DTPデザイナーになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

DTPデザイナーになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

DTPデザイナーになるには、特に資格がなくても問題ありません。しかし、専門的な仕事内容なので編集ソフトの使い方や印刷関係の知識が必要になります。大学や専門学校でもデザインの基礎を学ぶことができますし、時間とお金を節約したいという方は民間の講座や独学での学習も可能です。本記事では、DTPデザイナーになるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

DTPデザイナーになるには何が必要?

DTPデザイナーは資格なしでも働けるため、誰でも目指せる

DTPデザイナーになるために、特別な資格は必要ではありません。やる気と適性が備わっていれば誰でもなれる職業です。

大学や短大、専門学校を卒業していなくてもアシスタントとして入社して、先輩デザイナーの手伝いをしながらスキルを磨き、最終的には独立したDTPデザイナーとして活躍する人も大勢います。

独立したDTPデザイナーとして有名になれば収入も増えますし、自分の作品が世間に広まり、仕事のやりがいを一層感じることができます。

DTPデザイナーは専門性の高い仕事です。そのため、大手の印刷会社やデザイン会社の場合は高学歴が求められていることが多く、四年生の大学卒業が応募要項に含まれていることもあります。場合によっては学歴と経験が求められることを覚えておきましょう。

就職するにはスキルと経験が求められる仕事

DTPデザイナーになるための特別な資格はありませんが、就職するためにはデザインのスキルと経験値が重要になってきます。

有名な印刷会社やデザイン会社の場合、未経験者の応募は行っておらず、なにかしらの印刷知識やデザインに関する知識を持っている人の募集が多いようです。以前に印刷会社に就職していたり、デザイン関係の資格やソフトの使い方を熟知していると有利になるでしょう。

また、新卒者採用の場合は美術系大学や専門学校卒業生を優遇する求人も多くみられます。DTPデザイナーは無資格でも働くことはできますが、スキルや経験が必要になる専門性の高い職業なのです。

デザインソフトのスキルがあれば就職で有利になる

印刷会社でのデザインや印刷経験がなくてもデザインソフトに関する知識を持っていると就職に有利になります。一般的には以下のソフトの使い方をマスターしておくといいでしょう。

  • Illustrator(イラストレーター)
  • Photoshop(フォトショップ)
  • InDesign(インデザイン)

印刷会社や出版社、広告代理店ではこれらのDTPソフトを使ってデザインを行っています。これらのソフトを使うことで図版や写真、文章を組み合わせて原稿を作ることができ、最終的には印刷まで完了させます。

資格なしでも働ける仕事ですが、これらの使い方をマスターしておくことで、他の人よりも有利に自分をアピールできるでしょう。

DTPデザイナーに向いている人、適正がある人

印刷に関する基本的な知識を持っている人

DTPデザイナーはコンピューターを使って広告・雑誌・本などのレイアウトやデザインを作成します。そのため、印刷に関する基本的な知識が必要になります。デザインの理論や印刷工程などを理解しておく必要があるでしょう。

成功するにはクリエイティブ性が必要

DTPデザイナーとして成功するためには魅力ある作品を作り出さなければいけません。見た人を引き付けるような広告、デザインを作り出すためにはクリエイティブ性が欠かせません。

最近はWEBデザインや広告が主流になっていますが、それでも紙媒体のデザインも必要とされています。魅力のあるデザインを作り出した時の効果性は非常に高く、利益も跳ね上がります。

本当に価値のある広告やデザインは人を行動へと動かすものです。そのような作品を作り上げるためにはデザインセンスが必要となり、人と違った視点や考え方が求められます。

自身のクリエイティブ性やカリスマ性が認められれば、DTPデザイナーとして独立することも夢ではありません。非常に大きな可能性のある職業と言えるでしょう。

DTPデザイナーにはコミュニケーション能力が必要

DTPデザイナーは椅子に座って、ひたすらコンピューターと向き合う仕事と思っている方も多いようですが、実際は違います。より作品を生み出すためにはコミュニケーション能力が求められます。

自分のしたいように仕事をする、という考え方では成功は難しいかもしれません。どのようなコミュニケーション能力が必要となるのかご紹介します。

クライアントの希望を聞き出す能力

印刷会社やデザイン企業ではクライアントの注文や要望を受けて作業に取り掛かります。費用やデザイン性、ターゲットとする相手などを把握するためにミーティングが行われます。

クライアントがどのような作品を求めているのかを的確に把握できなければ納得できるデザインは生まれないでしょう。時には細かな質問をして、クライアントの要望を聞き出すことも必要になります。

お客様との打ち合わせの段階でどの程度しっかりとしたコミュニケーションが取れているかで作品の良し悪しが変わることもあります。

YESマンではなく自分の意見を伝える能力も必要

クライアントの要望を聞くだけではなく、自分の意見やイメージを的確に伝えるコミュニケーションも必要になります。ただ相手の件を聞くYESマンではなく、デザインのプロフェッショナルとしてよいものを作りたいという思いを相手に理解してもらい、考えを擦り合わせる必要があります。

その際には自分の言いたいことを言うという態度ではなく、相手の考えを尊重しながら話し合いを進めていかなければいけません。一流のDTPデザイナーは自分のデザインを宣伝するプレゼン力も優れているといわれています。高いコミュニケーション能力は大きな強みになります。

ディレクターとのコミュニケーションや社内でのチームワーク

DTPデザイナーは単独で仕事を行うのではありません。デザイン・ディレクターや社内のデザイナーと協力して作業を進めていきます。

そのため、社内でのコミュニケーション能力やチームワークも欠かせない要素になります。高い技術力とデザイン性があっても、社内でのコミュニケーションが上手くいかないと仕事にも支障が出てしまいますし、職場の雰囲気も悪くなります。

DTPデザイナーは孤独にデザインを作り上げていくというよりは他の人と協力して作業を進めていく必要があることを覚えておきましょう。

トレンドに対するアンテナ、敏感さ

新鮮なデザインを生み出し続けるためには雑誌や本に興味があり、他の人の作品に触れておくことが重要です。他の人の作品を参考にして自分のデザインを作り上げていくこともあるでしょう。

また、斬新なアイデアを出すためには新しいトレンドに敏感である必要もあります。世間が必要としている価値観や時代の流れを捉えることで人の心に達するデザインを作り上げることができます。

常にデザイン業界にアンテナを張っておくことや時代の流れを敏感に察知することなどが求められるでしょう。

意外に体力が必要な仕事

DTPデザイナーは内勤ですが体力勝負な部分もあります。なんどもレイアウトを見直し、修正を行うためには残業が必要になることもあります。大きなプロジェクトを抱えれば休日も作業して締め切りまでに間に合わせなければいけないこともあります。

作業時間が長くなったとしても自己管理をして体調を整えておく必要があります。会社によっては定時で帰れるポストもあるかもしれませんが、基本的には体力勝負になると思っておいた方がいいでしょう。

DTPデザイナーには根気強も必要

DTPデザイナーの役目はデザインを作ることだけではありません。クライアントからの修正依頼を行なったり、レイアウトの調整を行なう必要があります。

地道にコツコツを作業を続けていく必要があり、根気強さを求められる仕事です。毎日、目標とノルマを決めて着実にこなしていける人はDTPデザイナーに向いているでしょう。

緻密さと正確さ作業が求められる

DTPデザイナーは写真や文字、デザインを修正する際、一ミリ単位の細かい作業をしていかなければいけません。小さなミスも見逃さずに修正し、印刷まで仕上げることでクライアントからの信頼を勝ち得ることができます。

もし誤字や脱字があったまま印刷してしまうと大幅な費用ロスになりますし、クライアントにも迷惑をかけてしまいます。緻密な作業を正確に行える人はDTPデザイナーに適しているでしょう。

モノづくりに対する情熱は欠かせない

DTPデザイナーにはモノづくりに対する情熱が必要です。いいものを作りたいという思いがなければモチベーションが続かず、途中で断念してしまうかもしれません。一つのデザインを作り上げるためには手間と時間が必要になります。

いくつもの工程を経て一つの作品が完成しますが、それら工程の背後にあるものはモノづくりへの情熱と言ってもいいでしょう。手間や時間がかかってもいいものを世に送り出したい!という願いが根底にあれば根気強く、辛抱強く仕事を行えるでしょう。

自分のスキルと経験を磨きたいという気持ち

DTPデザイナーとして成功していくためには自分のスキルを磨きたいという強い気持ちが必要です。クライアントから求められる要望と注文に真摯に向き合い、高い実力が求められる環境を自分を成長させていきたい願いが必要でしょう。

インターネットが普及している今の時代、DTPデザイナーとして成功するのは簡単なことではありません。しかし、スキルと経験の向上精神があれば、将来的にはフリーランサーのDTPデザイナーとして成功できるかもしれません。

DTPデザイナーになるための学校や講座

DTPデザイナーになるためには印刷会社やデザイン企業に就職することが必要です。特別な資格が求められるわけではありませんが、デザインの基礎知識やデザインソフトの使いかをマスターしておくと就職に有利になります。

そのため、DTPデザイナーを目指している人の多くは学校や講座を受講しているようです。DTPデザイナーになるための学校と講座をご紹介します。

大学・短大|じっくりとデザインの基礎を習得できる

デザイン・美術系の大学や短大ではデザインの基礎知識をしっかりと学習できます。大手広告代理店や印刷会社では4年生大学の卒業を求人の必須項目にしているところもあります。

名の知れている大学にはデザイナーとして成功しているプロフェッショナルが講師として招かれることもあり、デザイン業界の最前線に触れることができるでしょう。

長期間の通学になるため一定の費用が掛かってしまいますが、将来的のためにデザインの知識を蓄えたい方は大学または短大進学を選ぶようです。しかし、働きながら通学することは現実的に難しく、すでに社会人として活動している人にとっては大学・短大での知識習得は難しいでしょう。

専門学校|より本格的なデザインのスキルの習得が可能

大学よりも短い期間でDTPデザイナーとしての知識を習得したい場合は専門学校を選択することもできます。比較的短期間で習得できるカリキュラムが用意されているので、社会人であっても通うことが可能でしょう。

大学や短大よりも最新の機材が揃っていることが多く、DTPデザイナーとして必須のPhotoshopやIllustratorなどの画像加工ソフトの使い方も学ぶことができます。専門学校を卒業した後は印刷会社や広告代理店に就職する人が多く、学校で習得したスキルを活かすことができるでしょう。

民間のDTPデザイナー養成講座を受講する

民間の養成講座でもDTPデザイナーとしての勉強をすることができます。効率を重視したカリキュラムに沿って学習できるので比較的短期間でスキルと知識を習得することが可能です。

また、オンラインでの受講も可能な場合が多いので社会人や時間に余裕のない方が利用しているようです。地方に住んでいるために通学に時間がかかったり、主婦のためにまとまった時間が取れない方のために、多種多彩な学習形態とカリキュラムが用意されているので自分に合ったものを選ぶことができます。

大学や専門学校に通うよりも費用を抑えることができるので主婦、サラリーマンなどにもおすすめです。

独学でDTPデザイナーを勉強する

時間や場所にとらわれず、自分のペースで学習を勧めたいのであれば、独学でDTPデザイナーとしての知識を身に着けるのがいいかもしれません。市販教材やネット教材を活用しながらソフトの使い方やデザインの基礎・応用などを学んでいきます。

実際的なスキルを身に着けるためにはフリーランサーとして仕事を受注できるように努力するといいでしょう。テストトライアルなどを受けることによって自分の実力を測ることができますし、デザインの世界で何が求められているのかを感じることもできます。

独学でDTPデザイナーとしての知識を習得することは不可能ではありませんが、強い意志と継続力が求められます。

DTPデザイナーに関係する資格

DTPデザイナーになるためには、編集ソフトの使い方を習得する必要があり、就職のために以下の資格を持っておくと有利になるでしょう。

  • DTPエキスパート
  • DTP検定
  • Photoshopクリエイター能力認定試験
  • Illustratorクリエイター能力認定試験
  • アドビ認定エキスパート
  • 色彩検定

上記の資格を取得しておくと就職や転職際に有利になるかもしれず、自分の希望する会社への入社を後押ししてくれるかもしれません。

これらの資格は大学や専門学校でも取得できますが、独学でも取得が可能です。参考書や対策本を購入して地道に学習することで将来への道が開けるでしょう。

DTPデザイナーになるには?まとめ

DTPデザイナーは資格がなくても働ける。スキルと適性は必要

DTPデザイナーになるには、基本的に業務上で使用するソフトの知識などが求められますが、資格がなくても働くことができます。実際、求人の中には未経験・無資格も応募できるものもあります。

DTPデザイナーになると、自分のデザインセンスとスキルを伸ばせる環境が整っているので、デザイン系に関心のある方は一度挑戦してみてもいいでしょう。

また、自分の技術力が認められればDTPデザイナーとして独立して仕事を受注することも可能です。雇われ時よりも多くの責任と仕事量が求められるかもしれませんが、自分の可能性を最大限に試すことが可能です。

DTPデザイナーは特に資格なしで始められますが、とても可能性の大きい職業と言えるでしょう。

ミイダスで「あなたの適正年収」を診断可能!

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値、スキル、パーソナリティを診断・データ分析できるサービスです。

DTPデザイナーの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

DTPデザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB