アートディレクターの資格・試験とは?役立つ資格の特徴や試験の難易度、合格率などを解説

アートディレクターの資格・試験とは?役立つ資格の特徴や試験の難易度、合格率などを解説

アートディレクターにはさまざまなスキルが求められますが、必須となる資格はあるのでしょうか?また、必須資格がなかったとしても、持っておいた方が良い資格があれば、ぜひ取得しておきたいものです。そこで、今回はアートディレクターの資格についてご紹介していきます。試験の難易度や資格取得ができる学校などもまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

アートディレクターの資格とは?

アートディレクターとしての資格は存在していない

デザイン作成の仕事を担うアートディレクターですが、結論からいって必須となる資格は存在しないといわれています。そのため、「○○の資格がなければアートディレクターにはなれない」というわけではなく、どちらかというと経験やスキルが重視される職種となっています。

一般的には、デザイナーからアートディレクターになる方が多く、基本的なデザイン関連のスキルや知識は持っていますし、デザイナーになる時点で必要な資格や持っておきたい資格を取得している方が多いです。また、看護師や医者のように「アートディレクター」という資格がないため、特別な資格を取得する必要はないようです。

むしろ、仕事全体をまとめるコミュニケーション能力や、完成したデザインの品質チェックなど、管理職のようなスキルの取得が重要になるでしょう。

持っておきたい資格は存在する

必須となる資格はありませんが、アートディレクターとして働く上で持っておきたい資格は存在しています。というのも、アートディレクターになる方の多くはデザイナーとしての経験を積んでいる方が多い傾向がありますが、中にはデザイナー経験がないという方もいます。

このような方はデザインに関する知識や技術を身に着けるために、デザイン関連の資格は持っておきたいものです。専門の学科を設けている大学や専門学校はもちろんのこと、インターネットを使った方法や通信講座などを使えば、必要な資格を習得することが可能です。

現在仕事をされている方でも取得できる方法があるので、アートディレクターを目指している方であれば、持っておいた方が良いと思う資格を取得してみてはいかがでしょうか?

資格があっても転職に有利になるわけではない

アートディレクターとして持っておきたい資格はありますが、その資格を持っているからといって転職に有利になるというわけではありません。というのも、上記でもお伝えしたように、アートディレクターに求められるのは豊富な経験と高いスキルです。

アートディレクターは実際にデザイン作成を行うのではなく、現場の管理・完成作品の品質チェック・クライアントとの打ち合わせなどが主な仕事です。一般的な職種で例えるなら管理職のポジションになるので、知識・経験などを求められます。

そのため、たくさんの資格を持っているからといって大規模な会社への転職に成功するというわけではないので、転職目的で資格を取得しても意味がありません。

アートディレクターに関する資格の難易度・合格率

資格取得の難易度はそれほど高くない

アートディレクターが持っておきたい資格の取得ですが、難易度はそれほど高くないといわれています。しっかりと勉強しておけば試験にも合格できますし、必要な資格を取得できるので、あまり難しく考えなくても良いといえるでしょう。

ですが、デザイン関連の資格なので、専門的なことを学ばなければなりません。ですので、勉強の時点では苦戦することがあるかもしれませんが、きちんと勉強していれば自分が求める資格を取得することができるでしょう。

経験重視の職種だが資格取得はムダにならない

アートディレクターには必須となる資格がないため、「他の資格は必要ないのでは?」と考える方もいるでしょう。また、アートディレクターは資格ではなく、経験やスキル重視の職種なので、新たに資格を取得する必要はないと考えている方もいるはずです。

しかし、アートディレクターは実際にデザイン作成を行わないものの、品質チェックや修正の指示を出す責任者なので、デザイン関連の資格取得は仕事に役立てることができます。

ですので、必須資格はありませんが、デザイン関連の資格を持っておくことは決してムダになることはないので、持っていない資格でなおかつ仕事に役立つものであれば、資格を取得しておくことをおすすめします。

デザイナー経験のない方にとっては難しく感じることも

アートディレクターは元デザイナーの方が多いですが、中にはデザイナー経験のない方もいます。そういったかたはデザイナーとしての知識や経験が少ないため、資格取得が難しいと感じることがあるようです。

最低限、基礎的な専門知識は学ぶ必要がありますし、そういった方はデザイナー経験を持つ方に比べて資格取得に向けた勉強量が多くなるでしょう。しかし、一度身に着けた知識や資格は必ずアートディレクターとしての仕事に役立つので、ぜひ自分が必要だと思う資格を取得してみてください。

その他のアートディレクター関連の資格

CGの手法や構図の基礎知識を身に着ける「CGクリエイター検定」

仕事を依頼してくれるクライアントによって、当然ですが求めるデザインは異なります。中にはCGを使ったデザインを依頼するクライアントも少なくないため、CGの手法や基礎的な知識を身に着けることができる「CGクリエイター検定」の取得がおすすめされています。

2Dや3Dはもちろん、カメラワークや構図などを使った映像作成も可能になるので、クライアントの意向に従い、満足してもらえる作品を作るのであれば、こちらの資格を取得してみてはいかがでしょうか?

誌面のデザインや印刷工程の知識が得られる「DTPエキスパート」

DTPエキスパートという資格は、「日本印刷技能協会」が行っている認定試験となっていて、誌面のデザイン作成や印刷工程の知識を得ることができる資格となっています。雑誌や広告などのデザイン作成に携わるアートディレクターであれば、スキルアップにもなるため取得されている方が多いようです。

また、資格取得の試験ではDTPの知識はもちろん、専用のコンピューターなどの知識が求められます。しっかりと勉強をしていれば試験に合格することができるので、必要だと考えている方は、ぜひDTPエキスパートの資格試験を受けてみてください。

色彩を活用するための「色彩検定」

デザイン作成において色彩はとても重要なものになるため、より優れた作品の制作やスキルアップを目指すのであれば、「色彩認定」を受けることをおすすめします。特にデザイナー経験のない方であれば、色彩の基礎知識や実践的な活用法を身に着けることができます。

色彩はデザインを見た人の心を動かす重要なポイントの1つなので、こちらの資格を取得することで、広告デザインの制作にとても役立つでしょう。クライアントが満足できる作品制作ができれば今後の信頼にも繋がるので、ぜひ色彩検定を受けて仕事に役立ててみてください。

アートディレクターの資格が取れる学校

デザイン工学を学べる大学や専門学校

現在学生さんの方で将来的にアートディレクターを目指すのであれば、「デザイン工学」の学科を設けている大学や専門学校への進学がおすすめです。基礎的な知識を学びながら必要な資格を取得することができるので、広告代理店や出版社などへの就職が可能となっています。

ビジネス能力認定「サーティファイ」

自宅で勉強しつつ資格を取得するのであれば、インターネットを使って資格を取得できる「サーティファイ」を利用してみてはいかがでしょうか?サーティファイはビジネスに役立つさまざまな知識や技術を学ぶことが可能で、資格を取得できる試験も実施しています。

利用者の80%は実務的な経験ができると評価しているので、一度サーティファイを使って勉強や、資格取得をされてみてはいかがでしょうか?

アートディレクターの資格・試験まとめ

必須となる資格はないが、持っておくことで役に立つ資格は存在する

アートディレクターには必ず必要という資格はありませんが、仕事に役立てる、またはスキルアップなどでおすすめされている資格があります。特に、デザイナー経験のない方はアートディレクターとして身に着けておくべきスキルが少ないので、そういった方はご紹介した資格を取得しておくと良いでしょう。

試験の難易度もきちんと勉強しておけばそう難しくはないので、安心して資格を取得することができるでしょう。これからアートディレクターを目指している方は、ぜひこちらの記事を参考にして、仕事やスキルアップに役立ててみてください。

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アートディレクターの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB