インテリアプランナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

インテリアプランナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

インテリアプランナーの給料や年収は一体いくら位なのでしょうか。技術の世界だからこそ、学歴も大事ですが経験や実績が大きく年収に関わるケースが多いです。本記事では、インテリアプランナーの初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

インテリアプランナーの初任給

それではさっそくインテリアプランナーの初任給について紹介していきましょう。

インテリアプランナーの初給料は約20万円

インテリアプランナーはハウスメーカー・建築会社・設計やデザインの事務所など様々な場所で勤務しているため、会社の規模などによって平均年収が異なってきます。

専門学校を出て、インテリアコーディネーターやインテリアデザイナーとして正規雇用で就職した際の初任給は約20万円前後、ボーナスを含めて初年度の年収は300万円前後といわれており、最初に貰える給料としては平均といえるでしょう。

転職する際は実務と会社の規模で決まる

インテリアプランナーの経験を積んで、さらにレベルの高い場所で経験を積むために転職をする人も多いようです。転職をした場合は、今までの実績や持っている資格・採用予定の役職によって決まるのが一般的です。

例えば、10年の実績を持ち、インテリアプランナーの資格の他にも様々な資格を持っており、転職後すぐにリーダーといった管理する側に採用される場合は30万円前後の給料でスタートするケースが多いといわれています。

実績はあるがインテリアプランナーの資格がない場合は、前職の給料水準を保証してくれるかどうかは勤務先によって異なります。このようなことから、安定した収入を得るためにできる限りインテリアプランナーの資格以外の資格も取得しておくことをおすすめします。

フリーランスとして開業することも可能

インテリアプランナーはフリーランスとして開業することもできますので会社勤めよりも収入が大幅に上がる可能性は十分になります。

開業した後の初任給に関しては、取引先との繋がりや実績によって変わってきますが、一般的に工事費の5%~10%の設計料として報酬を得ることが可能です。そのため、規模な仕事に係わることができれば一つの仕事で100万円前後は達成できるでしょう。

インテリアプランナーの平均給与

それでは次にインテリアプランナーの平均給与の統計について紹介していきます。

インテリアプランナーの平均給与は25万円前後

インテリアプランナーに限った大がかりな給与調査が行われていないので、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」をもとに試算したところ、企業で勤めているインテリアプランナーの平均給与は約25万円前後となっています。

ただし、就職する会社や事務所の規模によって25万円より下回る場合もありますし、逆に多く貰える可能性もあります。またインテリアプランナーは資格があるので、企業によっては手当が入ったり、残業代などが入ったりした場合はもう少し増えるかもしれません。

インテリアプランナーはオフィスワークだけでなく、自分の持っているプロジェクトの現場にいったり、お客様と打ち合わせをしたり、1日中動きっぱなしの時もあります。

さらに、工事でトラブルがあった場合は真っ先にお客様のところに行き、事情を伝えたりスケジュールの調整をしたりと肉体的・精神的にもハードで、仕事内容と比べるとインテリアプランナーの給料は少し低めかもしれません。

ただ、お客様に提案をした空間が実現し喜んでもらえたりするのでやりがいも大きい仕事です。経験を積み、フリーランスになり、大きな仕事を携わることができれば、たくさんの報酬を得ることも可能ですので、夢を持って働くことが大切になりそうです。

休日出勤などもあるので、手当がある求人を探す

インテリアプランナーは、お客様と打ち合わせを行う必要があるので「お客様の都合」に合わせて動かないといけません。そのため、自分の休日に打ち合わせをお願いされた時は場合によって応じなければなりません。

就職や転職をする時には求人票の一覧で休日手当があるのか、深夜まで働いた場合は残業代や深夜手当があるのかなどしっかりとチェックした方がいいでしょう。

インテリアプランナーの年収統計

インテリアプランナーの平均年収は約380万円前後

先ほどの「賃金構造基本統計調査」をもとに試算したところ、企業で勤めているインテリアプランナーの平均年収は約380万円前後となっています。そのため、月に貰える給与は25万円、夏と冬のボーナスで約80万円前後と考えられます。

尚、年齢別の統計を確認しますと、以下のようになります。

年齢 平均的な年収額
20代前半 290.9万円
20代後半 347.8万円
30代後半 444.7万円
40代 472.7万円
50代 610.4万円

若いうちはデザイナーとしての経験・実績も少ない為年収は400万円行かないことが多く、30代後半からスキルの取得・責任のある役職など自分の付加価値をつけることによって年収がぐっと上がってきて、50代になりますと年収のピークに達します。

しっかりと経験と実績を積み、自分のスキルを身に着けることで確実に年収を上げることが可能です。

インテリアプランナーの年収は企業規模で変わる

インテリアプランナーの年収は勤めている企業規模によっても変わってきます。

企業規模 平均的な年収額
社員数が100人未満 423.9万円
社員数1,000人未満 407.4万円
社員数1,000人以上 510.2万円

社員数1,000人未満が100人未満の平均年収を下回っている理由としては20代男性の給与が低いた、平均年収を引き下げる要因の一部になっていると考えられます。1,000人以上になればスキルや実績をつけていくことで、責任ある仕事を任せられて平均年収があがる傾向にあるようです。

年収を上げるにはスキルを磨き実績を積む

インテリアプランナーは難しい資格ではありますが、20代~30代前半まではそれに見合った年収とはいえません。

しかしスキルを身に着けていき、実績を積み、様々なところから信頼を得ることができれば、責任ある役職についたり、大きなプロジェクトを任されるようになったりして、その分給与を上げることができるのでコツコツ技術を磨いていくのがいいでしょう。

フリーランスになれば年収1,000万も可能

インテリアプランナーは会社を辞めて独立することもできる仕事となっています。フリーランスになれば、会社勤めのように毎月絶対にお給与が出るわけではありませんので、仕事がなければ「0円」になってしまったり、場合によっては赤字になったりする可能性も十分にあり得ます。

しかし、フリーランスになれば売り上げに応じて自分の報酬となりますので、大きい規模のプロジェクトに関われるようになったり、たくさんの仕事を請け負うことができるようになったりすれば年収1,000万以上を手にすることもできる仕事です。

インテリアプランナーの給与・年収まとめ

若い時は給料は低いが技術と実績をつければ年収アップができる仕事

インテリアプランナーは20代だと年収レベルは低めではあります。各種手当や残業代が出る就業先かどうかで給与には多少差が生まれやすいでしょう。

インテリアプランナーは技術の世界だからこそ、実績やスキルを積んでいくことで給料アップも見込めます。独立やフリーランスで年収を上げていくことや、より大きな成功をつかむチャンスがあるかもしれません。

インテリアプランナーは決して楽な仕事ではありませんが、インテリアが好き、接客が好きという思いを持ち続け努力をすれば自分の夢に近づけるかもしれない仕事といえるでしょう。より活躍したいと考える方は独立を視野に、インテリアプランナーの道に入っていくと良いのではないでしょうか。

インテリアプランナーへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

インテリアプランナーの参考情報

平均年収300万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

インテリアプランナーの関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB