アフィリエイターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

アフィリエイターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

アフィリエイターは、運営するサイトやブログ、メルマガに広告を載せて、その広告をサイト訪問者がクリックしたリ、商品を購入したリ、サービスに申し込むことで報酬が発生し、それを得ることを仕事にしています。本記事では、アフィリエイターの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

アフィリエイターとはどんな仕事?

アフィリエイターはアフィリエイトで収入を得るのを仕事にしています。

アフィリエイターの仕事を理解するためには、まず「アフィリエイト」について知る必要があります。

そもそもアフィリエイトとは?

「アフィリエイト」とは、webサイトやブログ、メルマガなどに企業(広告主)の商品やサービスに関する広告を掲載し、それをサイト訪問者がクリックしたリ、商品を購入したリ、サービスに申し込んだりすることで報酬が得られるという仕組みです。

ですから、アフィリエイターはサイトやブログに人を集めるために、サイト運営、記事などのコンテンツの作成、広告の選択など様々な仕事を行います。

アフィリエイターの具体的な仕事内容

アフィリエイターはサイトやブログの運営、コンテンツの作成が主な業務です。こうした主な仕事の中で具体的にどんな仕事を行っているのかを紹介します。

記事の執筆

サイト訪問者を獲得したリ、増やしたりするためには、記事などのコンテンツをある程度揃えなければなりません。そのために記事を執筆する必要があります。

アフェリエイターとして活躍している方はどんなジャンルの記事を書いているのかいくつかの例を紹介します。

  • 医療・健康グッズ
  • 医療
  • 就職・転職
  • ネット回線
  • 美容
  • 学び・資格

こうした大勢の人が関心を持つ分野を選び具体的な記事を書きコンテンツを増やす、更新するのがアフェリエイターの仕事です。

競合サイトとの差別化を図るために、記事などのコンテンツを作成するときには、独自の調査に基づいた記事を執筆する、たくさんの人の興味を引くニュースを取り上げることもあります。

アフィリエイターの仕事で成果に結びつくサイトを作るには、他のサイトにはない情報を提供したリ、専門性の高い知識を提供することがカギになります。

記事の編集

アフェリエイターが自分で記事を書く場合でも、外注のライターに記事執筆を依頼する場合でも、編集作業は必要になります。

文法の間違い、変換ミスなどが多いサイトは、サイト訪問者の離脱につながります。編集で間違いを校正できます。さらに、検索するときに使われるキーワードが記事内にふさわしい程度使われているかどうかなどをチェックします。

リライト

アフィリエイターはもともと自分の運営するサイトやブログにある過去の記事が最新の情報と調和するようにリライトすることもあります。情報が古いとサイト訪問者がサイトから離脱したリ、検索エンジンの上位に表示されなくなるからです。

情報収集

検索エンジンで自分のサイトやブログが上位に表示されるようにするためには、サイト訪問者にとって価値あるサイトすることがカギです。

アフィリエイターは、一般の方がどんな問題や悩みを抱えているのか、どうすればそれを解決できるのか、どんな商品やサービスがそれを解決する助けになるのかなどを考え、その商品やサービスなどを紹介するための記事やメルマガなどを執筆します。

消費者のニーズ、それを満たす商品やサービスをマッチングさせるという情報収集もアフェリエイターの仕事の大切な部分です。

広告の選定

Webサイトやブログに掲載する記事のキーワードやテーマなどが決まったなら、それに対応した広告を選ぶのも仕事です。

「ポイントがお得に溜まるクレジットカード」に関する記事を書くなら、それに対応した広告主と商品やサービスを探します。「家庭用脱毛器」に関する記事を書くなら、脱毛器の広告を探します。

アフィリエイターの利用満足度が高いと評判のアフィリエイトASPサービスの「A8.net」には19,000社以上の広告主がいます。こうしたサービスを利用するなら自分で広告主を探す必要がなく、自分が掲載したいと思う広告をすぐに見つけることができます。

参考リンク:A8.net

ニュースを知る

トレンドアフィリエイトという分野のアフィリエイトの方法を利用しているアフィリエイターは、ニュースやトレンドを知るというのも重要な仕事のひとつです。

トレンドアフィリエイトとは、政治や社会、芸能関係のニュース、ファッション、フード、グッズ、ドラマやアニメなど、世の中で話題になっている出来事やニュースなどをサイトやブログ内で取り上げます。それにより大勢の人を集め、広告クリックによる収入、もしくは広告バナーを通じての商品やサービス購入による成功報酬を得るという手法です。

トレンドアフィリエイトで人数を集めるためには、世の中のニュースやトレンドをキャッチし、それを毎日記事にして更新するスピードが求められます。トレンドアフィリエイトやGoogleアドセンスで収入を得ている方はこうした仕事も毎日行っています。

サイト設計

サイト内にたくさんの記事があっても、自分の欲しい情報が探しにくいと訪問者が感じたなら、その人はサイトから離脱し、他の競合サイトに流入します。ですから、サイト訪問者が見やすい、使いやすいようにサイト設計するのもアフィリエイターの仕事です。

当たり前のような簡単な例を挙げれば、
①トップページ→②カテゴリーページ→③それぞれの記事
という具合に内部リンクでつながっているようにサイト設計されていれば、検索エンジンにも、サイト訪問者にも親切で分かりやすいサイトとなります。

アフィリエイターの仕事のやりがい

サイトやブログ内に企業の広告を載せ、サイト訪問者がそれをクリックしたリ、商品を購入したリ、サービスに申し込むことで報酬が得られるというのがアフィリエイトで、これを仕事にしているのがアフィリエイターです。

では、この仕事のやりがいはどこにあるのか次に紹介します。

成功すれば大きく稼げる

アフィリエイターとしての仕事は、確実に収入が得られるようになるまでは時間がかかると言われています。しかし、人を効果的に集めることができるサイトを作ることができれば、大きく稼ぐことも夢ではありません。これが仕事のやりがいに結びつきます。

例えば、先ほど紹介したアフィリエイトASPサービスの「A8.net」では、成果報酬BEST8を毎月公開しています。

その情報では、医療・健康グッズ系のブログで、1ヶ月600万円に近い報酬を得ている会員がいるという記録が公開されています。ですから、成功すればガッツリ稼げるというのがアフィリエイターの仕事の魅力です。

自由な働き方ができる

会社や上司に縛られることなく自由に働けるというのもこの仕事の魅力です。さらに時間や場所にも縛られずに働くことができます。

ネットとパソコンがあれば、都会から離れた景色のいい田舎でも、海外でも仕事を続けることができます。実際にアフィリエイターの中には、日本を離れて物価の安い海外で快適に生活しているという方も多くいます。

会社員のような安定性をアフィリエイトの仕事に求めることは難しいですが、時間的・場所的・身体的・精神的な自由を楽しみながら仕事をすることができます。

副業にもできる

アフィリエイトの仕事は副業にもなるというのも魅力です。本業の合間にブログを更新する、家事が終わってから記事を更新するなど、会社員や主婦でも仕事にすることができます。

もし、アフィリエイターとして成功すれば、そのノウハウを人に教える講師やコンサルタントとしての仕事も見えてきます。副業にもなれば、次のビジネスチャンスにつながる機会にもなるのがこの仕事の魅力、やりがいです。

アフィリエイターの仕事内容まとめ

サイト運営やコンテンツの作成・情報収集が主な仕事

アフィリエイターは、自分の運営するサイトやブログに人を集め、広告をクリックしてもらい、そこで生じた商品の購入、サービスの利用などから成功報酬を得るアフィリエイトを仕事にしています。

サイトに人を効果的に集めるために、ユーザーニーズを満たす役立つ情報が載せられた記事を執筆したリ、そのために必要な情報を集め、記事の編集・リライトなども行います。

サイトを立ち上げてから収入が得られるまで時間がかかると一般的には言われていますが、効果的に集客できれば、確実に稼ぐことができます。この仕事は、ネットとパソコンさえあればどこでもできる仕事なので、自由度が高いというのも魅力です。

コツコツ努力すれば稼げるアフィリエイターですが、本業もしくは副業として自分の仕事にしてみるのはいかがでしょうか?

アフィリエイターの参考情報

平均年収1万円~6000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アフィリエイターの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB