと考えている方は簿記の資格を取得するようにしましょう。

マーケティング

最近では居酒屋に来店するお客さんは日本人だけでなく海外観光客も多く足を運びます。どのようなお客さんが来店しているのか把握するだけでなく、海外観光客がどのようなことを求めているのかを理解するためにも、マーケティング能力は必要です。

新商品の開発だけでなく、お店の経営に役立てたいと考えているのであれば、マーケティング能力を身につけるようにしましょう。

居酒屋店長に役立つスキル・資格を学べる学校

居酒屋店長には資格が存在していないので、資格や試験に必要な知識を学ぶための学校はありません。

その代わりに居酒屋店長としてのスキルを磨ける学校はいくつかあるので、これから就職を検討している方の中で、スキルを磨きたい方は次のような学校を検討しましょう。

ホテルマン養成学校

居酒屋店長は高いクオリティの接客サービスを提供しなければならないこともあります。接客スキルを身につけるためにホテルマンの養成学校に通いスキルを身につけても良いでしょう。

元ホテルマンが居酒屋店長として活躍しているケースも少ないので、接客スキルを少しでもアップさせたい方は、養成学校に通うようにしましょう。

調理師学校

将来的にチェーン店の居酒屋ではなく個人で経営する居酒屋を持ちたいと考えている方は、調理師学校に通い調理師免許を取得しても良いでしょう。

調理師免許の資格を持っていると、食品管理責任者の資格を簡単に取得することができるので、調理師を雇わなくても一人でお店を開業するために必要な資格を取得することができます。

個人の居酒屋店では、接客スキルはもちろんのこと料理のクオリティが求められるので提供する料理のスキルアップをするためにも調理師学校で基礎を学び必要なスキルを身につけましょう。

居酒屋店長の資格・試験まとめ

居酒屋店長にとって最も必要な資格は食品衛生管理責任者

居酒屋店長は、資格を取得していなくてもお店にとってふさわしい能力を兼ね備えていれば店長として活躍することが可能です。

店長として活躍したいと考えていう方は、居酒屋店長として最も求められることはやる気なので、「このお店を地域で一番の人気店にしたい」「スタッフが働きやすい環境を提供したい」といった高いマインドを持って仕事に取り組むようにしましょう。

また、食品衛生管理責任者の資格は就転職の際に有利となる可能性があり、独立する際には必ず役立つため優先的に取得すべきでしょう。

居酒屋店長への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

居酒屋店長の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

居酒屋店長の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB