コンビニ店長の仕事内容の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

コンビニ店長の仕事内容の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

お店の責任者としてさまざまな業務を担当する「コンビニ店長」ですが、具体的な仕事内容を知っているという方は少ないのではないでしょうか?コンビニ店長を目指すのであれば、事前に仕事の詳細を知っておきたいものです。本記事では、コンビニ店長の具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

コンビニ店長とはどんな仕事?

経営するお店の管理業務

コンビニ業務は接客がメインの仕事ですが、レジ打ちやお客さんへの対応といった通常業務はスタッフが行い、店長はお店を経営する管理業務が主な仕事となっています。販売する商品の発注や売り上げや在庫の管理など、経営に関わる重要な仕事は店長が行います。

また、オーナーに雇われて店長を行っている場合、金銭関係の管理はオーナーが行っているところもあります。他にも、店舗によってはスタッフに発注業務を任せているところもあるので、実際に店長が担当する管理業務はお店によって異なるといえるでしょう。

お店を利用してくれるお客さんへの接客

店長の仕事は管理業務だけでなく、接客業務も大切な仕事の1つです。お店の立地や時間帯などによっては来店するお客さんが多く、アルバイトやパートのスタッフだけでは対応しきれないので、その場合は店長がレジ打ちやお客さんへの接客対応を行います。

また、接客対応の内容によってはスタッフでは対応できない場合があるため、その際は店長が接客を行います。他にも、電話対応やクレーム対応などといったさまざまな接客を行うのも、お店を経営するための重要な仕事となっています。

店内で働くスタッフの教育・管理

店内業務や接客は経営をする上でとても大切な仕事ですが、スタッフの教育・管理も重要な仕事です。コンビニ経営は店長1人ではできないので、一緒に働くスタッフをしっかりと教育することが経営に繋がります。

スタッフの教育をしっかりと行っていなければ、接客対応が悪くクレームを受けることになり、売り上げが伸びなくなってしまうので注意が必要です。また、スタッフとしての教育だけでなく、キャリアアップを考えた教育を行うのも店長の仕事です。その他にも、スタッフのシフト作成や管理など、さまざまな業務を行う必要があります。

コンビニ店長の具体的な仕事内容

商品の発注や廃棄商品の撤去

お店によってはスタッフが行っているところもありますが、販売している商品の発注や廃棄商品の撤去作業を行います。すでに陳列している商品を確認して売れている商品があれば発注する、または新商品が出ている場合は来店するお客さんの思考や商品の売れ行きを考えて発注業務を行いましょう。

ちなみに、発注業務は専用のパソコンを使う、またはタブレットのような機器を使って行うようです。専用のパソコンであればどの商品がどれくらい売れているのか、在庫がいくら余っているのかを確認できるようになっています。

また、発注業務を行う際はできるだけ商品が売れ残らないように行う必要があるので、商品の売れ行きや在庫だけでなく、天候も考えなければなりません。天候の悪い日や梅雨の時期は客足が少なくなかなか商品が売れないといわれています。

金銭関連やスタッフの給料の管理

金銭関連やスタッフの給料の管理も、店長が担当する重要な仕事です。店舗によって異なりますが、売上金を本部へと送金したり、盗難や強盗被害を抑えるためにレジ内の金額調整を行ったり、金銭関連の管理は責任が問われるため、店長が行っている店舗が多いでしょう。

他にも、釣銭切れを防止するために小銭の両替を銀行で行うのも大切ですし、スタッフの給料を管理するのも店長が担当する仕事の一つです。しかし、給料の管理に関してはオーナーが行っているところもあるため、細かい仕事内容はお店によって異なります。

販促物の展開と店内の装飾

コンビニでは定期的に何かしらのキャンペーンが行われるため、その度に本部から販促物が送られてきます。そのため、販促物はキャンペーン開始に合わせて店内に展開して、お客さんにアピールしなければなりません。

購入金額に応じたくじ引きや割引キャンペーンなどが行われる場合は、このような販促物の展開業務を行います。また、店舗によっては販促物とは別に、商品の売り上げ向上を考えた店内の装飾を行うのも店長の仕事となっています。

お店の外からでも見てわかるような装飾を施すことで、他の店舗よりも来店するお客さんを増やすことができます。客足は売上に比例してくるので、どのような装飾を行うのかを考えて実行するのも重要な仕事です。

機械系統の点検と故障時の対応

コンビニでは、総菜やドリンクを適温で管理・販売するための冷蔵庫やアイスクリームを管理・販売する冷凍庫、お弁当を温める電子レンジなどのさまざまな機械を取り扱っています。そして、品質管理をしっかりと行うために、温度のチェックを毎日行う必要があります。

また、使用している機械が故障した場合は、早急に改善しなければなりません。そのため、機械系統が故障した場合は提携する業者に連絡をして、修理の依頼をおこないます。コンビニによっては冷蔵・冷凍庫や電子レンジだけでなく、ソフトクリームを販売する機器や総菜などを作るフライヤーなどを使用しているところがあります。

そのような機械が故障してしまうと、お店の売り上げに関わってくるので、故障が判明した時点で早急に対応する必要があります。

コンビニ店長の仕事のやりがい

売上が前年比と比べて上昇した

コンビニ店長は店舗管理を行うのが主な仕事なので、売り上げが前年比と比べて上昇していると、達成感ややりがいを感じられるそうです。店長であれば売り上げを考えるのは当然のことですし、少しでも収入を増やすためにさまざまな努力を行っています。

数多くの業務を行う店長はとても大変な仕事ですが、その努力が売り上げに反映されれば、コンビニ店長をやっていて良かったと思えるでしょう。

周囲から頼られていると実感できたとき

コンビニ店長の仕事のやりがいには、一緒に働くスタッフや上司であるオーナーから頼られていると実感できたときという意見もありました。人から頼られるということはそれだけ信頼されている証なので、店長としてはとても嬉しいことです。

予想通りの商品発注ができたとき

発注業務はコンビニ店長の仕事の中でも特に重要なもののひとつです。売れ行きを予想して発注することになるため、その予測がドンピシャで当たり、過不足なく発注したものが売れていくことはやりがいを感じられる瞬間のひとつです。常に先を読んで、売れ行きを確かめておくことも重要になります。

推している商品が想像以上に売れたとき

推している商品が自分の想像していた以上に売れたとき、やりがいを感じられるという意見も挙がっていました。お店に来店するお客さんの思考を読み取ることができていますし、どのような商品が売れるのかということをしっかりと把握していることが証明されるので、とても大きなやりがいを感じることができるのでしょう。

コンビニ店長の仕事内容まとめ

コンビニ店長は複数の仕事を担当している

コンビニ店長の仕事内容は、ご紹介したように複数の仕事を担当しているため、とても大変な仕事となっています。通常業務から店長業務までの幅広い仕事を行わなければならないため、「仕事がつらい」と感じるときもあるでしょう。

しかし、仕事が大変な分さまざまなやりがいを感じられる仕事でもあります。ですので、お店を経営してみたいと考えている方は、ぜひコンビニ店長という職業を検討してみてはいかがでしょうか?

コンビニ店長の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

コンビニ店長の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB