ブライダルスタイリストになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ブライダルスタイリストになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ブライダルスタイリストは、新郎新婦の服装、髪型をコーディネートする職業です。結婚式に欠かすことができないブライダルスタイリストになるには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。本記事では、ブライダルスタイリストになるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

ブライダルスタイリストになるには何が必要?

ブライダルスタイリストになるにはどのようなことが求められるのでしょうか。ブライダルスタイリストに最低限求められるスキルを紹介していきましょう。

美的センス

ブライダルスタイリストは新郎新婦の服装、髪型をコーディネートする職業です。美的センスがなければ、新郎新婦を非日常な姿に変えることは難しいと言えます。

美的センスが備わっていれば、どのような人に対しても良いコーディネートを提案することができるので、美的センスを磨いておくようにしましょう。

結婚式の衣装に関する知識

結婚式の衣装に関する知識があれば、ブライダルスタイリストとして活躍することができます。ドレスにぴったり合う髪型はもちろんのこと、新郎新婦の特徴に合わせた髪型やドレスを提案するのもブライダルスタイリストの仕事です。

結婚式の衣装に精通していなければ、新郎新婦の要望に合わせた衣装の提案をすることができないのはもちろんのこと、新郎新婦にとって満足度の高い結婚式を実現することができません。

ブライダルスタイリストを志すのであれば、衣装に関する知識を身につけるようにしましょう。

人のための頑張ることができる

ブライダルスタイリストの仕事は、人のために頑張る精神がなければ最後までやり通すことが難しい仕事です。

式の準備段階から新郎新婦と打ち合わせを行い、結婚式当日までプランナーと一緒になって仕事に携わることになるので、新郎新婦にとっては頼りになる存在です。

特に、ウェディングドレスは一生に一度しか着る機会がないものなので、新郎新婦もどのようなウェディングドレスを着れば良いかわからず時間をかけて悩んでしまうこともあります。

このような状況に遭遇しても、納得するまで付き添うという気持ちがなければ良いウェディングドレスを提案することが難しいので、人のために努力することができる行動力が必要になります。

ブライダルスタイリストに向いている人、適性がある人

ブライダルスタイリストに向いている人、適性がある人とはどのような人物なのでしょうか。適性のある人物について紹介していきましょう。

ブライダルスタイリストに向いている人

ブライダルスタイリストに向いている人は次のような人です。

コミュニケーションが高い人

ブライダルスタイリストは、コミュニケーション能力が高くないと新郎新婦によい衣装を提案することができません。

特に、ドレス選びの際は綿密な打ち合わせが必要になり、コミュニケーションをうまく取ることができないと、良いウェディングドレスを選ぶことができない可能性があります。

コミュニケーション能力が高ければ、新郎新婦の意見を聞き出し、それに合わせた衣装や髪型を提案することができるため、仕事をする上でもスムーズに作業を行うことができます。

人を驚かせることが好き

結婚式は2人の一生に一度の記念イベントになるので、驚くような仕掛けも必要です。普段やらないような髪型をあえてやることで参列者を驚かせることも、結婚式では可能です。

人を驚かせることが好きな人であれば、参列者や新郎新婦が驚くような仕掛けを考えながら仕事を行うことができるので、ブライダルスタイリストとして満足度の高いサービスを提供することが可能になるでしょう。

ブライダル業界で働きたいという気持ちがある

ブライダルスタイリストの仕事は給与があまり良い仕事とは言えないので、やりがいを優先して仕事を探している人でないと続かない可能性があります。

高いスキルを持っていても、給与の安さから転職を考えてしまう可能性があるので、本当にブライダル関連の仕事をしたいという強い気持ちが求められます。

注意力がある人

結婚式当日はブライダルスタイリストが新郎新婦について、式が円滑に行われるようにドレス周りのサポートを行います。ドレスを着慣れていないと歩くことも大変になるため、ドレスの裾さばきを状況に応じてブライダルスタイリストが行うこともあります。

また、新郎新婦入場直前に髪が乱れていないかをチェックするのもブライダルスタイリストが行う仕事です。注意力がなければ、乱れた髪、服装の状態で式場に送り出してしまい、新郎新婦が恥をかいてしまう可能性があるので、注意力が求められる仕事だと認識しておきましょう。

ブライダルスタイリストに適性のある人

ブライダルスタイリストに適性がある人は次のような人物です。

ファッションセンスが高い

ブライダルスタイリストは新郎新婦の服装を提案する仕事なので、ファッションセンスが高くなければ良く似合うドレスを提案することができない可能性があります。

ファッションセンスが高いブライダルスタイリストになれば、新郎新婦に似合うドレスを提案するだけでなく、ドレスの魅力を引き出す髪型を提案することも可能です。

また、ドレスと髪型だけでなく、新郎新婦が身につけるアクセサリーまで提案することが可能になるので、ファッションセンスの高さで仕事のバリエーションが増える可能性があります。

提案力がある

新郎新婦がどのドレスを選んで良いかわからないというケースもあります。このような状況の時に、どのようなドレスを選べば良いか、提案力のあるブライダルスタイリストであればこちらから提案することが可能です。

人に何かを提案することができる力のある人は、選ぶことが難しいウェディングドレスを選ぶ際の手助けになることもあります。

判断力がある

結婚式当日は、不測の事態が発生し、トラブルで結婚式の進行に大きな影響を与えてしまうこともあります。

このような状況でも冷静に判断し、対応することができるスキルがあれば、トラブルにも対処することができ、良い結婚式を壊さずスムーズに進行することができる可能性があるので、判断力がある人は、ブライダルスタイリストとして有利に仕事ができる可能性があります。

ブライダルスタイリストになるための学校・教室

ブライダルスタイリストになるための学校や教室はいくつかあります。

もちろん、式場に就職をしてからブライダルスタイリストに必要なスキルを学ぶという方もいますが、少しでも早くブライダルスタイリストとしてデビューをしたいと考えている方は、学校や教室に通うようにしましょう。

ブライダル関連の専門学校に通う

ブライダルスタイリストのスキルを学ぶことができる専門学校の中では、ホテルやブライダル業界が開校している専門学校がオススメです。

ブライダル関連の仕事のスキルを学ぶことができ、成績が優秀な生徒はそのまま就職することができるスクールもあるので、スキルを学び、就職をしたいと考えている方はブライダル関連の専門学校に通うようにしましょう。

ファッション関連の専門学校に通う

ファッションを専門にしている専門学校でも、ブライダルスタイリストとしてのスキルを学ぶことができます。美容コースを設定している専門学校であれば、ブライダルスタイリストとして必要なスキルを学ぶことができます。

こちらの場合は、ブライダル業界が行う専門学校とは異なり、ブライダル以外の勉強もできるので、視野を広げたい方はファッション関連の専門学校に通うようにしましょう。

ブライダルスタイリストになるには?まとめ

結婚式のサポートに携わりたい人にオススメの仕事

ブライダルスタイリストは結婚式に必要不可欠な職業で、あなたの仕事次第では新郎新婦が忘れることができないような思い出作りのサポートができます。

これからブライダルスタイリストになろうと考えている方は、今回紹介したスキルを身につけた上でブライダルスタイリストを目指すようにしましょう。

ブライダルスタイリストへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

ユーキャン

ブライダルスタイリストの参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ブライダルスタイリストの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB