映画宣伝の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

映画宣伝の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

みなさんは「映画宣伝」担当者がどのような仕事をしているのかを知っていますか?映画好きの方であれば興味のある仕事だと思うので、目指している方も多いでしょう。映画の宣伝と一口に言っても実際に行う業務は多種多様となっています。本記事では、映画宣伝の具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

映画宣伝とはどんな仕事?

映画宣伝の主な仕事はプロモーション活動

映画宣伝の主な仕事内容は、新しく公開される映画のプロモーション活動です。さまざまなメディアへの宣伝や企業との協同、世間に宣伝するための宣材物の作成など、担当はそれぞれに分担されますが、1つのチームとしてプロモーション活動を行います。

また、チームには必ず「映画宣伝プロデューサー」が存在しています。仕事全体を総括的に見つつ、宣伝する映画を見たいと思わせることが映画宣伝の最大の目的。誰もが見たいと思える宣伝ができれば観客動員数を増やすことができるので、チーム一丸となって全員が同じ方針を向くことが必須となる仕事です。

周囲への気配りも仕事の一環

映画宣伝の仕事はプロモーション活動を行う中で、プロジェクト成功のためにさまざまなスケジュールが組まれています。予定が崩れてしまうと多くの関係者に迷惑をかけてしまうため、周囲への気配りを常に行い、ミスのない先回りの行動が大切といえるでしょう。

例えば、映画宣伝の業務には出演者や映画監督への取材もあり、約束の時間通りの行動ができなければ自分たちの仕事はもちろん、取材を行う相手の仕事にも支障が出てしまいます。そのため、自分の仕事をしっかりとこなすのも大切ですが、常に気配りを行い、ミスを事前に防ぐのも業務の一環といえるでしょう。

慣れない間は激務に感じてしまう

映画宣伝の仕事内容ですが、人によっては激務に感じてしまうことがあるようです。基本的には10時に出社して18時には退社といったスケジュールですが、プロジェクトが開始されると勤務時間が大きく異なるといわれています。

早朝から出社することもあれば夜中まで仕事をする日もあるようなので、不規則な生活から体調を崩すことも少なくなく、「仕事がつらい…」と感じる方がいるようです。しかし、慣れてしまえば激務に感じていた仕事も当たり前だと思えるようになるでしょう。

また、プロジェクト終了後はしっかりと休息を取ることができるので、実際に映画宣伝をされている方の中には大型連休を取るという方もいます。連休中は自分の好きな時間を過ごすことができるので、仕事で溜まった疲れを癒すのはもちろん、ストレス発散も十分にできるでしょう。

映画宣伝の具体的な仕事内容

メディアに直接映画の売り込みを行う「パブリシティ」

パブリシティを担当する場合、メディアに直接映画の売り込みを行うのが主な仕事となっています。マスコミやテレビ局などに映画の魅力を伝えることで取り上げてもらうのが目的であり、プロモーション活動としても重要な仕事となっています。

また、パブリシティの仕事は宣伝費用を発生させることなく、無料で取り上げてもらうことを考えるのが重要なポイント。「どうすれば無料で取り上げてもらえるのか」を真剣に考えて、担当する映画を宣伝してもらうのがこのチームの仕事内容です。

費用を使って映画の広告を出す「メディアバイイング」

メディアバイイングを担当する場合、費用を使って新聞・雑誌・テレビなどに映画の広告を出すことが仕事となっています。しかし、1つの映画作品にかけられる広告費用は限られているので、より効果的な宣伝を行うための方法も考えなければなりません。

「予算内でどれだけ効果的な広告を出すことができるのか」「見たいと思える広告を作れているのか」1つの作品を宣伝するためにはチームで案を出し合い、プロジェクト成功へと繋がる宣伝を行うのがこのチームの重要な仕事といえるでしょう。

さまざまな企業と協同して商品の注目度を上げる「タイアップ」

タイアップを担当する場合、さまざまな企業と協同して注目度を上げるのが仕事となっています。つまり、話題の新作映画と企業が共同することで商品への注目を集めることが、このチームの仕事です。

しかし、ただ協同するだけでは注目度を高めることができないので、「どうすれば注目されるのか?」を考えることが重要なポイントとなるでしょう。

宣材物の作成を担当する「クリエイティブ」

クリエイティブを担当する場合、新作映画を広告やポスターといった宣材物を作成することで世の中に広めることが仕事となっています。

広告やポスター以外にも、「この映画を見てみたい!」と多くの人に思わせるような宣材物を作成するのが、このチームの重要な仕事といえるでしょう。

それぞれの担当を総括する「映画宣伝プロデューサー」

映画宣伝プロデューサーは、上記でご紹介した担当者たちを総括して、プロジェクトを成功へと導くことが仕事となっています。全てのチームの司令塔となるポジションなので、責任感が求められる仕事といえるでしょう。

また、「担当する映画作品をどのように宣伝するのか」という方針を決めるのも重要な仕事です。多くの人に映画作品を売り込む戦略を考え、チーム全体で意見交換を行いながらプロジェクトを成功させることが、映画宣伝プロデューサーの重要な仕事といえるでしょう。

映画宣伝の仕事のやりがい

自分が携わった映画が大ヒットしたとき

映画宣伝のやりがいとして、自分が携わった映画が大ヒットしたときという意見が多かったです。映画の大ヒットはもちろん作品自体の内容にもありますが、チーム全体で考えたプロモーション活動が成功したという証でもあります。

また、公開された映画のエンドロールには自分の名前も表示されるので、その光景を目にした瞬間もやりがいを感じられるという意見がありました。人によっては涙するほど喜びを感じられるそうなので、激務による疲れも忘れられるそうです。

一般人では会えない人と出会える

仕事上で映画の出演者や有名な映画監督、原作を作りあげた作家など、一般人では簡単に合うことができない人と出会うことができます。映画宣伝で働く方の多くは映画好きの方が多いので、このような出会いは仕事へのやりがいに繋がることでしょう。

また、担当する映画の企画から公開までは短くても半年はかかるため、その期間中に出会った方と深い関わりを持てるようです。このような出会いは貴重な経験となるので、大きなやりがいといえるのではないでしょうか?

人脈が広がり新しいスキルを習得できる

プロジェクトを成功させるまでには、さまざまな人たちと関わることになります。そのため自然と人脈が広がりますし、自分にはないスキルを習得できるチャンスでもあるといわれています。

人脈作りはどんな仕事でも必要なことですし、スキル習得は自分の成長に繋がるので、映画宣伝をやっていて良かったと感じられるそうです。

実績が認められてキャリアアップできる

映画宣伝の仕事で実績が認められれば、映画宣伝プロデューサーへとキャリアアップすることができます。プロデューサーになればこれまでに比べて仕事量は増えますが、収入アップにも繋がるので、大きなやりがいを感じられることでしょう。

また、映画宣伝プロデューサーはチームをまとめる司令塔なので、さまざまな業務を担当することでライフワークを充実させられるのも魅力といえるのではないでしょうか?

映画宣伝の仕事内容まとめ

チーム一丸となってプロジェクトを成功させる

映画宣伝の仕事内容は、それぞれを担当するチームが一丸となってプロジェクトを成功させることです。実績が認められれば、チームをまとめる映画宣伝プロデューサーにキャリアアップすることもできるので、やりがいを感じられる仕事だ言えます。

その他にも、映画宣伝の仕事はたくさんのやりがいを感じられるので、映画好きであれば長く勤められる職業となるでしょう。映画が好きな方や映画業界に携わる仕事を検討されている方は、ぜひ映画宣伝を目指してみてはいかがでしょうか?

映画宣伝の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映画宣伝の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB