商品企画の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

商品企画の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

新しい商品の企画・開発を担当する「商品企画」。就職や転職で人気の高いお仕事だといわれていますが、給与や年収がいくらなのかと気になる方は多いのではないでしょうか?今回は、そんな商品企画の給与や年収についてご紹介していきます。自分が考えたアイデアを商品化できる商品企画を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

商品企画の初任給

商品企画の初任給は約14万円

商品企画に勤める方の初任給は、約14万円となっています。職種によっては初任給20万円のところもあるので、商品企画の初任給は低めといえるでしょう。というのも、商品企画は実績と経験が給与に繋がっているため、初めのうちは収入が少ない傾向があるようです。

そのため、初任給は低めですが経験と実績をしっかりと積んでいけば、満足できる給与を得ることができるようです。どんな仕事も初めから高収入を得ることは難しいので、まずは仕事に慣れることから始めて、経験を重ねて少しずつ実績作りを行っていくと良いでしょう。

実績を積んでいけば給与アップを狙うことが可能

商品企画の仕事は、さまざまなアイデアを元に新商品の開発や既存商品の見直し・改善などを行います。自分が立案したアイデアがプレゼンにて商品化が決定され、人気商品として世に送り出すことができれば、それはあなたの実績になるでしょう。

そして、そのような実績を積んでいけば少しずつかもしれませんが、給与アップを狙うことができるようです。経験が重要視される商品企画での実績作りは、アイデアの元となる情報収集や厳しい意見が飛び交うプレゼンで経営部の社員を納得させるなど、道のりは大変です。

商品企画の平均給与の統計

商品企画の平均給与は約30万円と高め

商品企画の平均給与は約30万円といわれていて、若い方であれば20代からこのような給与を得ることが可能となっているようです。ちなみに、20代の平均給与は約25万円と言われていますが、そこから比べると商品企画の給与は高めといえるでしょう。

ちなみに、同じ商品企画でも業界によって給与額に差があるといわれています。例えば、食品業界と化粧品業界では、化粧品業界の方が高めな給与となっています。就職や転職をする業界によって取得できる給与額が異なるので、少しでも高収入を狙うのであれば、同じ商品企画でも業界はしっかりと選んだ方が良いかもしれません。

年齢によって給与の格差が大きい

商品企画の給与は年齢によって格差が大きいといわれています。入社する企業によって少し異なる場合がありますが、20代であれば約20~40万円、30代であれば約30~50万円、40代になると約60万円以上となっているようです。

しかし、これは経験と実績を積んでいるからこその給与額となっているため、30代で商品企画に勤めたからといって初めから30万円以上の給与が発生するというわけではありません。商品企画として長く務めることが、満足できる給与の取得に繋がります。

役職に就けば高収入を得ることが可能

どんな職種にもいえることですが、役職に就くことができれば高収入を得ることが可能になります。新商品の企画・開発といった仕事に加え、職場の管理や部下の教育なども仕事になるため、一般社員に比べて高い給与を得ることができます。

経験と実績が豊富な人は高収入を狙えるチャンスがある

上記でもご紹介した通り、商品企画のお仕事は経験と実績が求められる職種となっています。そして、豊富な経験と実績を持っている方は、他社からヘッドハンティングを受ける場合があるため、相手企業によってはより高収入を得ることができる可能性があります。

商品企画の平均年収

商品企画の平均年収は400~700万円と高め

商品企画の平均年収は、約400~700万円といわれています。日本の平均年収は約400万円といわれているため、比較すると商品企画の平均年収は高めといえるでしょう。ちなみに、高収入を得られるのは勤続年数が長く、経験と実績を十分に積んでいる40代の方が多い傾向があるといわれています。

ちなみに、20代の平均年収は約500万円、30代の平均年収は600万円となっていて、いずれも日本の平均年収に比べて高めとなっています。アイデアを形に変える商品企画の仕事はとても大変ではありますが、これだけの高収入を得られるのであれば、やりがいを感じることができるのではないでしょうか?

男女で年収額に大きな差ができている

商品企画で働く男性社員と女性社員では、年収額に大きな差があるといわれています。男性社員の平均年収が約600万円なのに対して、女性社員の平均年収は約400万円となっているようです。

女性の場合は日本の平均年収とほぼ同じ金額となるため、高収入を得たい女性の方にはあまり向いていない職種なのかもしれません。しかし、当然就職する企業によって異なりますし、役職に就くことで年収をアップさせることができます。

「自分で考えたアイデアを商品化させたい」「人気商品の企画・開発に携わりたい」など、商品企画として働く強い目的がある女性の方は、ぜひ一度経験されてみてはいかがでしょか?

勤続年数が長くなれば高収入も夢じゃない

勤続年数が長い方の多くは、それ相応の経験と実績が豊富ですし、役職についている方も多いです。そのため、長く務めることができれば仕事は大変かもしれませんが、より高収入を得ることができます。

ちなみに、高収入を得ている方の中には、年収1,000万円という方もいるようです。また、そんな高収入を得ている方の割合ですが、全体の約6%が男性、1%が女性といわれています。

少ない割合ではありますが、実際に商品企画の仕事で年収1,000万円を得ている方がいるようです。ですので、これから就職・転職をされる方、またはすでに商品企画の仕事をされている方は、豊富な経験と実績を積んで高収入を目指してみてはいかがでしょうか?

商品企画の給料・年収まとめ

商品企画の年収レベルは高め。経験と実績が収入へと繋がっている

商品企画の年収レベルは、経験と実績が必要になりますが高めとなっています。しかし、男性社員と女性社員では収入額に格差があるため、女性の方が少ない給与・年収となっているようです。

ですが、中には年収1,000万円を得ている方も存在しています。長く務めることで経験と実績を積んでいるのはもちろんのこと、役職に就いたりヘッドハンティングを受けたりすることで、高収入を得ることが可能になるでしょう。

また、商品企画は自分で考えたアイデアを商品化させることができる仕事なので、目に見えたやりがいを感じることできる職種です。人気商品になれば経験と実績だけでなく、自信も身についてくるので、収入だけでなくやりがいを感じられる職を探している方は、ぜひ商品企画を目指してみてはいかがでしょうか?

商品企画の参考情報

平均年収400万円〜700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種オフィス

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

商品企画の関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB