アパレル店員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

アパレル店員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

アパレル店員になると、給与がどの程度もらうことができ、年収がどの程度受け取れるかご存知でしょうか。また、アパレル店員として1,000万円以上は可能なのでしょうか。このページではアパレル店員の給与事情を詳しく紹介します。ぜひ参考にしてください。

アパレル店員の初任給

アパレル店員の初任給はどの程度もらうことができるのでしょうか。一般的に正社員として働いた場合の初任給は、17~20万円です。新卒の初任給を比較すると安いと感じてしまうでしょう。しかし、アパレル店員の中では正社員の働き方が最も待遇がよく働けることを覚えておくと良いでしょう。

時給にすると安い

アパレル店員の時給を換算すると、900〜1000円程度になります。そのためバイトで働くと給与が正社員よりも多くもらえると考え、派遣社員として働くことを選択する方もいます。アパレル店員の8割程度はアルバイトや契約社員です。

しかし、このような働き方のデメリットは、福利厚生が正社員に比べてよくないため、正社員以外の働き方はあまりオススメすることができません。

給与を上げる方法

アパレル店員は、他の職業と異なり年齢序列ではなく実績を元に給与を算出している企業もあります。そのため、20代でも売り上げの貢献度が高ければ、ベテラン店員よりも給与が高くなることもあります。

お店でいかに実績を作ったかが給与に大きく影響するので、給与をあげたい方は実績を作りお店側に評価されるようにしてください。

アパレル店員の平均給与

アパレル店員の給与を平均すると24~25万円と他の業種に比べて安い給与であることがわかります。しかし、給与がこれだけではありません。基本給が安い変わりに、お店の売り上げや残業でプラスαの給与を支払っているケースもあります。

安い待遇

アパレル店員の待遇は年々悪化しています。これは、ネット通販が流行していることや、百貨店の売り上げが芳しくないという問題があります。そのため、今後もアパレル店員の給与が少なくなってしまうことも考えられます。

店長クラスになれば、店員の給与よりも高くなるので、給与をあげたい方は、店長になるように実績をコツコツ積み重ねましょう。

ボーナスについて

アパレル店員のボーナスはどの程度もらうことができるのでしょうか。平均すると、30〜40万円のボーナスを受け取ることができます。やはりこのボーナスも一般的な企業に比べると少ないので、待遇に不満を感じやめてしまう方も少なくありまあせん。

しかし、ファッションが好きな方であればアパレル店員を副業としてすることもできるので、給与面ではなくどのようにして働くかを考えて仕事を取り組んでください。

アパレル店員の平均年収

アパレル店員の年収を統計すると、320万円程度になります。一般的な年収よりもかなり低いことがわかります。もちろん、すべてのお店の年収がこの程度ではありません。あくまで平均するとこれくらいになるため、業績のよいお店の店員であれば、もう少し年収が高くなります。

安い年収

年収が安いという問題がアパレル店員にはあります。そのため、店員一本で働くのではなく副業として捉えている方も少なくありません。アパレル店員は収入が少ない仕事ということを理解した上でこれから就職する方は検討する必要があります。

転職して違う職業につくことも

アパレル店員のスキルが別の場所に活用することができるケースもあります。アパレル店員で培った接客のスキルは、サービス業であればどのお店でも通用することができます。また、店長を務めたことがある方であれば、店長時代のスキルを活用して、メーカーに就職することも可能です。

アパレル店員で培ったスキルはどの職種でも活用することができるので、アパレル店員としてやりがいを見出すことが難しくなった場合は、前向きに転職を検討しましょう。

このように、悪い面も多くありますが決して悪いだけではありません。給与以外の面を考えると良い面がたくさんあります。給与よりも充実した仕事がしたい、好きなことを仕事にしたい方は、アパレル店員はオススメの仕事なので、ファッションが好きな方で、給与にあまりこだわらない方は前向きな姿勢で考えるようにしましょう。

ブランドメーカーと百貨店どちらがよい

アパレル店員として働くのであれば、百貨店に就職する方法とメーカーに就職する方法ではどちらが良いのでしょうか。最近では、アパレル店員といっても、正社員ではなく派遣社員の方が多いため、正社員としてアパレル店員が働く環境が変化しています。

最も安定して働けるのが百貨店の社員になることです。百貨店の給与になるので業績が良ければ収入も自然に高くなります。一方で、業績が悪ければ百貨店自体が閉店することも考えられるので、大手の百貨店に就職することを目指すのが最善策です。場合によっては最終的にお店を管理する側になる可能性がありますが、アパレル店員として培った経験を活かすことができるので前向きにとらえましょう。

どうしても、長くアパレル店員として働きたいのであれば派遣社員をオススメします。派遣社員になれば、お店の事情に限らず店員として働くことが可能ですが、給与は安くなってしまうというデメリットがあります。

年収1,000万円以上になるためには

アパレル店員として1,000万円以上稼ぐことは可能なのでしょうか。結論を言えばアパレル店員の年収は平均しても300〜400万円程度なのでかなり難易度が高いです。しかし、年収1,000万円は決して夢の話ではありません。

カリスマ店員を目指す

年収1,000万円を目指す上で大切なことは知名度です。知名度が高ければカリスマ店員として活躍することもできます。売り上げを毎月1,000万円以上あげているようなトップクラスの店員になれば、そのノウハウを書籍にしてビジネス本として売り出すことも可能です。

会社側が許可すれば、書籍販売で収入を稼ぐことも可能です。また、知名度が高くなっていけばメディア出演も多くなります。その結果、講演会などを開くことができるため自然と収入が増えていきます。収入をあげたいのであれば、まずはお店での実績を作り知名度を上げる方法を考えてください。

会社を立ち上げる

アパレル店員として培ったノウハウを活用して、会社を立ち上げれば年収1,000万円も夢ではありません。個性的なお店が注目されているので、オリジナルブランドを立ち上げて稼ぐ元アパレル店員もいます。

店員で収入を上げることに限界を感じた場合は、他の方法で店員としてのスキルを活用することができないか検討してください。捉え方によっては収入を飛躍ことができる可能性があります。

副業をしなければ年収1000万円以上は難しい

アパレル店員が置かれている状況は決して良いものであるとは言えません。これから収入をあげたい方は、あらゆる手を使って稼ぐ方法を探すことになるので、自分は何ができるかを常に考えるようにしてください。

アパレル店員の給与・年収まとめ

給与をどのようにして上げるかを真剣に考える

アパレル店員の給与・年収は他の仕事と比べると決して高い給与であるとは言えません。しかし、実績を積み重ねていけば店長として昇格するだけでなく、カリスマ店員として活躍できる可能性があります。自分の価値、もしくはお店自体の価値を上げていくことで年収を上げていくことは十分に可能なのです。

これからアパレル店員として給与・年収をあげたい方は、ぜひ今回紹介したような方法で前向きにとらえるようにしましょう。また、給与が改善されない場合はお店を変えることで飛躍的に待遇が改善されることもあるので、前向きに捉えて仕事に取り組んでください。

アパレル店員の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アパレル店員の関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB