人材コーディネーターの給与・年収は?平均月収や支給される手当まとめ

人材コーディネーターの給与・年収は?平均月収や支給される手当まとめ

人材コーディネーターの給与・年収はどれくらいなのか?初任給や給与・年収を紹介しながら、人材コーディネーターとしてのキャリアパス、給与アップを目指した働き方や努力の仕方などについても触れていきます。

人材コーディネーターの初任給

人材コーディネーターの初任給は20万円~25万円ほどですが、勤務地や年齢によっても給与水準は変わってきます。初任給が30万円近いケースもありますが、それは医療分野の大手派遣会社である場合など、勤務する会社の規模によるところもあり、初任給については若干の幅があります。

給与アップを目指すには

初任給には若干の幅がありますが、務める会社で給与アップを目指すなら、医療分野やIT分野など特定の業界の知識を深め、その分野の人材会社で働くことです。特定分野の人材会社で働けない場合でも、業界やある職種の知識がある人は歓迎されやすく、給与面で優遇されることもあります。

務める会社によってはインセンティブ制度を導入しているところもあり、マッチング件数などに応じて、給与とは別に報酬がもらえることもあります。また、人材コーディネーターとして経験を積み重ねていくことでも、給与を上げていくことはできます。

残業代の有無も関係する

人材コーディネーターの仕事は残業が多めで、きつい仕事だといわれることもあります。務める会社による差はありますが、「人」を相手にする仕事なだけに、「明日までに1人派遣してほしい」など突発的な仕事が発生することもあり、どうしても残業が増えやすい傾向にあります。

また、登録スタッフへの面談は夕方以降になることもあり、残業代があるかないかで給与にも差が出てきます。仕事が多いのに手当がつかないという理由で離職につながるケースも見られるため、残業状況や手当の支給については事前に確認するようにしましょう。

人材コーディネーターの平均給与

人材コーディネーターという仕事は、人材紹介会社や人材派遣会社という限られた業界で働く職種で、賃金構造基本統計調査などで平均給与の統計が公開されているわけではありません。ここでは統計調査ほど正確な数字ではありませんが、人材コーディネーターの平均給与や、給与アップについてお伝えしていきます。

人材コーディネーターの平均給与

人材コーディネーターの平均給与は25万円~35万円ほどになりますが、医療分野やIT分野など特定の分野に特化した人材会社では、人材コーディネーターの給与も高くなる傾向にあります。医療分野やIT分野に特化している人材会社だと、より高度な知識が必要とされるため、給与も高水準になります。

では、医療分野やIT分野以外の人材会社で働く人材コーディネーターは給与面で不利になるのかといえば、必ずしもそうではありません。手当や賞与、残業代などにより、総合的に見ると給与が高水準になるというケースもあります。

手当や賞与があるかどうかは重要

給与アップのためには手当があるか?賞与があるかどうかは大きな意味を持ちます。人材コーディネーターの仕事は残業が多い傾向にありますが、多忙な仕事の対価として残業手当などで相応の給与をもらうこともできます。

人材コーディネーターの仕事では残業手当だけでなく、業務の内容に応じて出張手当や資格手当が支給されることもあります。クライアントからの要請で、早朝や深夜に急な人材手配を依頼されることもあり、その手当がつくかどうかは給与アップに大きく影響するでしょう。

大きな人材会社では年に2回の賞与が支給されていますが、年に3回の賞与があるケースもありますので、務める会社を選ぶこともときには必要です。賞与については地域による金額の差も少なくなく、都市部のほうが賞与支給額も多い傾向にあるようです。

扱う業界や職種について勉強する

先にお伝えしたように、医療分野やIT分野など特定分野の人材会社は給与が高い傾向にありますが、さまざまな分野や業界のクライアンを持つ人材会社もあります。そのような会社では、自分が担当することになるクライアントの業界や、必要とされる職種について勉強することは給与アップにつながります。

必要とされる職種について勉強することは遠回りであるように思われますが、クライアントの求める人材を的確に把握し、ニーズに合致するマッチングをすることは自分の成果にもつながります。それが、ひいては職場の利益となり、自分の給与へと還元されることになるのです。

人材コーディネーターの平均年収

人材コーディネーターの年収統計についても、賃金構造基本統計調査などで公開されているわけではありません。先に平均給与は25万円~35万円ほどとお伝えしましたが、これに手当や賞与などを加えた平均年収が300万円~500万円ほどになるとされています。

ここでは人材コーディネーターのキャリアパスや、転職についてお伝えしていきます。

人材コーディネーターのキャリアパス

人材コーディネーターのキャリアパスのひとつに、日々の業務で培ったスキルや経験を生かし、キャリアカウンセリングのスキルをさらに高めていくことが挙げられます。さらに「キャリアコンサルタント」や「キャリアコンサルティング技能士」などの資格を取得することで、転職や、独立して働くことも可能になります。

「キャリアコンサルタント」の資格では、キャリア支援の専門性を示すことができます。「キャリアコンサルティング技能士」の資格を取得すれば「技能士」と名乗ることができ、キャリアコンサルタントの中でもプロ中のプロであるとアピールすることができます。

スキルを高め、資格を取得してキャリアアップしていくことで年収アップを期待することができます。

マネジメントの道へ進む

人材コーディネーターとして現場で経験を積んでいけば、いずれは部下を持つ立場へとキャリアアップしていくことになりますが、会社の中核となって働くことを目指す場合はマネジメントの道へ進むことになるでしょう。

会社の経営、組織を管理するマネージャーとなれば、会社の将来を考えるなど、大きな視点で物事をとらえられるようになっていきます。昇格や昇進を重ねることでマネージャーなどの役職に就くことができますが、上の役職に就くほど年収アップを期待することができます。

収入と業務のバランスを考える

人材コーディネーターはきつい仕事といわれることもありますが、個人の努力や能力次第で収入をアップさせることが可能です。クライアントからのクレーム対応や急な要請など相応の体力や気力も求められ、それらに見合う報酬を得ることができればいいのですが、ときには収入と業務のバランスについて考えてみる必要もあるでしょう。

優秀な人材コーディネーターは多くの会社から引く手あまたですから、同じ職場で働き続けていていいのか、別の職場を探したほうがいいのかをしっかり考えなければいけません。自分の実力に見合う職場を見つけることができれば、確実に収入をアップさせることが可能になります。

収入アップのために転職する

収入アップできる職場など、給与面の条件が合えば転職を考えてみてもいいでしょう。同じ職場で働き、年収アップを期待することに比べると、確実に収入をアップさせることができます。

一般的に、若いほうが転職に有利だとされていますが、人材コーディネーターの仕事はある程度の社会経験や人生経験を積んでいる人が歓迎されます。さまざまな価値観を持つ人たちと接し、人材コーディネーターとして多くの経験を積んでいれば、転職先でもスムーズに仕事を進めていくことができるでしょう。

人材コーディネーターの給与・年収まとめ

人材コーディネーターは経験を積むことで独立開業して年収アップを狙える

人材コーディネーターの給与・年収は個人の努力や経験によって上を目指すことができます。同じ会社に留まるだけでなく、目先を変えるだけで多くのチャンスを見つけることもできるでしょう。

同じ会社で実績を積んでいくことも大切ですが、キャリアカウンセリングができる人材のニーズが増えている状況も意識しましょう。会社で積んだ経験を生かして他の企業や公的な職業紹介機関へ転職したり、独立して働いたりすることも可能です。

人材コーディネーターの参考情報

平均年収300万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種オフィス

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

人材コーディネーターの関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB