ルートセールスの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ルートセールスの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ルートセールスは、すでに顔見知りの取引先を訪問し、自社のサービスや商品のアフターフォロー、新商品のセールス、取引先に有益な提案をするのが仕事です。一般的な営業職とは、異なる部分がある仕事です。この記事では、ルートセールスの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどを詳しく紹介します。

ルートセールスとはどんな仕事?

ルートセールスの仕事は、既存の取引先に対しての営業活動です。もう少し具体的に述べると次の3つに分けることができます。

  • 既存の取引先に対して、自社の提供している商品のアフターフォローをする
  • 既存の取引先に対して、新商品や新サービスを売り込む
  • 既存の取引先に有益となる提案をする

いろいろな業界で活躍できる仕事

既存の取引先を訪問するルートセールスは、他にもラウンダーやルート営業と呼ばれることがあります。

ルートセールスとして働ける業界は多岐にわたります。例えば、商社・食品・飲料・医薬品・医療機器・人材サービス・保険・自動車・アパレル・不動産・機械部品・など、さまざまな業界で必要とされる仕事です。

一般の営業とルートセールスの仕事の違い

一般の営業は、顧客や取引先の新規開拓が仕事です。ルートセールスはすでに取引実績のある顧客や取引先を訪問し、納品している商品やサービスについて問題がないかどうか確認したリ、さらなる商品やサービスを売り込むのが仕事です。

これまでに取引のないところや取引を中断しているところを訪問するのが一般的な営業、現在取引しているところを訪問するのがルートセールス、という違いがあります。

商品やサービスのアフターフォローをするのが仕事

ルートセールスの主な仕事は、取引先を訪問し、自社の商品やサービスを提供し、アフターフォローをすることです。ですから、自社の商品やサービス、他社製品やサービスとの相違、お客様に喜ばれるアピールポイントなどを知り、それを説明できなければなりません。

コピー機器や医療機器などのルートセールスでは、自社製品の正しい使い方、メンテナンスの方法なども説明できなければなりません。

新商品やサービスを売り込むのが仕事

新しい商品やサービスが出たら、それを既存の顧客や取引先に宣伝し、売り込むのが仕事です。新商品やサービスに関する知識、これまでの商品やサービスとの違い、おすすめポイントなどを理解し、それを取引先に説明しなければなりません。

取引先に有益な提案をする

取引先の持っている悩みや不満などを聞き出し、それを解決できるような提案を行なう、取引先の収益に結び付くような提案をするというのも仕事のひとつです。

ルートセールスの仕事の具体的な内容

ルートセールスの仕事は、既存の取引先を訪問し、商品やサービスを提供する、新商品を宣伝する、役立つ提案をするといったことが仕事です。次に、こうした仕事に関係した具体的な仕事内容をいくつか詳しく解説します。

ルートセールスの主な仕事は営業活動

自社の扱う商品やサービスの営業活動を行なうのが主な仕事です。パンフレットやカタログ、実際の商品などを持参し、取引先にプレゼンします。

営業には会話力が必要

ルートセールスの仕事を行うためには、会話力が求められます。商品やサービスについて分かりやすく説明できなければなりません。

また取引先の反応を知るためにも、相手の話を聞くという姿勢も大切です。上手に質問するなどして、取引先に不満や悩みがないかどうかを知り、それを営業活動に活かすのも腕の見せ所です。

販売促進活動を行なう

ルートセールスの仕事の中には、販売状況の調査・棚卸・商品の陳列・商品の展示レイアウトの変更なども含まれています。こうした仕事は、自社の売り上げアップにつながる重要な仕事です。

販売状況の調査や棚卸の手伝いなどをすることで、在庫状況や自社商品の売れ具合を把握し、その状況を取引先の担当者に報告できます。それにより、自社商品の仕入れを増やしてもらうことも可能になります。

さらに、店舗内の商品の陳列をきれいにし、目につきやすい場所で陳列してもらえるようお願いできれば、お客様がさらに商品を購入してくれるようになり、自社の売り上げアップに、営業目標達成につながります。

レイアウトを考えるセンスも必要

ルートセールスには、自社の商品を陳列している場所のレイアウトを変更する仕事も含まれる場合があります。販売促進のためのディスプレイやグッズなどを上手にレイアウトし、お客様の目を引き付けて足を止めさせ、購入してもらえるようなレイアウトにしなければなりません。

そのためには、ある程度のセンスも必要です。デザインセンスがあれば最初から問題ありませんが、これも先輩のアドバイスや、取引先の店長や担当者と相談するなどして、スキルやセンスを磨いていけるでしょう。

取引先に応じた提案をする

いくつもの取引先を担当しますが、それぞれの取引先が持つ悩みや不満などを把握し、それを解決するのに役立つ提案や新商品、サービスを提供することも仕事です。

観察力も必要

取引先のニーズは変化します。形式的に得意先を訪問するだけのルートセールスになるなら、こうした状況の変化を見落としてしまう可能性があります。それぞれの顧客や得意先の状況を観察したリ、普段の会話から情報を仕入れるなどするなら、顧客や取引先に常に満足してもらえるような提案やサービスを提供できるでしょう。

仮に、それらが取引先に採用されなかったとしても、取引先の利益を願っているという姿勢は、仕事に対する高評価につながるでしょう。

ルートセールスの仕事のやりがい

ルートセールスの仕事の具体的な内容をいくつか紹介しましたが、次にルートセールスの仕事のやりがい、魅力を紹介していきます。

取引先との信頼関係を築ける

既存の取引先を訪問するので、最初は慣れていなくても、徐々に親しくなって会話ができるようになれば、新商品の宣伝や提案なども行えるようになります。そうすれば、取引先との信頼関係をさらに強くすることができます。自社と取引先とのパイプ役として働けるというのはこの仕事のやりがいです。

結果を残すことができる

ルートセールスの中には、販売状況の調査報告、販売促進や新商品宣伝のための展示レイアウトの変更なども含まれています。担当者に仕入れ数を増やしてもらえた、売り場のレイアウトを変更した結果、販売数が伸びたといった結果を残すことができるというのも、この仕事のやりがいのひとつです。

レイアウトを変更して、その日に販売数が伸びる場合もあるので、努力が結果としてすぐ目に見えるというのもこの仕事の醍醐味です。

直行直帰できる企業もある

企業によってはルートセールスの仕事で直行直帰を許可しているところもあります。それにより自由に使える時間が増えます。子育て中の方や、副業を行っている方、趣味を持っている方などにもこうした点は魅力です。

新規開拓の営業よりもプレッシャーが少ない

ルートセールスは、新しい顧客や取引先を開拓するために、飛び込みで営業するような一般的な営業とはスタイルが異なります。初対面の人とは話すのが苦手、営業成績を残す自信がない、断られると精神的にへこむという方でも、ルートセールスならプレッシャーが少ないので大丈夫という方もおられます。

もちろんルートセールスの仕事でも、取引先の担当者と話し合い、商品やサービスの説明をして売り込みをかける必要はあります。しかし、新規開拓の営業よりも精神的に楽に仕事ができそうというのは、この仕事の魅力のひとつです。

ルートセールスの仕事内容まとめ

ルートセールスの仕事は取引先と自分の会社をつなぐ重要なパイプ役

ルートセールスは、既存の顧客や取引先を訪問し、商品やサービスを提供する、売り上げ増加につながるように展示レイアウトを変更する、取引先の利益につながるような提案や新商品を提供するなどの仕事がありました。

取引先を定期的に訪問し、自社と取引先をつなぐパイプ役となれば、取引先やそのお客様に満足していただくことができ、それがこの仕事のやりがいとなるでしょう。

ルートセールスの参考情報

平均年収350万円~450万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種オフィス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ルートセールスの関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB