経営企画の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

経営企画の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

経営企画は、社内の調整や資金調達、新事業の企画など、難しくも責任重大な業務を担当するため収入水準は高いものとなっています。では、経営企画という職業において、給与や年収の実情はどのようになっているのでしょうか。本記事では、経営企画の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

経営企画の初任給

経営企画の初任給は平均21万円前後

経営企画の初任給は日本の平均給与に比べると比較的高めで、初任給は21万円前後が相場といわれています。高度なスキルと実行力やそして責任も大きい仕事なため平均的に初任給も高めになっています。

経営企画の初任給が高水準な理由

先に述べたように、経営企画の業務というものは非常に多岐にわたります。ときに全社だけでなく、社外や自社の取締役との折衝や交渉、そして報告などを行う必要もあります。

高いプレゼンテーション能力・コミュニケーション能力だけではなく、現状の調査、今後の見通し、数年後の推測といったような情報収集・分析能力、実行能力が高くなければ務まらない職業です。

会社としても、自社の経営をサポートしてくれる人材ということで高待遇での採用を行っている場合が多いといえます。

経営企画の平均給与

経営企画の平均給料は約46万円

経営企画の平均給与は、約46万円前後と比較的高めに設定されています。勤務先や経験、スキルによって変わってきますが、平均給与も高いと言えるでしょう。

その分、社内の統制、事業計画の立案や実行など個人ではない「法人」、つまり会社・企業が経済活動をしていくための重要な役割を担う職業であり、転職する場合も実務経験を求められる場合が多いです。

経験と勤続年数による給与アップ

経営企画の業務は非常に多岐にわたるため、入社したばかりの段階では担当できる事務も限られてくるでしょう。しかし勤続年数が長くなり、それに伴って様々な社内の情勢・情報を掴むことができるようになると、同時に担当できる案件数が多くなり、また同じ事務処理であっても効率的にこなすことができるようになります。

このような能力の向上が会社に認められ、給与アップにつながるケースは少なくありません。単純に勤続年数や年齢によって上昇する場合もありますが、そこに能力が加わればさらに給与アップの機会に恵まれるといえるでしょう。

経営企画の仕事で求められる能力と給与の関係について

経営企画のスタッフは高い水準の年収ですが、その分必要となる業務知識・スキルも多く、また広くなります。特に情報収集・分析能力、コミュニケーション能力などのスキルを身につけておくことで、転職や就職の際にも高待遇や給与も高めで採用してもらえる可能性があります。

経営企画の年収について

経営企画の全体の平均年収は約400~695万円前後

経営企画という職業の全体の平均年収は、約400~695万円前後と言われています。年齢や経験年数、地域、勤務先の規模・業績などによってももちろん変動はあるでしょう。

転職サイト「DODA」が行った2018年の全職種でみる年代別の平均年収では、20代で346万円、30代で452万円、40代で528万円、50代以上で645万円という調査がありますから、これと単純に比較すると経営企画の年収はかなり水準が高いといえます。

年収にも地域差や企業によって変動有り

経営企画の年収は企業によってもかなり変動します。特に大手のベンチャー企業となると年収もさらに800万円前後になる可能性があります。

中小になればなるほど少なくなるので平均的には400万円前後と言われていますが、企業によっては下回る所もあるので、就職や転職の際には給与をみて年収はどうなるのか計算しておくと良いでしょう。

また地域差も若干ですがあります。比較的、九州方面が高いと言われています。しかし企業の大きさで年収はかなり変わる可能性は高いため、あくまでも参考程度にしましょう

会社の上場に関する業務のタイミングで年収アップのケースがある

中小企業の場合には、現在は非上場であって今後上場を目指すためにスタッフ一丸となって業務に取り組んでいる、というケースもあります。

このような場合、社内の部署である経営企画ももちろん給与・年収アップのチャンスがあります。これに加えて上場のために行うIRの整備などの事務処理能力が高いと評価された場合、さらに年収に上乗せがなされる場合があります。

独立開業する事で年収アップも望める可能性有り

これまで会社にそのような具体的な計画があまりなかった、これから整備したいという会社は世の中に数えきれないほど存在し、経営企画という職種の需要は高まっています。経営企画の仕事を経験し、実力をつけた後で、独立開業をするというのも選択肢の一つです。

その理由の一つとして、コンサルタントなどとして独立開業をし、自分自身で次々と取引を増やしていくことで年収アップを狙えるチャンスがあるほか、これまでの経営企画スタッフとしての業務経験を活かしたアドバイス・提案が可能になるでしょう。

経営企画の給与・年収まとめ

求められるスキルの水準に見合う、高い水準の給与と年収

経営企画の担当する業務が全社的であったり、あるいは対外的であったりと、ほとんど自社を代表しての仕事を行う事が求められるためスキル水準は高い職業です。その分、求められるスキルがないと採用してもらうのは難しい職業でもあります。

会社の側としては、これに見合うだけの給与・年収を提示しようとしているところが多くなっています。初任給も高めであるので、就職出来たら高収入を狙える夢のある職業です。

またキャリアを積んだうえでコンサルタントなどの形で独立をすると、さらに年収をアップさせることも可能になっていくでしょう。

経営企画の参考情報

平均年収400万円〜700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種オフィス

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

経営企画の関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB