ドラッグストア店員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

ドラッグストア店員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

ドラッグストア店員は、どの程度の給与や年収を受け取っているかご存知でしょうか。本記事では、ドラッグストア店員の初任給、平均的な給与、平均的な給与など、収入面についてご紹介します。

ドラッグストア店員の初任給

ドラッグストア店員の初任給は16万円〜18万円前後です。一般的な仕事と比較すると比較的安く感じる方もいるでしょう。

ドラッグストアの店員の初任給はあまり高いとは言えません。大卒の社員でも20万円あれば良い方なので、給料で選ぶよりも「なぜドラッグストア店員として働きたいのか」を考えた上で入社する会社を選ぶようにしましょう。

20代のドラッグストア店員がやるべきことは

20代ではドラッグストア店員として必要なスキルを身につけておく期間です。給料が安いからといって、ドラッグストア店員として必要なスキルの勉強を怠ってしまっては意味がありません。ドラッグストア店員として必要なスキルを身につけるようにしましょう。

接客スキルを磨く

ドラッグストア店員には接客スキルが求められるので、お店の中でも接客が優秀と評価されるように接客スキルを磨くようにしましょう。社員として働くことになれば、アルバイトスタッフを教育することもあります。

新人アルバイトスタッフをしっかり教育するためにも接客スキルは求められるので20代のうちに接客スキルを磨くようにしましょう。

資格を取得する

ドラッグストアでは登録販売者という資格があります。この資格を保有していると薬剤師の資格を取得していなくても、第2類、第3類に分類されている医薬品を販売することが可能になります。

登録販売者の資格を取得すると、店舗経営に役立てることができるだけでなく、特別手当がプラスでつくので、給与が高くなります。

試験は1年に1度しか受験することができないので、資格を取得したいという方は計画性をもって 試験に臨むようにしましょう。

ドラッグストアの売り上げの仕組みを理解する

20代の頃に、ドラッグストアがどのような仕組みで売り上げを生みだしているかを体で覚えるようにしましょう。

ドラッグストアの売り上げの仕組みがわかれば、店長になった時にどのように店舗を運営していけばお店の売り上げを伸ばすことができるのかを考えることができます。

20代でもキャリアを積めば店長に昇格することもあるので、ドラッグストアで働きながらお店の経営について勉強をするようにしましょう。売り上げに貢献することができれば、店長だけでなくエリアマネージャーに昇進することも考えられるので、前向きに勉強するようにしてだくさい。

ドラッグストア店員の平均給与

ドラッグストア店員の平均給与の統計を紹介していきましょう。複数の求人サイトの募集からドラッグストア店員の給与の平均を割り出すと、一番求人数の多いボリュームゾーンは月給20万円~25万円となっていました。

基本的には、勤続年数・業務経験に比例する形で給与が高くなりますが、最も給与をあげる方法は実績です。いかに売り上げに貢献したかが判断基準になるので、給与を少しでも高くしたいのであれば、お店の売り上げをあげるようにしましょう。

給与を高くするために必要なこと

給与をあげるための必要なことは実績ということがわかりましたが、具体的にはどのような実績があれば給与が高くなる可能性があるのでしょうか。

優秀なスタッフが多い

お店で働くスタッフの接客態度が優秀な人が多ければ、お店としての評価が高くなります。売り上げは立地条件も大きく影響するので、売り上げがよくないから全く評価されないということではありません。

自分が店長となり優秀なアルバイトスタッフを多く育てることができれば、本部から評価されることもあります。

販促商品のノルマを達成した

ドラッグストアにはノルマが存在します。その時期によって重点的に売るものがあり、場合によっては販促商品をどのお店が最も多く販売したかを競い合っていることもあります。

販促商品を少しでも多く売ることができれば、お店としての評価も高くなるので、社員の給与の評価につながることもあります。本部が売り上げを伸ばしたいという商品があれば、どのようにすれば商品を多く売ることができるのか考えながら販売を行うようにしましょう。

大手と中小どちらに転職すべき

ドラッグストア店員に転職する方も少なくありません。しかし、ここで悩むのは大手のドラッグストアで働くか、それとも中小のドラッグストアで働くかということ。どちらが良いのでしょうか。

給与で考えるなら大手ドラッグストアを

今の仕事よりも給与を少しでも多くしたいというのであれば、大手ドラッグストアに転職するようにしましょう。大手ドラッグストアであれば、店長クラスの仕事を任された時に給料が50万円になることも難しいことではありません。

給与重視で考えるのであれば、大手に転職しましょう。しかし大手は、給与面は良くてもノルマなど社員に求められることは多いので、慎重にどのようにして働くのか検討する必要があります。

やりがいで働くのであれば中小のドラッグストアを

中小のドラッグストアでは、大手とは異なり任される仕事がお店の売り上げにつながるものばかりです。

大手では自分の意見を実現させるためには上の人間と交渉をしなければなりませんが、中小の場合はすぐに意見が採用されることもあるので、自分の考えているものが実現しやすくなります。

やりがいをメインで働こうとしているのであれば、中小のドラッグストア店員を目指すようにしましょう。

ドラッグストア店員の平均年収

ドラッグストア店員の年収を見ると、300~400万円前後になります。年収で最も多いボリュームゾーンが300万円台です。ドラッグストア店員として働いていれば、400万円前後稼ぐことができます。

年収をあげるために行うことは

年収をあげるために必要なことは、社員としてどのように貢献することができるかということです。貢献度が高ければ、店長、エリアマネージャーと出世し評価され続けば幹部クラスの社員になることも可能です。

アルバイトスタッフからキャリアを積み重ねて幹部社員になることも難しいことではないので、コツコツと実績を積み上げるようにしましょう。

年収1000万円以上は可能か

ドラッグストア店員として年収1000万円以上は可能なのでしょうか。大手のドラッグストアの店長を任されている社員さんの中には、年収が1000万円を超えている人もいます。

ただし、前述のような給与水準の金額を得られる可能性があるのは、薬剤師の資格などを保有している店長としてのケースがほとんどのようです。

とはいえ、中小のドラッグストアで年収1,000万円以上になることは難しいので、年収1,000万円以上を本気で狙っているのであれば、就職サイトの待遇を分析し、現実的に可能かを見極めましょう。

年収1,000万円に到達するためには、他のドラッグストア店員にはないスキルを持っておかなければならいので、ドラッグストア店員に必要なスキルを磨くようにしてください。

アルバイトと社員どちらが稼げるか

アルバイトスタッフでも優秀なドラッグストア店員は多くいます。社員とアルバイトどちらで働いた方が稼げるのでしょうか。

時給で考えればアルバイトスタッフの方が稼げる可能性があります。しかし、長期的な視野で考えると社員になる方が圧倒的に稼ぐことができます。

アルバイトで働いている人で、長期的にドラッグストアで働きたいと考えているのであれば、アルバイトではなく社員になる道を模索するようにしてください。

ドラッグストア店員の給与・年収まとめ

給与を高くしたい人は大手ドラッグストアに就職を

ドラッグストア店員の給与や年収を紹介しました。ドラッグストア店員として働きながら資格を取得し、実績をしっかり積めば1,000万円以上稼ぐことも決して不可能ではないことがわかりました。

しかし、給料を稼ぐためには、それなりの努力が必要です。ドラッグストア店員として高額な収入を稼ぎたい人は、覚悟を持って業界に飛び込みましょう。

ドラッグストア店員の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格
  • 登録販売者
資格区分 国家資格
職種販売・サービス

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ドラッグストア店員の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB