テレビADの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

テレビADの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

テレビADとして働く上で必須の資格はありませんが、資格や試験に合格していれば就職や転職の際にも有利に働く可能性があります。特に海外ロケなどで重宝するのは、実用英語技能検定など英語力に関する資格でしょう。本記事では、テレビADに役立つ可能性が高い資格などについてご紹介します。

テレビADの資格とは?

テレビADに必須の資格はない

テレビADになるうえで、必ず取得しなければいけない資格はありません。テレビADには必須となる資格もなく、また学歴もそれほど関係ないため、チャレンジ自体はどんな方でもすることができるでしょう。

しかしテレビADとして活躍する、さらにはディレクター、プロデューサーなどキャリアアップを考えていくうえでは、資格に関して持っていた方が良いでしょう。

どんなテレビ番組のADを務めることになるかによっても必要な資格は変わってきますが、いずれにしても幅広い知識、そしていろいろなことへの興味が求められる仕事と言えます。

テレビADにとって役立つ資格とは?

テレビADはスペシャリストではなくジェネラリストに分類されるため、さまざまな現場で臨機応変な対応を求められることも少なくありません。現場によって求められるスキルも違ってきますし、現場が変われば全く違う能力を求められるようなことも考えられます。

そのような中で幅広い知識を持っておくことはキャリアアップのためにも重要ですが、どんな現場でも重宝される資格として、「マイクロソフトオフィススペシャリスト」「実用英語技能検定」が挙げられます。

これらはそれぞれ事務処理能力、そして英語能力に関係する資格のため、どのような現場であっても持っておけば重宝することになるでしょう。どんな資格を取得すればよいか分からないと考えている方は、まずはこれらの資格を目指して取得してみると良いのではないでしょうか。

テレビADに役立つ資格「マイクロソフトオフィススペシャリスト」

資料作りのスキルを証明する資格

マイクロソフトが公式に発表しているマイクロソフトオフィススペシャリストは、マイクロソフトオフィス製品の利用スキルを照明する資格です。

テレビADはロケハンなどで外に出ることも多いですが、室内でパソコン作業をする事もあります。ワードやエクセルでの資料作りはテレビADとして必須な作業になります。

合格すればエクセルやワードの技術を証明する事に加えて、スムーズにテレビADとして資料づくりが出来るでしょう。

マイクロソフトオフィススペシャリストの試験概要

マイクロソフトオフィススペシャリストの試験はワードやエクセルに加えて、パワーポイント、アウトルック、アクセスの5科目です。ワードとエクセルはスペシャリストと上位のエキスパートの2レベルが用意されています。

スペシャリストでは一般コースと呼ばれていて基本的なパソコン操作が出来れば合格出来ます。エスキパートは高度な操作が求められるのでワードなら文字の幅や間隔などの調整や文字色の変更などの細かい操作が求められます。

合格率は発表されていませんが、上位のエキスパート合格を目指すのであれば十分な試験対策が必要になるでしょう。

合格率 公表されていない
受験資格 誰でも受験可能
受験費用
  • スペシャリスト 1科目につき10290円
  • エキスパート 1科目につき12390円
出題範囲 Word文書作成ソフト、Excel:表計算ソフト、PowerPointプレゼンテーション ソフト、Outlook電子メール・情報管理ソフト、Accessデータベース管理ソフト、Windows Vistaオペレーティングシステム

様々な学び方で合格を目指そう

マイクロソフトオフィススペシャリストは、独立で学び合格を目指すことが出来ます。テキストは多くの種類が販売されていて、自宅にパソコンがある人は独学で学ぶのも良いでしょう。

他にもスクールに通って学ぶ通学講座を利用する人もいます。分からないことがあれば質問ができるので効率的に学習できるでしょう。通信講座は、送られてくるテキストを使用して、自宅で学習が出来ます。学校によっては映像授業がある講座もあります。

テレビADの仕事は激務である事が多いので、無理なく出来る方法を選びましょう。

テレビADに役立つ資格「実用英語技能検定」

英語力のスキルを認定する資格試験

文部科学省認定の知名度も高い資格が実用英語技能検定です。英検の名で知られている資格ですが、毎年250万人以上が受験しています。

テレビADとして海外ロケをする事も多いので、語学が堪能である実用英語技能検定が取得していると役立つでしょう。

実用英語技能検定の試験概要

実用英語技能検定は試験の難易度は急によって異なります。5級から1級まで7つのランクで分かれていてマークシート方式の筆記試験がメインです。

3級以上になると筆記試験、リスニングテストに加えてスピーキングテストもあります。書くや聞くだけでなく話す能力も問われる試験です。実用英語技能検定の合格率は、1級は11.6%、準1級15.2%、2級25.9%、準2級36.5%、3級52.2%、4級69.9%、5級は81.8%になっています。

語学力を証明するためには2級以上の取得が必要になるでしょう。

合格率 上記参照
受験資格 誰でも受験可能
受験費用
  • 1級 9500円
  • 準1級 7600円
  • 2級 6500円
  • 準2級 5900円
  • 3級 4900円
  • 4級 3600円
  • 5級 3000円
出題範囲 長文穴埋め問題、英文読解、リスニング、スピーチ

2級以上は幅広い学習が求められる

実用英語技能検定は、市販の問題集や参考書が多く出版されています。独学で学習できる環境です。財団法人日本英検検定協会には、サンプル問題が公開されているので、解いてみることもオススメです。2級以上の取得は、幅広い学習が求められます。

その他、テレビADに役立つ可能性が高い資格

国家資格以外にもテレビADに役立つ可能性が高い資格は様々

テレビADの仕事に役立つ可能性が高い資格は他にも様々なものがあります。幅広い知識や経験を求められることもあるテレビADにとって、一見関係ない資格であっても仕事につながってくることも十分に考えられるでしょう。

ディレクターやプロデューサーを目指すのであれば他の資格も視野に入れていると良いかもしれません。

  • 自動車免許
  • TOEIC
  • 日商ビジネス検定
  • TOEFL

一覧にある自動車免許は、自分で運転して現場に行けるように必要な資格として定めている場合もあります。

TOEICは英語のコミュニケーション能力を評価する世界共通の試験で結果が合否ではなく、700点以上の点数を獲得出来れば英語力がある証明になるでしょう。

テレビADの資格・試験まとめ

テレビADに必須の資格はないが、仕事に役立つ資格は数多くある

テレビADの仕事自体は、特別な資格や試験に合格していなくても業務に就くことは可能ですが、資格を持っていると転職や就職に有利になる可能性があります。実用英語技能検定やパソコン業務に便利なマイクロソフトオフィススペシャリストに合格すれば知識の証明に役立つでしょう。

テレビADに役立つ可能性が高い資格試験は、他にも多くの試験が行われています。まずはマイクロソフトオフィススペシャリストと実用英語技能検定の資格取得を目指しつつ、自分のキャリアパスも考えたうえで役に立ちそうな資格取得も目指してみてはいかがでしょうか。

テレビADの参考情報

平均年収250万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

テレビADの関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB