居酒屋店長の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

居酒屋店長の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

実質的な店舗の責任者である居酒屋店長として働くと給与、年収はどの程度受け取ることができるのでしょうか。居酒屋店長は、飲食店業界の職業のため、給与水準は低いのが当たり前のようです。本記事では、居酒屋店長の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

居酒屋店長の初任給

お店によって異なりますが、店長としての初任給は18~20万円というケースもあります。もちろん、これは新卒で将来的に店長になる事を想定した給与なので、決して店長がこれくらいしかもらうことができないということではありません。

また、アルバイトから店長に昇進した場合でも、初任給は20〜25万円前後ということもあります。お店によって待遇は異なりますが、初めのうちは給与が安いと認識しておきましょう。

店長になるまでは給与が安い

店長候補の社員でも、店長になるまでの給与はアルバイト並みの給与の可能性が高いので、最初から給与面を期待するのではなく、入社直後は店長としてどのような業務を行うのか理解しながら仕事に取り組むようにしましょう。

店長になれば待遇も改善される可能性があるので、それまでの辛抱と捉えてください。

居酒屋店長の平均給与

居酒屋店長は、どの程度給与をもらうことができるのでしょうか。居酒屋店長の平均給与について紹介していきましょう。

平均給与

居酒屋店長の平均給与は20~40万円です。ただし、40万円もらうことができるお店は限られているため、多くの店長は25~30万円前後の給与だと認識しておきましょう。居酒屋は仕事内容が多く、大変な仕事である一方で給与が安いという現状があります。

そのため、店長に積極的になりたいという希望者がおらずお店側も困っているという現状があります。しかし、業界全体がよくないため給与を改善することができないという問題点もあります。

将来的に独立・開業して飲食店をしたいなどのビジョンと理由がなければ、他の職業を目指すべきでしょう。

正社員とアルバイト店長の違い

お店によっては正社員が店長をやるのではなく「雇われ店長」として仕事をしている方も少なくありません。非正規の店長と正社員ではどちらが優れているのでしょうか。

正社員の店長とアルバイト店長では福利厚生やボーナス支給など待遇が異なるので正社員が良いと思われますが、アルバイト店長で働けば独立をする際に気軽に職を辞めることができるので、自分にはどのようなスタイルが合っているかを考えながら働き方を考えましょう。

給与を上げるために行うこと

給与を上げるためには、お店の売り上げを上げる必要があります。いくら給与が安くてもお店の実績が高ければ報酬がアップする可能性もあります。給与を少しでも上げてもらいたいと感じたら、実績を作り評価される環境を作るようにしましょう。

居酒屋店長の平均年収

居酒屋店長はどの程度年収を受け取ることができるのか、年収の統計を紹介していきましょう。

年収統計

居酒屋店長の年収を平均すると300~400万円前後になります。この年収はチェーン店の居酒屋店長を想定した金額で、勤務する会社によっては年収がこれよりも高くなっているお店もあります。

しかし、サービス業の中で考えるとあまり収入が高い職業であるとは言えないので、給与面を重視して就職を検討しているのであれば待遇のよいお店を検討しましょう。

給与だけではなく仕事内容で判断しよう

給与面だけで勤務するお店を検討すると、ブラック企業のような激務の職場に当たってしまい精神面で大変な思いをしてしまうことも考えられます。

飲食店の店長として働く上で給与面を気にかけることも大切ですが、待遇面や仕事内容で極力判断するように心がけましょう。

年収を高くするためには

店長として年収を少しでも高くするためには、どのようなことを行う必要があるのでしょうか。年収を高くするために必要なことを簡単に紹介していきましょう。

独立する

チェーン店の店長として活躍をしても必ず給与が高くなるということはありません。業績によっては給与が上がっても数万円前後しか高くならないということもあります。

チェーン店は、福利厚生面や集客面では安定しているので運営上気にかけることはないものの、給与が上がらずに仕事をしなければならないことが考えられるので独立を視野にいれる必要があるでしょう。

幹部社員を目指す

チェーン店で給与を高くしたいのであれば、幹部社員を目指すことで給与を高くすることができます。

幹部社員になれば、店長としての業務を行うことはありませんが、エリアマネージャーとして担当するお店の利益を上げるためのサポート業務を行うようになります。

その実績次第では、報酬も高くなるので店長から幹部社員を目指すために現場で実績を積み上げるようにしましょう。

1,000万円以上は可能

居酒屋店長として1,000万円以上稼ぐことは可能なのでしょうか。チェーン店で1,000万円以上年収をもらえる店長になることはとても難しいことですが、居酒屋店長としてノウハウを身につけ、自分でお店を作れば年収1,000万円以上も難しいことではありません。

もちろん、独立すれば必ず年収1,000万円もらえることができるわけではありません。開業当初は業績がよくても年数が経過することに業績が悪化していくことも考えられます。

独立をする際は、どのようなお店を開業したいのか。本当に生き残ることができるかを慎重に検討した上で行動する必要があります。もちろん、失敗する可能性のほうが高いため、雇われているほうが安定はするでしょう。

居酒屋店長の給与・年収まとめ

給与をあげたい場合は仕事内容を考えるべき

居酒屋店長は、その業務内容の割に給与、年収が決して高い職業ではありません。しかし、接客業が好きな人や居酒屋店で働きたいという強い憧れを持っている人であれば、与えられた業務にやりがいを持って取り組むことができるでしょう。

これから居酒屋店長を目指そうと検討している方は、就職したいお店の給与や福利厚生などをよく検討した上で店長職として就職すべきかどうかを検討するようにしましょう。

居酒屋店長への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

居酒屋店長の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

居酒屋店長の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB