一般計量士になるには何が必要?向いている人の性格や持っていると役立つ資格

一般計量士になるには何が必要?向いている人の性格や持っていると役立つ資格

計量機器を適切に扱うために管理をする一般計量士になるには、どんなスキルや資格が必要なのでしょうか?今回の記事では一般計量士になるために必要な要素や能力、一般計量士になるための学校についてまとめました。

一般計量士になるには何が必要?

一般計量士として求められるのは正確性のある細やかな対応能力

一般計量士になるためにはさまざまな要素が求められますが、仕事に対する正確性と責任感、そして国家資格の一般計量士の取得です。

正確性と責任感が必要な理由としては、計量士が扱うものには百貨店や生産工場、スーパーマーケットで使用される質量計や体積計、温度計や長さ計などがあります。そうした計量器の精度管理や計量管理を行いますが、適当に仕事をしていますとお客さんや店舗など、さまざまな人に影響を与えてしまいます。

そのため一般計量士になるには、与えられた仕事を忠実に果たすという責任感と計量機器などに対しての正確な仕事を行える能力が必要です。

向上心があれば高いモチベーションで仕事ができる

一般計量士になるには向上心を持つことも大切です。勤務先にもよりますが一般計量士が扱う計量器の範囲はかなり広く、それぞれの計量器の使用方法などを理解していなければなりません。

計量器によっては最新型のものが使われることもあり、仕様が変更されれば仕様方法を学ぶ必要もあります。そのため、一般計量士には常に新しい情報を吸収することのできる向上心が必要です。

正確な知識があれば一般計量士としての仕事をこなせる

一般計量士に必要な要素として正確な知識もあげられます。一般計量士が管理をする計量器には水道メーターやガスメーターなどがあります。

計量法施行令では水道メーターの有効期限は8年、一般のガスメーターの有効期限は10年となっています。有効期限の過ぎたものについては、長期間使用したメーターは正確さに異変が生じる可能性があること、使用者の生活が急激に変化をするとメーターの能力を超える使用によって、メーターの性能が劣化する恐れがあるという理由から、交換しなければなりません。

一般計量士は測定器などの検定だけではなく、計量証明書の発行なども行なっています。そのため、全ての計量器を適切に扱うことのできる正確な知識が必要です。

体力があることやフットワークが軽いことも重要な要素の一つ

一般計量士は体力やフットワークの軽さも重要です。適正計量管理事務所で働く場合には、取り扱う計量器の数も多くなります。そのためどの現場でもすぐに向かうことのできる体力が求められます。

さらに一般計量士は大型の分銅などを扱うこともあります。場合によってはクレーンで持ち上げないといけないこともあるため、現場によってはかなりの体力を使うこともあります。

一般計量士に向いている人、適性がある人

地味にコツコツと仕事ができる人が向いている

一般計量士になるにはさまざまなスキルも必要ですが、特に重要なこととして、地味な仕事でも黙々と頑張ることができるスキルがあげられます。一般計量士はたくさんの計量器の管理を行いますが、作業はかなり地味なものです。

一般計量士は、毎日の与えられた仕事をコツコツと行うことのできる性格が向いています。

几帳面な人は一般計量士に向いている

一般計量士の求められるスキルに几帳面さがあります。一般計量士に求められていることは正確さです。

働く場所にもよりますが、ラベルに記載されている量が実際と比較して正しいかどうかを検査する仕事もあります。作業内容はかなり細かいものですが、そうした作業も苦にならずに行える人は一般計量士に向いているといえます。

コミュニケーション能力があればどんな現場でも仕事ができる

一般計量士になるために必要な適正としてコミュニケーション能力があげられます。

一般計量士が作業する現場には、医薬品製造業、デパートやスーパーマーケットなどの流通業、肉製品や乳製品を取り扱う食料品製造業、電気製品製造業などがあります。一般計量士は、そうした現場で適正な計量器の選定や定期検査、計量方法の改善や使用方法の指導を行います。

そのため、現場で働く技術者や作業員とも普段からの良いコミュニケーションを取っている必要があります。場合によっては強い指導を行わなければいけない時もありますが、普段から意思の疎通ができていれば適切に対処できるでしょう。

勉強好きも大切なスキルの一つ

一般計量士に求められるスキルの中に、勉強好きであることがあげられます。一般計量士になるには計量士試験の合格が必須です。ただし、試験内容はかなり難しく合格率も15%程度です。そのため、たとえ試験に落ちたとしても諦めないで勉強を続けることができる人は、一般計量士に向いているといえるでしょう。

一般計量士なるためには試験の合格の他に、1年間の実務経験も必要です。そのため、登録するまでの期間についても仕事を通して一般計量士に大切な知識や技術を習得したいという心構えが重要です。

一般計量士になるための学校・教室

独学での資格取得も可能だが、学校で学べば切磋琢磨できることも

一般計量士になるためには計量法で定められている計量士の国家資格を取得することが必要です。計量士の試験については、受験資格として学歴や年齢制限もないため独学で取得を目指すことも可能です。

ただし、大学や専門学校で同じ一般計量士を目指す学生たちと一緒に学ぶならば、合格に向かって切磋琢磨できますし、資格の取得が難しいと感じた時でも励まし合うことができるでしょう。

大学からの一般計量士を目指すときには学科のチェックを

一般計量士は、工業で使われている計量機器の検査や点検などを行うために必要な資格です。工業系の大学や専門学校へ進学をすれば一般計量士として必要な工業の基礎を学ぶことができます。

大学や専門学校によっては資格の取得だけではなく、就職のサポートを行なっているところもあります。さらには、合宿のセミナーや外部講師を招いて、より実践的な指導を受けるためのカリキュラムを採用しているところもあります。

学校によってサポート内容や校風はかなり異なりますので、自分の目指す方向を考慮しつつ、自分に合った学校を選ぶようにしましょう。

以下のような学科名の場合には、一般計量士を目指す人のためのカリキュラムが用意されていることがあるのでチェックしておきましょう。

  • 機械工学科
  • 電気電子通信工学科
  • 応用化学科
  • ロボティクス学科
  • 情報メディア工学科

計量研修センターで資格取得を目指すこともできる

一般計量士を目指す別の方法としては、国立研究開発法人産業技術総合研究所の計量研修センターで学ぶことがあげられます。産業技術総合研究所は、計測や計量標準分野での人材育成を目指すために設置されました。

一般計量士を目指す人や計量業務に携わっている人を対象に、一般計量教習を開催しています。入所試験に合格すれば、3カ月の教習と合計8日間の特別講習ののちに計量士の国家資格を取得することが可能です。

計量研修センターでの取得では5年間の実務が必要

計量研修センターでの計量士の取得を目指す場合には、試験の合格は必要なくなりますが、代わりに5年間の実務経験が必要です。

実務経験については適正計量管理事務所として認定されている場所での実務経験に限られています。先に一般計量士として就職してから資格の取得を目指す場合にはおすすめの方法です。

一般計量士になるには?まとめ

責任感や向上心は重要。資格を取得することも大切な仕事

責任感を持つことと向上心を持つこと。一般計量士になるには、どんな作業でもコツコツと仕事ができる几帳面さも必要です。さらにコミュニケーション能力があれば仕事を長く続けられるでしょう。

一般計量士になるためには資格が必要です。独学で受験できますが、大学や専門学校で学べば、同じ一般計量士を目指す人と励ましあいながら目標の達成を目指すことができるでしょう。

一般計量士への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

一般計量士の参考情報

平均年収300万円〜500万円
必要資格
  • 一般計量士
資格区分 国家資格
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

一般計量士の関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB