グラフィックデザイナーの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

グラフィックデザイナーの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

グラフィックデザイナーに役立つ資格はたくさんありますが、特にアドビ社のソフトはデザイン界で多く使用されているので、Photoshop(R)クリエイター能力認定試験やIllustrator(R)クリエイター能力認定試験などを持っておくといいでしょう。他にも色彩検定やDTP検定などもあるので自分のスキルに合わせて挑戦することをおすすめします。本記事では、グラフィックデザイナーに役立つ資格など、資格試験についてご紹介します。

グラフィックデザイナーに役立つ資格とは?

グラフィックデザイナーは資格がなくてもなることができますが、デザインに関係する資格を保有しておくことで、一定のスキルをアピールすることができます。

グラフィックデザイナーに役立つ資格をご紹介します。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験とは、アドビ社が運営している資格試験で、画像の加工や修正、調整するための能力を培います。グラフィックデザイナーになるためには、画像の修正や加工に関するスキルが必須になるので是非とも持っておきたい資格です。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験には、スタンダードコースとエキスパートコースがあり、エキスパートコースに合格した場合、クライアントからの依頼に基づいてクオリティの高いデザインを作成できる者として認定されます。

Illustrator(R)クリエイター能力認定試験

Illustrator(R)クリエイター能力認定試験とは、グラフィック業界でよく使われている画像編集ソフトIllustrator(R)の作業能力を問う試験です。

この資格・試験はサーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が主催しており、合格することで文字や図形、イラストなどを制作・加工できるスキルを持っていると認定されます。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験のように、スタンダードコースとエキスパートコースがあるので自分の実力に合わせて受験できます。しかし、大手の広告代理店に就職することを目指しているならエキスパートコースの合格を目指すことをおすすめします。

Adobe認定エキスパート(ACE)

アドビ認定エキスパート(ACE)とは、アドビ製品のソフトに関して十分なスキルと知識を習得することを目指す資格・試験で、アドビ社の製品に応じた試験1つ以上に合格すればAdobe認定エキスパート資格保持者として名乗ることができます。

この試験では、Webサイトのデザイン作成やDTP作業に必要な技術力が問われ、デザイン業界で活躍する人が挑戦しています。主にCG制作や映像編集エンジニアの間で注目されていますが、アドビ社のソフトはシェア率が高いので、合格することでグラフィックデザイナーとしてのスキルもアピールできます。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験やIllustrator(R)クリエイター能力認定試験と同じく、デザインエンジニアとしての力試しの一環として受験する人も多いようです。

DTPエキスパート認証試験

DTPエキスパート認証試験に合格することで、コンピューターを使って印刷物のレイアウトを行えるものとして認められます。グラフィックデザイナーも紙媒体のデザイン作成を行いますから、DTPエキスパート認証試験に合格することで、就職や転職に有利になります。

この資格・試験は公益社団法人日本印刷技術協会が主催しており、デザイン業界でも認知度の高い試験です。デザイン業界で編集作業やレイアウト、オペレーション作業を行なうエンジニアが多く挑戦しており、グラフィックデザイナーにとっても役立つ資格です。

色彩検定

色彩検定とは、色の使い方に関するスキルを向上させる試験で、文部科学省後援の資格となっています。魅力あるデザインを仕上げるためには、色の使い方が重要になりますから、グラフィックデザイナーの目指す人におすすめの資格です。

色彩検定に合格することで、色彩心理に基づいた色使いや配色、色彩調和、インテリアに関するスキルを持つ者として認められます。

インテリアデザイナーやファッションデザイナーなど、デザイン業界で活躍する人が挑戦しており、グラフィックデザイナーを目指すのであれば、ぜひ取得しておきたい資格です。

グラフィックデザイナーに役立つ資格の難易度・合格率

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験

スタンダード、エキスパートともに合格率は68%程度

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験はスタンダードとエキスパートコースに分かれていますが、どちらも合格率は68%程度です。開催される年によって若干の違いはありますが、しっかりとした対策を講じれば合格できる可能性があります。

実技問題と実践問題が出題され、70%以上の正解で合格となります。対策方法としては、参考書を使った問題を何度も解くことが効果的です。

受験料はスタンダードが7,400円、エキスパートが8,400円ですが、料金は変更される可能性があるため事前に確認が必要です。

Illustrator(R)クリエイター能力認定試験

平均合格率は70%程度

Illustrator(R)クリエイター能力認定試験の平均合格率は70%程度となっており、比較的難易度の低い試験といえます。

スタンダードコースの場合、実技試験が65%以上、実践試験が70%以上の整合率で合格となり、エキスパートコースも実技試験が65%、実践試験が70%以上で合格となります。

個人差がありますが、合格に必要な学習期間は1~3カ月程度と言われており、Illustratorの使い方を熟知している人であれば、短期間で合格できるでしょう。

受験料はエキスパートコースが8,556円、スタンダードが7,537円となっていますが、変更される可能性があるため確認が必要です。

Adobe認定エキスパート(ACE)

65%~75%の正解率で合格

アドビ認定エキスパート試験の合格率は非公開のため、正確な数値は確認できませんが、65~75%の正解率で合格となるようです。この試験に合格するためにはアドビ製品の使い方を熟知するだけでなく、的確に使いこなす能力が必要です。

試験はコンピューターを使って実施され、60~90問が出題されます。制限時間1~2時間で回答する必要があるため、資格スクールなどを活用して効率よく学習することをおすすめします。

DTPエキスパート認証試験

平均合格率は56%程度

DTPエキスパート認証試験の合格率は56%程度となっており、合格に必要な学習期間は30~50時間程度と考えられています。年齢制限や国籍の制限はないので誰でも受験可能です。

すでにDTPエンジニアとしてのスキルを持っている人であれば、基本的な問題が多く出題されるので、学習に多くの時間をかける必要はないでしょう。しかし、文字の成り立ちと法令の項目では、細かな問題が出題されるので参考書などを使って対策を講じておく必要があります。

DTPの経験がない人の場合、版面の設計と紙面の設計の項目で専門用語がたくさん出題されるのでしっかりと学習しておきましょう。受験料は20,000円程度となっており、試験は年に2回開催されます。

色彩検定

3級、2級の合格率は60~70%程度

色彩検定は3級から1級に分かれており、3級と2級の合格率は60~70%程度です。決して簡単な試験ではありませんが、しっかりと準備しておけば合格できる可能性があります。

1級になると色彩のプロフェッショナルとしての知識、スキル、応用力が求められるため難易度が高くなります。まずは3級か2級の合格を目指して学習を進めるのがいいでしょう。

3級に合格するためには、色彩調和などの基本的知識が必要になり、2級ではカラーコーディネートに必要な応用知識が求められます。テキストや参考書を何度も解くことで、問題のパターンを掴むことができ、独学でも合格できる可能性があります。

グラフィックデザイナーの資格が取れる学校や講座

東京デザイン専門学校

東京デザイン専門学校では、広告や編集、パッケージ、ウェブ、グラフィックアートの専攻が用意されており、自分のなりたい夢に合わせて選択できます。

アートディレクターや広告デザイナー、Webデザイナーを目指す生徒が多く在籍しており、グラフィックデザイナーになりたいという夢を後押ししてくれます。

資格取得にも力を入れており、色彩能力検定やDTP検定に合格するための対策講座も用意されています。デザインのことを深く学習したいという人におすすめです。

大阪情報コンピューター専門学校

大阪情報コンピューター専門学校には、デザイン・Web系学科が設置されており、グラフィックデザイナーになりたいという夢を叶えてくれます。

デザイン系の資格を取りたい人のために、Webデザイナー検定やCGクリエイター検定、マルチメディア検定色彩能力検定などの対策講座も用意されており、未経験者でもしっかりと学習できます。

この学校では、デザイン業界で広いシェアを持つアドビ社の最新ソフトを用意しており、ハイスペックなパソコン環境を使いながら、グラフィックデザイナーになるための準備を進めることが可能です。

神戸電子専門学校

神戸電子専門学校には、Web・グラフィックデザイン学科が設置されており、ポスター宣伝やWeb広告、パッケージ作成などのデザインの基本から応用までを深く学習できます。

この学校は約96%の就職率を誇っており、大手企業への就職も斡旋してくれるのでグラフィックデザイナーになりたいという人におすすめです。また、学習カリキュラムも充実しており、プロフェッショナルな講師陣が実践で役立つスキルを教えます。

グラフィックデザイナーの資格・試験まとめ

グラフィックデザイナーに役立つ資格はたくさんある

グラフィックデザイナーは資格がなくてもなることができますが、関係する資格を持っておくと就職時に有利になる可能性が高くなります。

特に、アドビ社のソフトはデザイン業界では広いシェアを誇っていますから、Illustrator(R)クリエイター能力認定試験やPhotoshop(R)クリエイター能力認定試験などを持っておくといいでしょう。他にも色彩検定などの資格を持っておくこともおすすめです。

グラフィックデザイナーに役立つ各資格試験の難易度や合格率は資格によって異なるため、自分の実力と経験に合わせて最適な資格・試験に挑戦しましょう。

グラフィックデザイナーの参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

グラフィックデザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB