構成作家の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

構成作家の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

テレビやラジオの番組構成を企画する構成作家は、華やかなメディア業界でコンテンツ制作の核となる部分に携わることから、稼げる金額も相当なものだと想像する人が多いのではないでしょうか。実際のところ構成作家の給与や年収はどのくらいなのか、世代や経験年数による違いにもふれながらここで詳しく解説します。

構成作家の初任給

初任給は月15万円前後だが人により異なる。番組1本3〜5万円で数をこなしていく

構成作家の初任給は人によって異なりますが、多くは15万円程度といわれています。年収にすると200〜300万円とされますが、あくまで目安のため、ここから大きく上下することが多いにあり得ます。

というのも、構成作家は企業に属して毎月同額の月給をもらうという報酬体系ではなく、番組の企画が採用されると1本あたり3〜5万円が支払われる実力主義の報酬システムであることがほとんどだからです。

もちろん、ベテランや売れっ子の構成作家になると1本ごとにもらえるギャランティーが跳ね上がります。新人が3〜5万円なのに対して売れっ子作家は10〜15万円と、一つの仕事で約3倍の差があります。駆け出しの頃は報酬単価が安い分、手がける本数を増やすことで収入を上げる努力が必要となります。

実力が収入に直結。企画が通って初めて報酬が支払われることも多い

新人の初任給は、平均的な大卒初任給の20万円より低くなることが一般的です。これは業界自体の給与水準が低いのではなく、実力がものをいう世界であるのに加え、企画が通って初めて報酬が発生するということが関係します。

新人がいきなり大きな番組の企画会議に呼ばれることは少ないものの、自身の人脈などからツテをたどれば大小さまざまなチャンスが巡ってきます。ところが、企画会議に参加することができたからといって交通費や給与が支払われるとは限りません。むしろ、会議に出るだけでは仕事をしたとみなされず、報酬は発生しないことが大半です。

さらに、企画を出したところで採用されなければ収入は得られないことが普通です。企画会議の段階では製作がスタートしているとはいえず、採用された企画に基づいて番組制作が始まるため、案を出すだけでは成果にならないのです。構成作家は企画を通して初めて仕事が認められ、台本執筆などその後の製作工程も担当する場合が多いため、まずは企画を通すことが必要なのです。

企画が採用されるかどうかはアイデア次第ですから、新人のうちは働いているのに収入が得られない、ということもあります。こうしたことから、新人の給与は経験豊富なベテランに比べて低くなる傾向にあるのです。

構成作家の平均給与

平均給与は月20〜30万円。売れっ子作家では月200〜400万円にもなる

構成作家の平均的な月給は20〜30万円です。日本全体の平均は月給35万円前後ですから、それより少し低めです。ただし、全世代を含めるのではなく20代の国内平均は25万円前後です。そう考えると、構成作家の給与は20代のうちは他職種とさほど変わらないと言えます。

構成作家はほとんどがフリーランスか作家事務所に登録するスタイルで、給与は成功報酬型です。番組1本あたりの報酬も駆け出しは5万円、実績を認められれば10〜15万円と大きく差があります。そのため、20代のうちは他職種と同じくらいの月給でありながら、実力がつかなければ給与は頭打ちとなります。そのため、30代以降の平均月給は日本全体の平均からすると少し低めです。

平均的な給与額を大きく上回る売れっ子作家では週に5〜10本のレギュラー番組を抱えていることもあり、月給に換算すると200〜400万円と桁違いの稼ぎがあります。このような極端な成功例はまれですが、国内の人気番組を多数手がける優秀な人物は少ないながら複数います。

逆に、チャンスや能力に恵まれず、なかなか作家として芽が出ないという人も多くいます。それでも構成作家として食べていくという夢を捨てきれず、アルバイトで生計を立てながらコンペなどに企画を提出するという方法をとっている人が大勢います。こうしたスタイルを取る人は20代では珍しくないですし、メディア職種に限らず他の業界でも多いでしょう。

しかし、30代、40代と年齢を重ねても芽が出ない場合は、アルバイトで生計を立てているとどうしても収入が低くなりがちです。中には他の職種に転身する人もおり、転職によって給与が上がり生活が安定することもままあります。

経験を積むと給与アップにつながるが、年功序列ではなく自己研鑽が必須

もちろん新人よりもベテランの方が給与は高くなるため、年齢が上がるにつれ給与も高くなる傾向にはあります。しかし、これは経験を積んでセンスが磨かれ、ニーズに応えられる企画を多く出すことができるようになるからです。年齢が上がれば自動的に給与が高くなるということは残念ながらありません。

また、構成作家として長年活動していくことで徐々に業界内での認知度が上がり、新規プロジェクトを立ち上げる際に声がかかりやすくなるということも給与アップに関係しています。こちらの場合も、ただ長く業界にいればよいというものではなく、それなりの成果を出し続けることが必要なのは言うまでもありません。

構成作家の平均年収

平均年収は300〜400万円。コンスタントに仕事を得られることが重要

構成作家の平均年収は300〜400万円と言われており、一般的なサラリーマンと同じくらいです。ただし、これは平均的な数値であり、構成作家の大多数がこの年収というわけではありません。個人差が大きく、稼げている人とそうでない人の差が開いているということでもあります。

平均的な年収を得ている構成作家は、1本5〜10万円の番組を月に3〜6本程度担当している計算になります。時期によって揺れはあるものの、コンスタントに仕事を見つけ、企画を通していく力が欠かせません。700万円稼げた年が2年あっても、その後150万円しか稼げない年が8年続けば、10年間の平均は260万円です。時代の流れや視聴者のニーズに合った企画を出し続けることが大切です。

平日毎日、あるいは毎週特定の曜日に放送できるレギュラー番組を担当できるかどうかでも、年収は大きく変化します。大きなプロジェクトになることが多いため、実力者が手がけることが多いでしょう。必然的に30代以上の中堅からベテラン作家の企画が採用され、彼らは高い年収を得ることになります。

年収ゼロの人も数億の人もいる。人によって差が大きいことが特徴

年齢や経験年数だけでは収入につながらないため、30代、40代で構成作家としての年収がゼロという人もいます。統計では一人ひとりの懐事情が見えてきにくいものですが、構成作家は収入の個人差が大きいのが特徴です。

平均年収をみると300〜400万円と一般的ですが、蓋を開けてみると全く企画が通らない年収ゼロの人から年収5,000万円、場合によっては数億円にのぼるという人までピンキリです。作家事務所に登録しているだけで仕事がないというケースも存在し、どうしても夢を諦められないという人はアルバイトをしたり、副業で生計を立てるなどしています。

副業や関連する仕事で年収アップにつなげる人も多い

構成作家で食べていけない人が副業としてアルバイトをすることもある一方で、売れっ子は構成作家としての仕事以外にタレント、講師、書籍出版といったサイドビジネスにも手を広げることが増えています。それぞれの業種は関連しているため、構成作家として成功し評判を得ることで、さらなるビジネスチャンスや収入アップにつながるのです。

そうした副業を得るのには、仕事で実績を残す他に幅広い人脈が重要になってきます。構成作家の仕事は番組の企画や流れを考えることですが、ときには台本の内容やセリフを手がけることもあるほか、お笑い芸人のネタを考えることもあります。人との関わりを大切にし、よいアイデアを出すことで芸人養成学校の講師に招かれるなど、自分で応募することのできない特殊な仕事を紹介してもらうことが可能になるのです。

本業で稼げているかどうかに関わらず、副業からも収入を得ている構成作家は多いものです。そうした意味でも、一人ひとりの構成作家がどのように働き、いくらくらい稼いでいるのかを一言で表すことはできません。このため、統計など一般化されたデータから全ての実情を知ることは難しいといえます。

構成作家の給与・年収まとめ

コンスタントに仕事を得られる力が必要。在職年数ではなく実績や人脈が大切

構成作家として働く人のうち一定数は副業で生計を立てている一方、売れっ子になると月給が200万円以上と桁違いの収入があります。

成功できるかどうかは何と言っても実力によるところが大きいのですが、運や人脈といった要素も関連します。フリーランスの作家が多く、番組1本あたりいくらという成功報酬型の給与体系のため、コンスタントに成果を出す力が成功の鍵となります。

構成作家の参考情報

平均年収300万円〜400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

構成作家の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB