アパレルメーカー社員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

アパレルメーカー社員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

衣料品をデザインし、企画・販売・卸売などを行う「アパレルメーカー社員」ですが、なるためにはいったいどのようなことが必要なのでしょうか?本記事では、アパレルメーカー社員になるために必要なことをはじめ、向いている人の特徴などについてご紹介します。

アパレルメーカー社員になるには何が必要?

アパレルメーカー社員になるには学歴が必要

職種によっては学歴や資格を求められるところがありますが、アパレルメーカー社員になる場合は特に必須となるものがないといわれています。しかし、会社によっては学歴を求められる場合があるので、大卒の資格が必要になるかもしれません。

そのため、就職や転職でアパレルメーカー社員になりたいと考えている方は、入社したい会社が学歴を求めているのかを事前に確認しておくことが大切です。また、スキルアップを目指して他のアパレル関連の仕事を考えている方は、ファッション関連の専門学校を出ている必要があるでしょう。

就職に有利になれる学部は存在しない

入社する会社によっては大卒という学歴が必要になるとご紹介しましたが、「どの学部に進めばいいの?」と疑問に感じている方は多いのではないでしょうか?結論からいって、就職に有利になれる学部は存在しないといわれています。

大学によってはさまざまな学部があり、当然ですがアパレルやファンション関連の学科が存在します。しかし、大学で必ずしもそのような学科を出ていなければならないということはないので、進学する際には特に学部を気にする必要はないでしょう。

また、アパレルメーカー社員の多くは文系の学科を出ている方が多い傾向がありますが、理系出身の方が就職でいないというわけではありません。というのも、人材を募集する会社の多くは、さまざまな学科や学部を採用対象にしているところが多いからです。

関連資格を持っていれば仕事に役立てることができる

アパレルメーカー社員になるには、学歴が必要な場合はあっても、特に必須となる資格はないといわれています。しかし、ファッション関連の資格を取得しておくと、仕事に役立てることができるので、取得している方も少なくありません。

例えば、アパレル業界で働く多くの方が取得している「ファッションビジネス能力検定」なら、社員としてビジネスに必要な基礎知識や能力を身に着けることができます。他にも、「カラーコーディネーター」なら衣料品のデザイン作成に役立てることができるでしょう。

ちなみに、アパレルメーカー社員として仕事を始めたばかりの頃は、販売の仕事がメインとなるようです。そのため、商品の販売に関する知識を身に着けられる「販売士」の資格は、取得しておくと就職や転職の際に有利になれる可能性が高いでしょう。

アパレルメーカー社員に向いている人、適性がある人

ファッションやオシャレが好きな人

アパレルメーカー社員はファッション関連の職種なので、ファッションやオシャレが好きな方には向いている職業だといわれています。というのも、仕事で毎日のようにファッションに関することを考えなければならないので、好きでなければ苦に感じてしまうでしょう。

また、毎日同じことの繰り返しになるので、本当にファッションやオシャレが好きな方でなければ、仕事に飽きてしまう方もいるようです。つまり、人並みではなく心からファッションやオシャレが好きな方でなければ、仕事を続けていくのは難しいといえるでしょう。

ファッションに関する最新のトレンド情報を集めるのが好き、おしゃれを楽しむことが好きという方は、ぜひアパレルメーカー社員を目指してみてください。

探究心旺盛で流行やトレンドを先取りしている

ファッション業界で働く仕事なので、売れる商品や人気を集める商品を次々と生み出すのも仕事です。そのためには、日頃からファッションの流行やトレンドを先取りするような探究心が旺盛な人に向いている職業だといわれています。

流行やトレンドは年々変わっていくものなので、日々探究していなければ取り残されてしまいます。ですが、常に最新の流行やトレンドをチェックしている方であれば、仕事でもたくさんの人に売れる人気商品を作ることができるでしょう。

人付き合いが得意で誰とでもコミュニケーションを取れる

アパレルメーカー社員は衣料品のデザイン作成の他に、商品を販売することも仕事の1つとなっています。また、社内・社外に関わらずさまざまな仕事関係者と仕事をすることになるため、多くの人と会話をする機会がとても多いといわれています。

そのため、人付き合いが得意で誰とでもコミュニケーションを取れるという方は、この仕事に対しての適正があるといえるでしょう。特に、仕事を始めたばかりの頃は販売がメインとなるので、お客さんとのコミュニケーションが取れる方は、スムーズに仕事を進めることができるかもしれませんね。

アパレルメーカー社員になるための学校・教室

ファッション関連の学科を持つ大学

アパレルメーカー社員を目指すのであれば、ファッション関連の学科を設けている大学に通うという選択肢もあります。基本的に学科は就職に関係ないとご紹介しましたが、ファッション関連の学科に入れば、将来的に仕事に役立つ知識を身に着けることができます。

また、関連資格を取得することができれば、卒業後すぐにアパレルメーカー社員へと就職することも可能です。学科や資格は就職や転職に大きく関係するものではありませんが、実際に働き始めて役に立つ知識を身に着けておきたい方は、将来のことを考えてファッション関連の学科を持つ大学へと通ってみてください。

学歴不問の会社ならファッション関連の学科を持つ専門学校

会社によっては学歴不問で新入社員を募集しているところもあります。そのため、入社したい会社が学歴を問わないところであれば、ファッション関連の学科を持つ専門学校に通うのもおすすめです。

ファッションに関するさまざまな知識を身に着けることができるので、いざ働き始めたときに仕事に役立てることができるでしょう。ですが、誰もが希望する会社へと入社できるとは限らないので、学歴を求められる会社への就職が必要になったことも考えると、大学に通った方が良いかもしれません。

関連資格の取得なら通信講座を受けてみる

アパレルメーカー社員になりたいと考えている方の中には、「仕事に役立つ資格を持っておきたい」という方も多いでしょう。しかし、働きながら学校に通うのは難しいので、すでに社会人の方は関連資格の取得に悩んでいるのではないでしょうか?

そんな関連資格ですが、大学や専門学校に通うだけではなく、通信講座を受けることで取得できます。また、通信講座なら自宅で勉強しながら資格も取れるので、働きながらアパレルメーカー社員を目指す方にはおすすめでしょう。

勉強に必要な教材は自宅に送られてくるので、空き時間や休日を使ってしっかりと勉強すれば、仕事に役立つ資格を取得することができます。上記でご紹介したような関連資格の取得を考えている方は、ぜひ通信講座を受けてみてください。

アパレルメーカー社員になるには?まとめ

アパレルメーカー社員になるには学歴が求められる場合がある

「アパレルメーカー社員」になるには、学歴が求められる場合があるため、大卒の資格を持っていると就職率が高くなるようです。ですが、進学する学部は就職時には特に関係がないといわれているので、ファッション関連の学科を出ていなくても問題ないでしょう。

また、関連資格を取得していれば就職に有利になる可能性が高いといわれています。ですので、アパレルメーカー社員になりたいという方は、ぜひご紹介した資格の取得を検討してみてはいかがでしょうか?

アパレルメーカー社員の参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アパレルメーカー社員の関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB