アパレルメーカー社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

アパレルメーカー社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

「アパレルメーカー社員」がどのような仕事をしているのかを知っていますか?ファッション業界の仕事であることは知っていても、具体的な仕事内容を知っている方は少ないでしょう。本記事では、アパレルメーカー社員の具体的な仕事内容や、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

アパレルメーカー社員とはどんな仕事?

衣料品の企画・製造・販売が主な仕事内容

アパレルメーカー社員は、流行やトレンド、ブランドに合った衣料品のデザインや企画を行い、採用された企画を実際に製造して販売するのが主な仕事です。会社によっては仕事内容が異なる場合がありますが、基本的にはどの会社でもこのような内容で事業展開されているといわれています。

また、これらの仕事内容はそれぞれの部門に分かれていて、担当によって行う仕事が異なります。担当する部門によって細かい仕事内容は異なりますが、ファッション関連が好きな方であれば、長く続けられる仕事といえるでしょう。

他にも、社内・社外に関わらず関係者と関わることの多い仕事なので、人と関わることの多い仕事でもあります。販売であれば接客も仕事になるので、コミュニケーション能力が求められます。

アパレルメーカーとブランドは別もの

よく「アパレルメーカー」と「ブランド」が同じものであると勘違いされがちですが、実は全くの別ものだといわれています。アパレルメーカーは上記でもご紹介したように、衣料品の企画・製造・販売が主な仕事であって、ブランドはアパレルメーカーが作成する商品のブループです。

そのため、アパレルメーカー社員はブランド商品を作るのが仕事なので、ブランド店の社員というわけではありません。同じ業界の仕事ではありますが、それぞれで仕事内容が異なるので、アパレルメーカー社員を目指している方は、このような違いをしっかりと把握しておくことが大切でしょう。

間違った知識のまま就職すると、「自分がやりたかった仕事じゃない」と後悔してしまうので、仕事内容はもちろんのこと、その仕事の本質もしっかりと確認しておきましょう。

業務はさまざまな部門に分かれている

先ほどもご紹介したように、アパレルメーカー社員はさまざまな部門に分かれていて、それぞれで担当する仕事が異なります。

大きく分けて新しい商品を企画する「提案部門」、実際に衣料品を作成する「デザイン・製造部門」、作成した商品を販売する「販売部門」の3つに分類されています。

さらに、それぞれの部門の中で細かい分類に分けられているため、同じ部門でも担当するものによっては当然ですが仕事内容が異なるもの。そのため、自分が希望する仕事をしたいのであれば、それぞれの仕事内容を事前に確認しておくことが大切でしょう。

この記事ではそれぞれの仕事内容の詳細についてもご紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

新入社員は販売がメインの仕事になる

上記では提案・製造・販売が主な仕事内容だとご紹介しましたが、新入社員の場合は販売がメインの仕事になるといわれています。社員を募集する会社によっては異なりますが、一般的には販売からスタートして、後に提案や製造といった部門で働く方が多いようです。

商品を販売する現場では、お客さんへの対応を行う中、どのような商品が求められているのかを知ることができます。要望に応えながら商品を販売することで得られることがあるので、働き始めたばかりの頃は販売の部門を任されるのかもしれません。

アパレルメーカー社員の具体的な仕事内容

売れる商品を提案する「企画部門」

企画部門では、流行やトレンドなどに合った新商品を提案するのが主な仕事です。そして、そんな企画部門の中では、以下のように細かい分類に分けられています。

マーチャンダイザー

新商品の企画から販売までの全体を把握と商品の品揃え

ビジュアルマーチャンダイザー

商品の見た目や印象を考案

ディストリビューター

集められた商品を各店舗に分配する

プロダクトマネージャー

商品の品質維持や原価の管理を行う

セールスマネージャー

製造した商品を販売する営業活動を行う

マーケティングディレクター

消費者の動向を調査・分析を行い、戦略を考える

このように、企画部門の中でも複数に分類されていて、それぞれで行う仕事が異なります。それぞれで仕事内容が異なるので、事前にしっかりと把握して自分に合った仕事に就いてみてはいかがでしょうか。

衣料品を作成する「デザイン・制作部門」

デザイン・制作部門では、企画で挙げられた衣料品の制作を行うのが主な仕事です。そして、そんなデザイン・制作部門の中では、以下のように細かい分類に分けられています。

デザイナー

世の中の流行・消費者の思考・ブランドを元に商品をイメージする

パタンナー

デザイナーが作成したデザインの型紙を作る

グレーダー

各デザインをサイズ別に型紙を作る

マーカー

型紙を使って布地に型入れをする

カッター

型紙に沿って布地をカットする

ソーイングスタッフ

カットされた布地を縫い上げる

ヒューマンエンジニア

作成する商品を人間工学的な考慮を追加する

このように、デザイン・制作部門の中でも複数に分類されています。役割分担をすることで効率よく商品を作成するために、このような分類に分けられているようです。実際に作品を作る仕事になるので、やりがいを感じられるのではないでしょうか。

作成した商品を販売する「販売部門」

販売部門では、文字通り商品の販売が主な仕事となっています。しかし、他の部門と同じく、以下のように細かい分類に分けられています。

ファッションアドバイザー

店舗にて接客・販売を行う

バイヤー

販売する商品の買い付けや仕入れを行う

ショップマイスター

店舗の経営責任者を担当する

ストアプランナー

お店やブランドのイメージに合った店舗づくりを行う

セールスインストラクター

社員の教育や指導を行う

プレス

メディアに商品の宣伝を行う

このように、販売部門の中でもいくつかに分類され、どの分類も欠かせない仕事となっています。一見華やかに見える業界ではありますが、実際の仕事内容は他の職種と同じで、それぞれの部門が一丸となって初めて成り立つ職種です。

アパレルメーカー社員の仕事のやりがい

好きなファッションに常に関わることができる

アパレルメーカー社員のやりがいには、自分の好きなファッションに対して常に関わることができるといった意見が挙がっていました。仕事と好きなことの両立ができるというのは、幸せなことでありふとしたときにやりがいを感じられるようです。

自分が携わったものが商品化される

この仕事をする大きなやりがいは、自分が携わったものが商品化されたときだという意見が多かったです。店舗で自分が企画した商品、または作成した商品が販売されているのも見たとき、達成感はもちろんですが、同時に「やっていて良かった」という気持ちになれるそうです。

女性が働きやすい職場環境が整えられている

アパレルメーカー社員は女性が働きやすい職場環境が整えられているところが多く、福利厚生が充実しているといわれています。お店によっては男女ともにアットホームな職場もありますが、基本的には女性の多い職種となっているので、女性にとっては魅力的な仕事といえるでしょう。

アパレルメーカー社員の仕事内容まとめ

アパレルメーカー社員の仕事内容は担当する部門によって異なる

アパレルメーカー社員の仕事内容は大きく分けて3つの部門に分類されていて、それぞれで担当する仕事内容が異なります。しかし、どの部門に勤めたとしてもやりがいを感じられる仕事なので、ファッション関連に興味のある方や好きな方であれば、楽しく続けられる仕事といえるでしょう。

アパレル業界で働きたい、または好きなファッションに関わる仕事がしたいという方は、ぜひアパレルメーカー社員の仕事を検討してみてはいかがでしょうか。

アパレルメーカー社員の参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アパレルメーカー社員の関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB