アパレルメーカー社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

アパレルメーカー社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

アパレル業界の仕事の一つといわれる「アパレルメーカー社員」ですが、仕事をするにあたって必要な資格はあるのかと気になっている方は多いのではないでしょうか?職業によっては必須となる資格があるので、アパレルメーカー社員を目指すのであれば必要な資格は事前に知っておきたいものです。本記事では、アパレルメーカー社員に役立つ資格などについてご紹介します。

アパレルメーカー社員の資格とは?

アパレルメーカー社員に必須となる資格は存在しない

職種によっては何かしらの資格が必要になる場合がありますが、アパレルメーカー社員になるために必須となる資格は存在しないといわれています。そのため、アパレル業界に興味がある方やファッションが好きな方であれば、誰でも目指すことができる職種といえるでしょう。

しかし、仕事内容によっては専門的な知識を持っていることで、効率良く仕事ができる場合があります。そのため、アパレルやファッション関連の勉強ができる学校へと通い、アパレルメーカー社員になるための準備をしておくと就職の際に有利になれるでしょう。

入社する企業によっては学歴が必要な場合がある

企業によって異なるため必須ではありませんが、企業によっては学歴が必要になる場合があります。そのため、大卒の資格がなければ企業に採用してもらえないことがあるので、就職や転職をされる際は事前に企業の下調べを行っておくことが大切です。

ちなみに、採用可否に大学の学科は関係なく、大卒という学歴のみという企業が多いようです。そのため、大学を卒業している方であれば、転職でアパレルメーカー社員を目指すこともできるでしょう。

ですが、企業によって採用条件が異なる場合があるため、学歴に加えてファッション関連の学科を出ていることが条件になっていることがあります。また、ファッション関連の学科を出ていれば将来的にアパレルメーカー社員の仕事に役立つので、これから進学する方は他の学科ではなくファッション関連の学科を検討してみてはいかがでしょうか。

資格ではないがコミュニケーション能力が求められる

資格ではありませんが、アパレルメーカー社員は人と関わることの多い仕事なので、コミュニケーション能力が求められるといえるでしょう。というのも、アパレルメーカー社員の仕事内容によっては商品の販売を行う部門があるので、お客さんと関わる接客業を行う場合があります。

他にも企画部門やデザイン・制作部門などがありますが、これらは社内・社外に関わらず関係者と関わることが多いといわれています。仕事柄コミュニケーション能力は必要な資格に匹敵するスキルといえるので、身に着けておくと仕事に役立てることができるでしょう。

アパレルメーカー社員に役立つ資格

業界で役立つ資格として有名な「ファッションビジネス技能検定」

ファッションビジネス技能検定は、アパレル業界で働く多くの方が取得している資格の1つです。そのため、業界で役立つ資格として有名なので、関連資格の取得を検討している方にはおすすめの資格です。

この資格は衣料品の企画・生産といったビジネスに関連する基礎知識や能力を得られるので、アパレル業界で働くのであれば仕事に役立てることができます。資格取得の難易度はきちんと勉強していればそれほど高くないので、関連資格を取得したい方はこちらの資格を取ってみてはいかがでしょうか。

商品を販売する知識を得られる「販売士」

アパレルメーカー社員の仕事には販売も含まれているので、小売りの現場にも関わることになります。そのため、商品の販売に関する知識を得ることができますし、資格を持っていることで就職を有利にできるともいわれています。

ちなみに、この資格は5年に1度は更新する必要があるため、アパレルメーカー社員としての仕事を続ける間は忘れずに更新手続きを行うことが大切です。更新を忘れると再び試験を受けなければならないので、資格取得後は更新日を事前に確認しておきましょう。

商品の企画やデザイン作成に役立つ「色彩検定」

アパレルメーカー社員の仕事内容の中には、新商品の企画を行うものがあります。流行やトレンドに合わせた商品開発、またはブランドのイメージに合わせた商品開発を行うので、デザインを作成するに合って色彩は重要なポイントとなるでしょう。

そのため、アパレルメーカー社員として働くのであれば、色彩検定の資格を所得しておくと仕事や就職を有利に進めることができるでしょう。ちなみに、色彩検定の取得難易度はそれほど高くないといわれています。

関連資格の取得を検討している方は、こちらの資格を取得してみてはいかがでしょうか。

衣料品の型紙作成に役立つ「CAD利用技術者試験」

企画したデザインの商品化が決まれば、パタンナーによって型紙の作成を行います。アパレルメーカー社員としてパタンナーを目指すのであれば、CAD利用者技術者試験を受けて資格を取得しておくと就職・仕事ともに有利になるといわれています。

というのも、パタンナーは専門職となるため、資格を取得することで基本的な知識や技術を身に着けることが可能です。面接の際には自分の持つスキルを証明できますし、実際に働き始めれば仕事に役立てることができるので、パタンナーを目指すのであれば取得しておくことをおすすめします。

アパレルメーカー社員の資格が取れる学校

将来的に考えるならファッション関連の学科を持つ大学

大卒の資格を採用可否にしている企業が一般的ですが、将来的に考えるのであればファッション関連の学科を持つ大学へと進学するとよいでしょう。

学科を採用条件に加えているところは少ないので必要なのは大卒のみの場合が多いですが、専門の学科であれば仕事に役立つ基本的な知識を学ぶことができます。

学校に通えない方は自宅で学べる通信講座

関連資格の取得は学校に通うことで取得することができますが、すでに社会人の方の場合は学校に通う時間がなく、資格取得は難しいと考える方は多いでしょう。そのような方は通信講座を利用することで、働きながらでも関連資格を取得することができます。

通信講座なら教材が自宅に送られてくるので、空き時間や休日を使って勉強しながら資格取得を目指すことができます。学校に通うことができず働きながら関連資格を取得したいと考えている方は、ぜひ通信講座を使って目的の資格を手に入れてみてください。

アパレルメーカー社員の資格・試験まとめ

アパレルメーカー社員には仕事や就職を有利にできる関連資格が存在する

アパレルメーカー社員になるには必須となる資格はありませんが、大卒程度の学歴が必要になる場合が多いようです。ただし、学科は採用条件に関係ないともいわれているので、大学を出ていれば誰でも目指すことができるでしょう。

また、必須資格はありませんが、ご紹介したような関連資格がいくつか存在します。就職や仕事をする上で有利になれるので、アパレルメーカー社員を目指すのであれば自分に必要な関連資格を取得してみてはいかがでしょうか。

アパレルメーカー社員の参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アパレルメーカー社員の関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB