テレビADになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

テレビADになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

テレビADになるには、倍率が高い就職試験に合格しないとテレビADになれません。就職試験に合格して、テレビADになる為には一体、どんなスキルや能力が必要になるのでしょうか。今回はこの記事でテレビADになる為に、どんな能力やスキルが必要なるのか、向いている人の特徴などについてご紹介します。

テレビADになるには何が必要?

テレビが好きという情熱がある事

体力的にもハードなテレビADの仕事は、覚える事、しなければいけない事や、雑務が多い上に、ディレクターとして一人前になるのも、長い道のりです。しかし、テレビ業界が好きという情熱があればテレビADという仕事を続ける事が出来るのではないでしょうか。

また、いつかディレクターになって、視聴者が面白いと思ってもらえるような番組を作るという情熱があれば、テレビADの仕事を続ける事ができるはずでしょう。

テレビADになるには学歴が求められる傾向に有り

テレビ局や番組制作会社が全部当てはまるとは限りませんが、ほとんどの局や制作会社は大学(四年生)を卒業している事を採用条件にしている場合が多いです。実際に大卒の人が内定をもらっている事がほとんどです。

他にも短大、専門学校、アルバイトからの道はありますが、大手のテレビ局を目指している場合なら、大卒は取得しておくべきでしょう。

体力も必要なテレビADの仕事

テレビADは休む暇がほとんどありません。番組の内容が深夜にまで長引く場合や、ロケの場所もどんな所にもついていかなくてはいけません。

さらにテレビADは、しなければならない事を予測して、その日の撮影がうまく進められるように、早め早めに、前準備をする必要があります。決まった休みもなく、睡眠時間も削られることもしばしばあります。

特に最初の頃は、覚える事も多く、慣れていないため、精神的にも体力的にも強くないとテレビADの仕事を続けていくのは厳しいでしょう。

頑張った分、番組が出来上がった後はとてもやりがいを感じる仕事ではありますが、体調管理には十分気を付けて、体調を崩さないようにする事も大事です。

空気を読む力もテレビADに大切なスキル

テレビADはディレクターの右手となり、ディレクターが何を求めているのかを考えて動く必要があります。時と場合によっては、その場の状況に合わせて、臨機応変に対応する事も求められます。

番組制作には色んな人が関わって作られるため、ディレクターが、手が回らない所をディレクターにも相談しつつ、忙しそうにしていたら自分で考えて、色々と動き回れるような存在であることが求められます。

なくてもなれる職業ですが、資格もあるとベター

テレビADの仕事は資格がなくてもなれる職業です。しかし、ロケや遠い現場に行く際には自動車が必要になってきます。なので自動車免許を持っておく事が応募する時の必要な条件でもあるので、運転免許証は取得しておきましょう。

さらに、外国でロケをする場合もあるので、語学力は持っておくといいです。語学力を証明する為の資格として、有名な資格、「TOEIC」などを持っておくとベターです。

テレビADに向いている人・適性がある人の特徴

テレビADになるには、持って生まれた適性や、性格的要素が関わってくる事もあります。

仕事の効率化が得意な人はテレビADに向いている

効率的に行動するために何が必要か、優先順位を決めて行動できる人は、テレビADに向いているといえます。テレビADの仕事は多種多様にありますが、それをすべて一気に終わらせるという事はできません。

だからこそ、どの作業が一番先にした方が効率よくできるのかを考えて仕事の順序を組み立てることが求められます。

計画力がある人もテレビADに向いている

番組制作にも納期がついて回ってきます。番組の資料探しから、ロケの場所の下見に行くなど、番組を作る上で必要な事を手広くこなす必要があります。納期に間に合わせられるように計画を立てる力がある人、はテレビADに向いています。

さらに、ほぼ24時間勤務のテレビADの仕事は、休みをどのタイミングでとるかを考えておかないと体を壊しかねない仕事です。

仕事と休み、他にも休憩も含めて計画をちゃんと立てる事、そして仕事とプライベートにはメリハリをつけられるような人でないとテレビADを続けていく事が難しい可能性があります。

高いコミュニケーションスキルはテレビADに向いている適性のひとつ

テレビADの仕事は、ディレクター以外にも、他の職業の人と力を合わせて番組を制作しなくてはいけません。スポンサーなどの偉い立場の人と話をする事もあります。

自分の意見を言いつつ、相手の意見を取り入れながら話を聞くには、高いコミュニケーション能力が必要になります。高いコミュニケーション能力は、テレビADには重要な能力です。

テレビADは発想力も生かせる仕事

テレビADはひとつの番組以外にも、他にもいろいろな番組に携わる事がある仕事です。

番組によっては、ディレクターと相談しながらテレビADもどんな企画にするかを考えてくる必要があるので、企画会議の時に面白い、楽しそうと思ってもらえるような企画を立てられる発想力がある事は、テレビADの仕事に役立つでしょう。

目的に向かって突き進む強い意志をもって行動できる人

テレビADの仕事はディレクターの補助がメインですが、ディレクターになる事が第一目標です。

テレビADの仕事をしている間は、演出をつける事も出来ないため、ほぼ製作準備に追われる事が多いです。忙しい日々に追われている内に、ディレクターになる事を、忘れてしまわないように、目的を忘れずに強い意志をもって行動できる人は、テレビADに向いていると言えます。

テレビADになるための学校・教室

テレビADになるために学校に通うことは、映像の知識や技術などを勉強しておく事でテレビADとして活躍する際にも役に立ちます。他にも、学校では実際に活躍している人の話を聞けるチャンスがあるのも魅力の一つです。

日本工学院

日本工学院にはテレビ・放送専門学校 放送芸術科があり、テレビ業界に関わる6つのコースの内に製作コース・放送芸術科があります。ここで企画から編集まで学ぶことができます。さらに、放送コースの放送芸術科は職業実践専門課程として文部科学省に認定されています。

実際に放送できる段階までを実習を交えて勉強できるので、テレビADとして必要なスキルを身につける事が出来ます。他にも、実際に番組制作を手掛けた講師が教えてくれます。

東放学園専門学校

放送芸術科では、実際にプロのタレントさんをキャスティングをするなど、実践的な番組制作スキルを学べます。

他にも、現在テレビで活躍している番組スタッフが学校に講義をしにきてくれます。具体的にどんな仕事しているのか、テレビADになるためのアドバイスなどをしてくれます。

また、企画や構成、リサーチ能力から編集技術まで、テレビADに必要になってくるスキルを沢山学べるカリキュラムも、設けています。

東京工学院専門学校

東京工学院専門学校ではテレビADを目指す人のために、放送芸術科が設けられています。テレビに関わる多くの仕事に就くための知識や技術を学ぶ事ができます。卒業後に学生が希望の仕事に就職する事を目標に、資格取得の支援も積極的に行なっています。

きめ細かい指導で就職サポートが魅力

就職活動は不安が多いものですが、東京工学院専門学校では、長年の経験から各業界の動きを的確に把握して、一人ひとりに合わせた指導を行います。学生とワンツーマンでじっくりと話し合う指導は、不安を軽減して希望の就職先を目指すことができます。

読売理工医療福祉専門学校

読売理工医療福祉専門学校では、テレビADを目指す人のためにTVディレクター学科が設けられています。

日テレの現役ディレクターが少人数制での徹底指導が魅力的。制作実習を交えた実践的なカリキュラムが設けられています。カメラや照明、音声などの技術の知識を身につけられ、実践に対応出来る能力を養えます。

少人数制教育で一人ひとりをサポート

読売理工医療福祉専門学校では少人数制教育を採用しています。読売理工医療福祉専門学校では全面的に読売グループから教育と就職に協力を受けています。

知識やスキルを最初から少人数制教育で身に着けることが出来るので、高い就職率を実現出来ます。多くの卒業生が日本テレビグループをはじめとした有名番組に携わっている企業に就職しています。

アルバイトからという道もある

小さい子会社や番組制作会社の場合、学歴不問で募集している会社もあります。テレビ局にこだわりもなく、今から大学に行くことは難しいけれどテレビADになりたい人は、目指してみてもいいかもしれません。

他にも、学校を卒業してからではなくても、現場で実際に働きながらスキルを身に付けるのも選択肢のひとつです。

大手が募集している場合もありますが、長期的に働ける人を募集している所が多いので、その会社で働きたいと思っている人やテレビ業界に興味があるという人は、試しに受けてみてもいいのではないでしょうか。

テレビADになるには?まとめ

学歴があるとベター。情熱と高いコミュニケーション能力が仕事を続けていくには必要

テレビが好きである事が、テレビADになるには一番必要です。楽しいテレビ番組を作りたいという情熱をもって、学生の頃から勉強や努力を惜しまずに、テレビADに必要なスキルや能力を体に染み込ませていく事が大事です。

さらに、チームワークが大事な仕事なので、誰とでも話せる高いコミュニケーション能力が必要になってきます。

未経験でもなれる仕事ですが、学歴はある方が就職や転職の際にも有利になる可能性があります。

テレビADの参考情報

平均年収250万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

テレビADの関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB