建設機械施工技士の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

建設機械施工技士の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

建設現場や土木現場でリーダーシップを発揮して、指揮監督を行うのが建設機械施工技士の役割です。その建設機械施工技士として仕事を行うためには資格を取得する必要があります。今回は資格取得を目指す上で必要となる情報を中心に、難易度や合格率なども交えながらご紹介していきます。

建設機械施工技士の資格とは?

それでは、建設機械施工技士の資格とは何かという部分から解説を行っていきます。

建設会社をはじめとして、建設業界に携わりたいと考える場合は建設機械施工技士の資格取得を目指すことがポイントです。資格を取得するとどういったことができるのかなども踏まえつつ、理解を深めていきましょう。

建設機械施工技術者のための国家資格

建設機械施工技士の資格とは、施工技術者のための施工管理技士国家資格のうちの1つで、国土交通省管轄となっています。

建設関連の工事にはさまざまな種類があり、土木工事や舗装工事、とびや土工工事といったものが含まれます。そうした建設関連の事業に従事する施工技術者のための資格として建設機械施工技士が誕生しました。

建設現場などでは、ブルドーザーや油圧ショベル、ロードローラーといった大型重機を目にする機会も多いですが、そうした重機を動かすのとは別に建設機械施工技士を取得することに価値があります。建設機械施工技士資格を持っていると、現場全体の管理や統括を行うことが可能となり、単なる技術者や作業員以上の役割を全うできるからです。

その分、責任も重くなりますが、出世を目指したい方には最適な資格です。給料のアップにも期待することが可能であり、建設会社などに入社した場合は取得を目指したい資格の1つです。

施工工事の責任者を目指せる

建設機械施工技士の資格を取得することで、施工工事現場の責任者を目指すことができます。

資格を取得すると、建設現場や土木現場など、建築機械を用いる現場での指導や監督を行うことができるようになります。主任技術者として施工管理を行うことが可能となり、施工に関する計画書の作成なども任されます。

簡単に言えば現場のリーダーであり、建設機械施工技士の指揮監督のもと、工事が進められていくことになります。それだけ重要な任務を任されるのが建設機械施工技士であり、重い責任を負うことになります。

その分、やりがいや充実感を得られることも多く、資格手当や報奨金などにも期待することができます。機械を操作して実際に工事を行う技術者も素晴らしい存在ですが、そうした技術者や作業員たちを指導、管理できるのが建設機械施工技士の特徴です。

建設機械施工技士の種類

建設機械施工技士の資格の種類としては、1級と2級の2種類を挙げることができます。建設関連のその他の施工管理技士と同様の種類であり、取得した階級に応じて与えられる役割やできる仕事内容も変わります。

2級に関してはさらに6種類に分けて試験が行われます。それぞれの種別に応じて扱える機械が分かれており、資格を取得した機械に関する現場の主任技術者として仕事を行うことができます。以下が2級を受験する際に分かれる6種類の種別です。

第1種 ブルドーザー(トラクター系建設機械操作施工法)
第2種 油圧ショベル(ショベル系建設機械操作施工法)
第3種 モータ・グレーダー(モータ・グレーダー操作施工法)
第4種 ロード・ローラー(締固め建設機械操作施工法)
第5種 アスファルト・フィニッシャ(舗装用建設機械操作施工法)
第6種 アースオーガー(基礎工事用建設機械操作施工法)

まずは、2級の取得を目指して自己研鑽を積むことが重要です。2級を取得できたら1級を目指すことになります。1級の場合は全ての建設機械に関する施工管理や指導を行うことが可能となり、機械ごとに試験が分かれているわけではありません。

その分、2級と比べて難易度も上がるので十分な対策を練った上で受験することが重要です。

建設機械施工技士2級の難易度や合格率

まずは、建設機械施工技士2級の難易度や合格率について確認していきます。1級もそうですが、2級も学科試験と実地試験の2段階に分かれています。そのため、まずは学科試験の合格を目指して必要な知識を習得することがポイントです。

学科試験の合格率は約60%程度となっています。合格率に関しては決して低い数字ではありませんが、不合格となる受験者が4割程度いると考えれば、簡単な試験だとは言えません。試験の合格ラインは学科試験が満点中の60%以上、実地試験は満点中の70%以上の得点率です。この合格ラインは受験者数などによって変わることはありません。

したがって、学科試験では過去問などを参考にしながら確実に60%以上の得点を目指せるように努力を重ねることがポイントです。基本的には仕事をしながら勉強することになるので、大変な部分もありますが、資格の取得に向けて自身を奮い立たせることが重要です。

実地試験に関しては、普段仕事で使っている重機の操作に問題がなければ高い確率で合格を掴み取ることができます。すでに操作経験がある方にとっては基本的なスキルを問われるだけであり、それほど難しいことはありません。

建設機械施工技士2級(学科試験)の概要

合格率

約60%程度

受験資格

次のうちのいずれかに該当すること

  • 大学の指定学科を卒業:
    受験しようとする種別に6ヵ月以上で、他の種別の経験を通算して1年以上の実務経験
  • 大学の指定学科以外を卒業:
    受験しようとする種別に9ヵ月以上で、他の種別の経験を通算して1年6ヵ月以上の実務経験
  • 短期大学や高等専門学校の指定学科を卒業または専門学校の指定学科を卒業し「専門士」を称する受験者:
    受験しようとする種別に1年6ヵ月以上の実務経験、または、受験しようとする種別の1年以上1年6ヵ月未満の実務経験で他の種別を通算して2年以上の実務経験があること
  • 短期大学や高等専門学校の指定学科以外を卒業または専門学校の指定学科以外を卒業し「専門士」を称する受験者:
    受験しようとする種別の2年以上の実務経験、または、受験しようとする種別の1年6ヵ月以上2年未満の実務経験で他の種別を通算して3年以上の実務経験があること
  • 高等学校や専門学校の指定学科を卒業:
    受験する種別の2年以上の実務経験、または、受験する種別の実務経験が1年6ヵ月以上2年未満で他の種別を通算して3年以上の実務経験があること
  • 高等学校や専門学校の指定学科以外を卒業:
    受験する種別の3年以上の実務経験、または、受験する種別の経験が2年3ヶ月以上3年未満で他の種別を通算して4年6ヵ月以上の実務経験があること
  • その他の場合:
    受験する種別に6年以上の実務経験があること、または、受験する種別の実務経験が4年以上6年未満で、他の種別の通算して8年以上の実務経験があること

受験費用

1万100円

出題範囲

学科試験:択一式

第1種~第6種から試験種別を選択。

  • 共通問題:土木工学、建設機械原動機、石油燃料、潤滑剤、法規
  • 第1種:トラクター系建設機械、トラクター系建設機械施工法
  • 第2種:ショベル系建設機械、ショベル系建設機械施工法
  • 第3種:モーター・グレーダー、モーター・グレーダー施工法
  • 第4種:締め固め建設機械、締め固め建設機械施工法
  • 第5種:舗装用建設機械、舗装用建設機械施工法
  • 第6種:基礎工事用建設機械、基礎工事用建設機械施工法

建設機械施工技士2級(実地試験)の概要

実地試験の情報に関しては以下の通りです。合格率も80%から90%程度と、学科試験に比べれば高くなります。すでに操作経験のある重機の実地試験であれば、難なく通過できると考えておいて問題ありません。

合格率

80%~90%程度

受験資格

次のうちのいずれかに該当すること

  • 当年度の2級建設機械施工技士技術検定・学科試験の受験者
  • 前年度2級学科試験に合格をして、実地試験に不合格または欠席した受験者
  • 平成6年度から平成15年度までの2級建設機械施工技術研修の修了試験合格者

受験費用

2万1,600円

出題範囲

実技試験

  • 第1種:トラクター系建設機械操作施工法
  • 第2種:ショベル系建設機械操作施工法
  • 第3種:モーター・グレーダー操作施工法
  • 第4種:締め固め建設機械操作施工法
  • 第5種:舗装用建設機械操作施工法
  • 第6種:基礎工事用建設機械操作施工法

建設機械施工技士1級の難易度や合格率

続いては、1級の難易度や合格率について確認していきます。1級も2級と同様に学科試験と実地試験の2段階構成となっており、それぞれに受験資格があります。2級に比べると学科試験の内容も難しくなり、合格率は30%から40%程度まで減少します。

最初から1級の資格取得を目指すこともできますが、まずは2級で腕試しをして、合格を掴み取ることができたら1級に挑戦するという流れがおすすめです。2級の場合と同様、基本的には仕事をしながら試験勉強をしなければならないので大変な部分もありますが、合格に向けて日々の努力を欠かさないことが重要です。

また、1級の学科試験の合格ラインは満点中の60%となっています。これは実地試験も同様で、満点中の60%をクリアで資格を取得することができます。

建設機械施工技士1級(学科試験)の概要

合格率

30%~40%程度

受験資格

次のうちのいずれかに該当すること

  • 大学の指定学科を卒業または専門学校の指定学科を卒業し「高度専門士」と称する受験者:
    3年以上の実務経験
  • 大学の指定学科以外を卒業または専門学校の指定学科以外を卒業し「高度専門士」と称する受験者:
    4年6ヵ月以上の実務経験
  • 短期大学や高等専門学校の指定学科を卒業または専門学校の指定学科を卒業し「専門士」を称する受験者:
    5年以上の実務経験
  • 短期大学や高等専門学校の指定学科以外を卒業または専門学校の指定学科以外を卒業し「専門士」を称する者:
    7年6ヵ月以上の実務経験
  • 高等学校や専門学校の指定学科を卒業:
    10年以上の実務経験
  • 高等学校や専門学校の指定学科以外を卒業:
    11年6ヵ月以上の実務経験
  • その他の場合:
    15年以上の実務経験

※その他、建設機械施工技士2級試験の合格者にも学歴に応じた受験条件あり

受験費用

1万100円

出題範囲

学科試験:択一式と記述式

  • 土木工学
  • 建設機械原動機
  • 石油燃料
  • 潤滑剤
  • 建設機械施工法
  • 法規

建設機械施工技士1級(実地試験)の概要

1級の学科試験に合格することができたら、実地試験を受験することができます。実地試験に関しては、2級の時と同様、すでに経験がある建設機械であればそれほど難しい操作を問われることはありません。

1級の実地試験では実技試験の他、記述式の試験もあるので、そちらの対策もしっかり行っておくことが大切です。合格率に関しては80%から90%程度となっているので、しっかり対策をすれば十分に合格することができます。

合格率

80%~90%程度

受験資格

次のうちのいずれかに該当すること

  • 当年度の1級建設機械施工技術検定・学科試験の合格者
  • 前年度1級建設機械施工技術検定・学科試験に合格し、実地試験が不合格又は欠席をした受験者

受験費用

2万7,800円

出題範囲

記述式と実技試験

記述:建設機械組合せ施工法

実技:以下の科目から2科目を選択

  • トラクター系建設機械操作施工法
  • ショベル系建設機械操作施工法
  • モーター・グレーダー操作施工法
  • 締め固め建設機械操作施工法
  • 舗装用建設機械操作施工法
  • 基礎工事用建設機械操作施工法

指定学科とは?

1級と2級の試験共に、受験資格の中に「指定学科」という文言が登場します。基本的には学歴を問わず受験できるのが建設機械施工技士の試験であり、一定の実務経験を積めば誰でも受験することができます。

その中でも、国土交通省が定める指定学科を卒業した受験者に関しては、指定学科以外を卒業した受験者と比べて短期間の実務経験で試験を受けられる仕組みとなっています。すでに学校を卒業してしまった場合は仕方ありませんが、これから高校や大学、専門学校を目指す場合は指定学科を中心に受験してみることもおすすめです。

以下が国土交通省が定める指定学科です。

  • 土木工学(農業土木、鉱山土木、森林土木、砂防、治山、緑地または造園に関する学科を含む。)
  • 都市工学
  • 衛生工学
  • 交通工学
  • 電気工学
  • 機械工学
  • 建築学

以上が国土交通省が定める指定学科であり、指定学科を卒業することによって短期間で建設機械施工技士の資格取得を目指すことができます。学生の方は参考として頭に入れておきましょう。

学科試験の通過がカギ

1級と2級共に学科試験と実地試験の2段階の構成で合格者を出す仕組みとなっています。2級については学科試験を受験すれば実地試験も受けることができますが、1級の場合は学科試験に合格しないと実地試験を受けることができません。

いずれにしても、まずは学科試験を通過することがポイントであり、試験の合格に向けて必要となる知識を習得する必要があります。学校に通ったり通信講座で学んだりするなど、試験に向けて計画的に勉強しないとなかなか簡単に合格できる試験ではありません。

仕事をしながら勉強時間を確保するのは簡単なことではありませんが、より良い未来を掴み取るために努力を重ねることが重要です。

その他、施工管理技士に関連する資格

さまざまな施工管理技士資格

建設機械施工技士も施工管理技士資格の1つですが、その他にもさまざまな施工管理技士資格があります。建設業界でキャリアアップを目指していく上で、建設機械施工技士以外の資格を取得しておいて損することはありません。

まずは建設機械施工技士の資格取得を目指すことがおすすめですが、資格を取得できたらその他の資格に目を向けてみると良いでしょう。その他の関連資格に関しては以下の通りです。

  • 土木施工管理技士
  • 建築施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 管工事施工管理技士
  • 造園施工管理技士

それぞれの資格に1級と2級があり、合格率や難易度も変わっていきます。資格を取得することでできる仕事の範囲も広がっていきますし、任される仕事の量も増えていきます。その分、キャリアアップにはうってつけであり、年収アップにも期待することができます。

建設業界で一定の経験を積むことができたら、その他の資格にも目を向けて自己研鑽を重ねていくことがおすすめです。

建設機械施工技士の資格が取れる学校

ここからは、建設機械施工技士の資格が取れる学校についてご紹介します。基本的に学歴を問わず受験できるのが建設機械施工技士の資格であり、実務経験を重ねることで受験資格を満たすことができます。

それでも専門学校や指定学科を卒業することで、受験資格を満たす年数を短くすることができます。学生の方もすでに働いている方も含めて、どういった選択肢があるのか把握しておくと良いでしょう。

修成建設専門学校

まずおすすめの学校として、修成建設専門学校を挙げることができます。修成建設専門学校は大阪府にある学校として多くの卒業生を輩出しており、就職に強い専門学校としても有名です。

関西地方に在住の方で建設系の道に進みたいと考えている場合は、選択肢の1つとして入れておくことも悪くありません。建築学科や土木工学科といった指定学科もあるので、そうした学科を中心に選択することがおすすめです。

建築学科や土木工学科がおすすめ

修成建設専門学校では日中のコースと夜間コースの2つに分かれており、日中のコースでは、建築学科や土木工学科を選択することができます。建築学科に関しては夜間コースもあるので、仕事をしている人でも十分に学ぶことができます。

建設機械施工技士を目指す上では、国土交通省が定める指定学科を卒業することがポイントであり、 修成建設専門学校にはその学科が揃っています。

建築学科では設計製図や構造力学、建築計画や施工管理といった知識を習得することが可能で、就業してから役立つ知識やスキルを存分に身につけることができます。将来的にやりたい分野を極めることもできるので、選択肢の1つに入れておくと良いでしょう。

東海工業専門学校金山校

東海工業専門学校金山校もおすすめの学校として挙げることができます。東海工業専門学校金山校は愛知県名古屋市を拠点にする専門学校で、建築工学科や土木工学科といった指定学科に入学することができます。

東海地区に在住の方で建設関係の仕事を目指している場合は、東海工業専門学校金山校を視野に入れてみることもおすすめです。

建築や土木、測量のプロを養成

東海工業専門学校金山校では建築や土木、測量のプロを養成することを主眼に置いており、高い就職内定率を誇っています。それだけ実践の場で活躍できるスキルを身につけられるということであり、就職してからも第一線で活躍するための素養を身につけることができるでしょう。

建築や建設関連の会社に就職する卒業生も多く、建設機械施工技士の他、空間デザイナーや建築デザイナーとして活躍する方もいます。さまざまなバックグラウンドやスキルを持った仲間と切磋琢磨することで、刺激を受けながら密度の濃い学生生活を送ることができる学校としておすすめです。

日本工学院北海道専門学校

日本工学院北海道専門学校も、資格取得に向けておすすめの学校として挙げることができます。 日本工学院北海道専門学校では建築学科や電気工学科といった指定学科があり、短期間で資格取得を目指したい方にはおすすめです。

北海道の広大で緑豊かな土地で学ぶことができるので、精神的にも落ち着いた環境で知識やスキルを身につけることが可能です。北海道にお住まいの方はもちろん、その他の地域にお住まいの方も留学のような形で入学してみるのも悪くありません。

ITやクリエイティブを駆使した最先端の授業

日本工学院北海道専門学校の特徴として、ITやクリエイティブを活用することが挙げられます。普段の授業でもITやデータなどを重視し、1つ1つの物事がなぜそうなるのかを論理的に説明するスタイルが一般的となっています。

建築学や電気工学に関してもITの力を借りながら、設計や組み立てを行うことが多いです。これからの時代に欠かせない人材として、データ活用能力を育む上では最適な学校です。

独学での勉強も可能

建設機械施工技士資格を目指す上では必ずしも学校に通う必要はありません。すでに学校を卒業して働いているという方でも、独学で試験の合格を目指すことができます。建設会社で働いている方であれば、仕事で必要となる知識やスキルに関する基本的な部分に関しては理解が早いでしょう。

大型書店やインターネットの通販サイトを利用すれば、建設機械施工技士の試験に関する参考書を手に入れることができます。複数の参考書に手をつけるのではなく、1冊の参考書を繰り返す形で勉強していけば、確実に合格に近づくことができます。

独学だから無理ということはなく、1人でもコツコツ学び続けられることができれば資格取得も夢ではありません。

通信教材もおすすめ

独学での勉強に関しては、通信教材の活用もおすすめすることができます。通信教材の場合は、定期的に模擬試験を受けることができて、回答内容を送付すると添削してもらうことができます。

自分1人で勉強するよりも第三者の目が入った方が勉強に力が入るという方は、通信教材を活用すると良いでしょう。参考書でも十分に知識を得ることができますが、定期的に模擬試験を受けることで試験慣れすることができます。

通信教材の場合は参考書と比べて料金が高くなりますが、学校に通うほど高くなることはありません。資格取得のカギを握る学科試験対策として、選択肢に入れておくと良いでしょう。

建設機械施工技士の資格・試験まとめ

建設機械施工技士資格を取得してキャリアアップを目指そう

建設機械施工技士の資格を取得するためには、一定の実務経験とコツコツ努力する姿勢を見せることが大切です。2級の学科試験は約6割、1級の学科試験は約3割から4割程度の合格率と言われており、受験すれば必ず合格するというわけではありません。

仕事をしながら勉強時間を確保することは難しい部分もあり、強い精神力を発揮することも求められます。試験に合格して資格を取得することができれば、その後の仕事の幅も広がり、キャリアアップに向けた視界も拓けていきます。

勉強中は厳しいと感じたり難しいと感じたりすることもあるでしょう。辛くなった時はその後の明るい未来に目を向けて自己研鑽を積むことがおすすめです。

ミイダスで「あなたの適正年収」を診断可能!

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値、スキル、パーソナリティを診断・データ分析できるサービスです。

建設機械施工技士の参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格
  • 1級 建設機械施工技士
  • 2級 建設機械施工技士
資格区分 国家資格
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

建設機械施工技士の関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB