内部監査の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

内部監査の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

高収入で人気も高い職業の内部監査。平均の給与や年収はいくらくらいなのでしょうか。働く企業によって差がある内部監査の給与。実績や経験、資格の有無にもよって左右されるケースが多いようです。今回、この記事で内部監査の平均給与や平均年収などついてご紹介します。

内部監査の初任給

新人内部監査の給与は平均20~23万円

内部監査として働く場合、初任給は20~23万円前後が相場と言われています。専門的な職業だからこそ内部監査の仕事に対する給与面では他の仕事と比べると高めの設定になっています。

当然働く企業によっても異なりますが、新人の頃は細かい慣れない仕事が多いので、給与面だけで考えない方がよさそうです。

転職したときの給与は経験や役職で左右されやすい

内部監査の世界ではレベルの高い場所で経験を積むために転職をする人も多いです。

転職した場合の初任給は、これまでの経験や役職、資格の有無で決められるのが一般的です。公認内部監査士や公認会計士の資格を持っていれば、30万円以上の給与でスタートすることも可能です。

基本的に、内部監査の資格を取得するためには内部監査の業務経験が必要になるので、一定の経験がある事になり新卒採用者と同列の給与になる事はありません。

前職の給与水準を保証してくれるかどうかは勤務先によって異なるので、事前に確認をしておくことが肝要です。

中途採用者は給与が決まっている企業もあるので、なるべく過去の実績や持っている資格についてアピールしておくことが肝要です。交渉次第で給与が変わることもある事は覚えておきましょう。

公認会計士の給与や年収は?経験を積めば圧倒的な高年収を獲得できる

努力して勉強してなれない人も多く、だれもが憧れる職業の公認会計士。平均の給料や年収はいくらくらいなのでしょうか?今回はこ...

異業種から内部監査への転職は給与の確認を

異業種から内部監査に転職する場合には、年齢関係なく新卒と同じ給与になる事も考えられます。前職の仕事内容によって異なりますが、給与が前職よりも下がってしまう事もあるのでしっかりと検討することが肝要です。

あまり異業種から内部監査に転職する人は少ないですが、チャレンジという意味では面白いかもしれません。

内部監査の平均給与

内部監査の平均給与は約30万円

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータによると、内部監査の平均給与は約30万円になっています。

内部監査の仕事は、細かく企業が不正や効率的に業務をしているかを調査して調べ報告する仕事です。かなり繊細でしっかりとチェックしなければいけないのでハードな仕事内容と言えます。

頭を使い、さらには内部監査というだけで企業の担当者には嫌な顔をされることも多いので、内部監査の給与レベルは高めになっています。

資格を取得すればさらに高みが望める職業でもあるので、やりがいも大きい仕事です。給与は高めですが、内部監査として心が折れないようにすることも大切になりそうです。

勤務期間に応じて給与もアップすることが多い

内部監査の仕事は勤務期間に応じてアップすることが通常です。特別な資格がなくても業務に就けることが出来る仕事なので最終学歴で給与に差が出ることはあまりないと言えます。

当然大学卒や資格取得者であれば有利に進められるのですが、あまり気にしなくてもよいと言えます。

求人を探す際は給与以外の手当もチェック

内部監査の統計では、給与とは別に支給される賞与も年間約250万円とかなり大きく占めています。

内部監査の仕事は忙しい時期には残業も多く帰れない場合なども多いですが、企業によっては残業代が支給されない場合もあるので手当も確認しておくことが良いでしょう。

転職する際には残業代が支払われているか、給与以外に賞与や手当が整っているかを求人票にてチェックしましょう。

男女でも平均給与に差がある

内部監査では全体的に男性の方が割合的には多く占めています。内部監査の男女比で言えば男性が約80%で、女性が約20%になっています。

男性と女性では平均給与に差があり、女性は結婚や出産で現場を離れることが多いです。専門的な職業である事から一度現場を離れると復職することも難しいのが内部監査の仕事です。

それでも内部監査の仕事は女性でも幅広く活躍できる仕事であると言えます。

平均給与は内部監査として働く企業の規模・状況によって変動

内部監査の給与は全国的な平均の数字です。勤務する企業の規模や条件によって給与は変動することは当然と言えます。

勤務する企業が大手であればあるほどに得られる給与も高い傾向があり、賞与についても夏と冬で300万円以上期待できることもあります。

働く企業の規模によっても変動する内部監査の給与ですが、基本的に地道に努力して結果を出せば給与はアップすることは言うまでもありません。

経験や実績によっては給与アップにつながることも

内部監査は、給与は一般的に見ても高い方ですが、スキルや経験があればより給与アップを見込める仕事でもあります。

課長や部長などの役職がある事で転職時にも実績を考慮してもらえる可能性が高いでしょう。役職以外にも長い経験を積んでいたことや実績があれば給与アップに繋がるチャンスが生まれるかもしれません。

資格取得が給与や手当に反映されるケースも

内部監査の仕事はスキルのレベルが給与に反映されやすい職業です。資格取得をしておくことで、将来的にも有利になり採用以外でも手当なども含めて給与がアップする可能性があると考えられます。

転職を考えている人でも資格を持っておくことは有意義なことと言えます。資格の中でも給与への評価につながりやすいのは内部監査士や公認内部監査士などで、内部監査としての経験が無いと取得できない資格です。

公認会計士は合格難易度も高く所持していれば幅広い活躍が出来る資格になります。内部監査ではしっかりと経験を積まないと取得できない資格が多いので、だからこそ持っていればスキルがあるという証明にもなるでしょう。

内部監査の平均年収

内部監査の年収は約600万円前後

内部監査の平均年収を、厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると、約600万円になります。

新人の内部監査の給与が20万円とすれば、年収は300万円台になると予想されます。役職が上のポジションになれば給与のアップは見込め、経験を積んで資格を取得すれば大幅な年収を獲得することが出来ます。

中には1,000万円以上年収を獲得している人も

内部監査の年収は600万円が平均と年収レベルも高いですが、内部監査の仕事をしている人の中には1,000万円以上の年収の人も存在しています。

豊富な知識が求められる内部監査の仕事では頑張り次第で高年収を目指すことが出来ます。内部監査の平均年収で一番パーセンテージが大きいのが500万円の17%ですが、次いで1,000万円以上の年収の人が14%となっています。

資格を取得して経験を積んで実績を上げることで、大幅な年収アップにつながると考えられます。

大学を卒業して内部監査の仕事に就く

内部監査の仕事は特に資格も必要という訳ではないので、誰でも業務は行えます。ですが、内部監査の仕事をする際には最低でも大学卒業をしておくと有利になります。

内部監査を置いている企業は比較的どこも大きな企業である事からマナーや内部監査に通じる学びをした人を取りやすい傾向にあります。

アルバイトで内部監査の仕事は出来ないので、内部監査としての仕事をする際には学歴を重視する企業も多い事を覚えておいてください。

内部監査の給与・年収まとめ

内部監査の年収レベルは高め。給与だけではく手当や賞与の確認とやりがいを感じる事

内部監査の平均給与や年収レベルは、専門的な知識が求められる精神的にも負担のかかる仕事内容と比べると高めの傾向と言えます。各種手当や残業代、賞与についても確認しておくことが肝要です。

専門的な調査を行うプロフェッショナルの内部監査の仕事だからこそ経験や資格を取得すれば給与アップも見込めます。役職がついていればさらに好待遇で転職が出来る可能性もあるでしょう。

内部監査という職業は、細かい計算や調査がし続けられる思いと努力が出来れば年収1,000万円を稼ぐ事ができる自分の理想を叶うかもしれない、夢のある仕事と言えるでしょう。

内部監査の参考情報

平均年収500万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種オフィス

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

内部監査の関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB