販売促進の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

販売促進の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

男女問わず人気の職業、販売促進。どうしたら売れるかを考えて企画をする楽しそうなイメージのある職業ですが、実際には地味で細かい分析や調査を続けた上に成り立っているようです。今回はこの記事で販売促進の勤務先や仕事の特徴、魅力などについてご紹介します。

販売促進とはどんな仕事?

販売を促進することが目的の販売促進

販売促進の仕事はその名の通り、販売を促進することです。企業でも特に商品の売り上げを伸ばす事業を行います。広報部や宣伝部と間違えやすい仕事内容にはなりますが、販売促進は実際の購買行動につながることを考えることを目的としています。

新商品を販売するためのキャンペーンやイベントの企画やノベルティを考案することがメインの仕事になります。

的確なニーズに合わせる事が要求される仕事

販売促進ではターゲットになる消費者のニーズに合わせて調査を行うことから始めて、他社の商品も研究や分析を行います。柔軟な発想でニーズに合わせた企画を立てることが要求される仕事です。

どの様にして販売促進をするかは自由

販売促進の仕事では特にこのようにして販売促進をしなければいけないという決まりはありません。芸能人を起用して売り出すことでも、キャンペーンやイベントで促進することでも良いのです。実演販売や展示会などを行うなど企業によっても内容は様々あります。

販売促進担当者が商品の販売促進方法を決めることが出来るので、他とは異なる斬新な発想や販売促進方法が求められるといえます。

泊まり込みで仕事をすることも

販売促進の仕事では新商品の発売が近くなると忙しくなるケースが多いようです。全国でキャンペーンやイベントを行う際には出張をすることや夜遅くまで残業をすることもしばしばあります。

商品の発売日などは特に忙しくなり朝早く会社に出社して夜遅くまで残業、企業によっては泊まり込みで仕事をしなければいけない可能性もあります。日によっては不規則な生活になりがちで体力的にハードな仕事といえるでしょう。

販売促進の仕事は意外とハード!体力が必要

販売促進の仕事は、商品の販売を促進する為にキャンペーンやイベントを企画する楽しそうなイメージがあるかもしれませんが、営業や広報と連携をとってキャンペーンやイベントの時にはスタッフに指示をし、地味で細かい分析や調査など行わなければいけない仕事が多いため体力的にも精神的にもハードな仕事です。

企業によっても差はありますが、朝早く出社して夜遅くまで残業など拘束時間は長めです。不規則な勤務形態になることも多いので販売促進の仕事は体力も必要になると考えられます。

販売促進の具体的な仕事内容

販売促進の仕事は商品の売り上げをよくするためにキャンペーンやイベントを企画して販売の促進に努める事です。世の中の流行りを捉えて的確な促進方法を企画することが大切です。

商品の販売促進以外に販売促進がする仕事

販売促進の仕事は商品の売り上げを上げるために促進する企画を考えるだけではありません。販売促進の仕事の経験や実績で任される仕事は幅広いです。

データ収集や分析

販売する商品の売り上げを上げるために他社の商品に対してのデータ収集や分析を行います。なぜ売れているのか、キャッチコピーのメッセージを分析します。その分析こそが次の販売をする商品の売り上げを上げるための一つのヒントになる可能性もあるため、毎日世の中のニュースや政治経済の動きなども含めて分析や調査を行います。

販売促進会議の資料つくり

販売を促進するための企画をすることがメインの仕事になりますが、そのためには販売促進会議の為の資料の作成が必要です。販売促進は商品の売れ行きを左右する企業としてはかなり大事な役割です。自分の勘やセンスだけを優先して企画することは出来ません。

必ずと言ってよいほどに企業ではこの販売促進方法であれば売れると納得できるような企画をプレゼンする機会を設けています。客観的な根拠を示せる販売促進会議のための資料作りも大切な仕事の一つです。

キャンペーンやイベントに参加する

販売促進でキャンペーンやイベントを開催して売り出す時には、イベント当日に担当者も実際に参加することが多いようです。全国的に売り出す場合には出張をすることもあり、土日が休みの販売促進の仕事では休日にイベントやキャンペーンを開催することが多いので休みが上手く取れないこともあるでしょう。

販売促進の仕事は勤務場所によって変わる

販売促進の仕事では飲食店のメーカーや化粧品メーカー、アパレルブランドや百貨店など業界を問わず就職先が異なります。基本的には民間の企業で働くことが多い販売促進ですが、ジャンルは様々あるので勤務先によって販売促進の仕事内容は多少異なることもあるでしょう。

勉強からはじまる販売促進の仕事

販売促進の仕事は勉強から始まると言っても過言ではありません。多くの人は専門学校や大学で経済やマーケティングのことを学んで基礎知識をつけて就職します。資格を取得している人もいるかもしれませんが、すぐに本格的な販売促進に関する企画作りが出来るわけではありません。

人それぞれ能力は異なり、成長スピードも違うので一概には言えませんが、最初は先輩社員の指示に従って販売促進の仕事に必要な知識やスキルを身に着けていきます。一人前として販売促進の仕事をすべてこなせるようになるには、仕事量が多く時間が必要になることは覚えておきましょう。

転職も3年が区切りになることが多い

販売促進では仕事内容がハードであることから転職を検討する人も多いようです。スキルアップとして他ジャンルの販売促進として転職する人も多いですが、3年が一区切りになっています。3年働くことで販売促進の知識やスキルの証明にもなることも理由の一つと考えられます。

販売促進の仕事はインターネットで特集されていることも多いです。経験を積んでスキルを高めることでより好待遇な転職が期待できます。

販売促進の仕事のやりがい

自分のアイデアで勝負が出来ること

販売促進の仕事の中で魅力的なことはアイデア次第でいくらでも勝負が出来ることです。予算は限られていることが多いのでお金の使い方も大切になりますが、コストを抑えて売り上げを伸ばすかというところも面白みがある仕事です。

消費者の心を掴むための工夫やアプローチ方法を自分のアイデアだけで勝負することが出来るのが大きな販売促進のやりがいと考えられます。

結果が数字に反映される仕事

販売促進の仕事はいかに売り上げを上げるかを分析し、調査して売り上げるためのキャンペーンやイベントを企画する仕事ですが、成功の有無に関して数字として結果が出ます。思うような成果が出ない場合には会社とし手厳しい立場に立たされることもりますが、驚くべき良い結果に繋がった時には大きな喜びを感じることが出来る仕事なのです。

自身で考えたアイデアが成功か否か、数字で確認できるので挑戦が出来る人にとってはやりがいのある職業といえます。

閃きが形になる仕事

販売促進では商品の企画を行うことがメインの仕事内容ですが、その中で一つの閃きが良い結果を生み出すこともあります。一般的な企業では自分の意見や良い考えが閃いたとしても上司や先輩に伝えることも出来ない環境ということも多いです。

しかし販売促進ではその商品をどのように販売していくか自由に決めることが出来るのです。販売促進にあたり一瞬の閃きが驚くような結果に繋がるかもしれない高揚感がある仕事です。普段の生活の中で何事にも疑問を持って思考しよく閃く人にはやりがいを感じられる仕事でしょう。

販売促進の仕事内容まとめ

販売促進はセンスと発想力が求められる仕事

商品の売り上げを上げるための販売促進は、どのようにして売れるかを分析して企画をすることが仕事です。それ以外にも企画案書類の作成や会議への出席、イベントやキャンペーンなどの参加など行うべき仕事は多くあり、生活的にも不規則になることが多いです。

商品の発売日や近くになると忙しくなる傾向にあり、プライベートをゆっくりと過ごすことは難しいかもしれません。それでも自分のアイデアでしっかりとした結果が数字として出ることは大きなやりがいを感じられる仕事といえます。

販売促進(セールスプロモーション)の参考情報

平均年収300万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

販売促進(セールスプロモーション)の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB