ラーメン店店長の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

ラーメン店店長の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

完全な実力主義であるからこそ、ラーメン店店長の平均の給料や年収はいくらぐらいになるのでしょうか。雇われの場合のラーメン店店長と開業した場合でも大きく異なってきます。本記事では、ラーメン店店長の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

ラーメン店店長の初任給

まずはじめにラーメン店店長の初任給について紹介していきます。

未経験でいきなり店を任せられるわけではありませんので、まずは「ラーメン店店長候補」としての初任給と、転職して「店長」になった場合の初任給をお伝えしましょう。

ラーメン店店長候補の初任給は23万円前後

ラーメン店のチェーン店に入ったときからラーメン店店長になるわけではなく、まずは「店長候補」として配属されることがほとんどです。

その場合の初任給は、未経験でも23万円前後で多いところでは26万円スタートというところも存在しています。

初任給でも他の業界と比べて多く設定されていますが、その分ハードワークになりますのでラーメンが本当に好き、将来は独立開業したいと夢を持っている人でないと続けるのは厳しそうです。

また、店長候補のため将来はその企業の「店長」として活躍することを期待されるので、アルバイトやお金の管理などの仕事を覚えていったり、ラーメン作りのスキルがあがっていくと給料も自然と増えてくるでしょう。

転職から店長になった場合は初任給は30万円前後からが多い

ラーメン店店長を経験、または別の飲食店の店長として働いていた場合は入社してすぐに店を任される可能性も十分にあります。

その場合の初任給は30万円前後からスタートするところが多いようです。もちろん、面接時の交渉によっては前職の給与と同水準を保証されることもあるかもしれませんが、ラーメンの業界は実力世界となるので難しいと考えた方がいいでしょう。

逆を言えば、入社すぐに結果を出すことができれば給与アップしてすぐに前の職場を追い抜いてしまう可能性も十分にあるのです。

ラーメン店店長とは、基本的に店を任されている経営者となりますので、結果が出れば認められる世界であることを覚えておきましょう。

個人経営・FCなら初任給16万円前後というところも

個人経営をしていてその味が好きで修行という形で働く人、フランチャイズオーナーが複数店舗を持ち、そこの店長候補として働くことも可能です。

この場合の給与は先ほど説明した金額よりも落ちてしまい、初任給は16万円前後というところもありますし、個人経営の社員ならさらに下がる可能性もあります。

特に個人経営の場合は売上・利益ともに限度がありますので昇給することはほぼないでしょうし、店舗の経営状況によっては減給することもあるかもしれません。

あくまでも一定の給料を保証してもらいながらラーメン店店長になりたいのであれば企業に勤めているのが一番でしょう。

個人のラーメン屋に働きに行く場合は、給与が安くてもいいからその味を受け継いで暖簾分けをしてほしい人や、その味に手を加え新しいラーメンを開発していき、独立開業したい人向けになるでしょう。

給与アップはオーナーの裁量次第

企業が経営をしているラーメン店店長であれば、売上を上げていれば毎年安定して昇給する可能性が十分ありますが、フランチャイズ店のオーナーが複数経営している場合は必ず給与アップするとは限りません。

フランチャイズのラーメン店店長の場合はオーナーの裁量次第となりますので、「売上がアップしたので給与を上げよう」という人であればいいですが、基本的には決められた給与から上がることはほとんどないでしょう。

ただし、ボーナスなどで色がついたりする可能性は十分にあります。また、フランチャイズのラーメン店店長の中には最低限の給与だけが保証されて、後は売り上げによる歩合制と条件もあります。

そのため、どんどんラーメンを売って利益が出ればその分を給与として還元してくれるところもありますので、稼ぎたい人は歩合制で働くのもありかもしれません。

ラーメン店店長の平均給与

ラーメン店店長の初任給については理解できたでしょうか。規模によって最初に貰える給与も変わってきます。

また未経験は「ラーメン店店長候補」から始まり、スキルをつけていきながら店長への階段を登っていきます。

次は、ラーメン店店長の平均給与を年齢別に紹介していきましょう。

ラーメン店店長の給与は約30万円前後が平均的

ラーメン店店長の平均給与は企業規模によって変わってきますが、神座や一風堂といった名前が通っている有名店であれば平均して35万円は貰えるところが多いようですし、場合によってはそれ以上貰える可能性も十分にあります。

また中小企業でも店長は店を任されている立場となりますので30万円前後が平均となっています。

フランチャイズの店長はオーナーとの契約状況によって変わってきますが、繁盛している店であれば中小企業と同じ30万円前後が平均です。

ただし、契約の中には最低賃金+歩合制というやり方をとっているところもありますので、場合によっては有名チェーン店を超える可能性も十分にあります。

ラーメン店店長の年齢別の平均給与

年齢別の平均給与に関しては国税庁の年齢別階層年収を参考にして算出してみました。

年代 平均的な月額支給額
20代 20万円~25万円
30代 25万円~27万円
40代前半 30万円~32万円
40代後半 33万円~37万円

20代~30代の人はラーメン店店長ではなく「店長候補」となりますので給料は少なめとなりますが、経験を積み40代前半ごろから店を任されるようになれば、30~32万円前後は貰えると考えられます。

ただ、ラーメン業界は実力の世界となりますので、20代~30代でもスキルを上げていきスピード出世をしてラーメン店店長となれば、若くして40代前半~後半の給与を貰うことが可能です。

ラーメン店店長の平均年収

最後にラーメン店店長の年収統計と年齢別にあった理想の年収について紹介していきましょう。

ラーメン店店長の平均年収は約500万円前後

雇われているラーメン店店長の平均年収は500万円前後となり、一般的なサラリーマンの平均年収を上回っています。

内訳としては、月給は30万円前後を貰い、1年に2回のボーナスを含めてこの金額になると考えられます。

企業・オーナーから店を任されているだけあり、ラーメン店店長はハードワークで他の飲食店と比べても勤務時間が長いため、平均年収の500万円前後が高いと思うか低いと感じるかは人それぞれでしょう。

ただし、店を任せてもらえるやりがいはたくさんあり、将来独立開業を目指すのであれば耐えられるかもしれません。

また、東京などの都心部であれば年収700万円で店長職を雇っているところもありますので、地域によっても左右されると考えられます。

開業して繁盛すれば年収1000万円以上も簡単に超えられる

ラーメン店店長の年収は500万円前後という説明をしましたが、これは雇われている場合の話です。

フランチャイズに加盟したり、開業をしてラーメン店店長になった場合「このお店が美味しい」と評判になれば年収は1000万円以上行く可能性も十分にあります。

ただし、あまりに忙しくてラーメン店店長だけでは手が回らない場合はアルバイトや社員を雇ったりする必要があるので、儲かっている、お客様がたくさん来ているからといって絶対に年収1000万円以上行くとは限りません。

開業したらどれだけ稼ぎたいのか、そのためには「アルバイトは多くても2人まで」など販管費をはじめとしたお金の管理も必要になってきます。

税金関係がわからない場合は税理士に仕事を依頼する可能性もありますし、お金の流れがわからない場合は信頼できる人に経理を任せることになるので、独立開業したラーメン店店長の平均年収は700万円前後と考えられるでしょう。

ラーメン店店長の給与・年収まとめ

ハードワークだが平均年収は高め、開業すれば年収700万円以上も可能

ラーメン店店長は店を任せられる立場になりますので、ただラーメンを提供するだけでなくアルバイト・社員の育成から管理、売り上げ計算、店舗の管理などもあり、とてもハードワークです。

業務内容の範囲が広く大変な分、ラーメン店店長は一般的な日本人の平均年収よりも多く、やりがいもある職業と言えるでしょう。

また、ラーメン店で修行を行い、自分で独立開業をした場合は年収1000万円以上を目指すことも可能です。

ただし、アルバイトを雇ったり、税金関係や税理士にお願いをしたりする場合は、その分が経費として売上から差し引きされますので、年収700~800万円前後です。

開業すれば、企業勤めよりも大変かもしれませんが、ダイレクトに収入が増えますので、やりがいはより一層増えるといえるでしょう。

ラーメン店店長の参考情報

平均年収500万円~800万円
必要資格
  • 食品衛生責任者
資格区分 公的資格
職種飲食

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ラーメン店店長の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB