ブックデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

ブックデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

ブックデザイナーがどの程度給与、年収をもらうことができるかご存知でしょうか。有名ブックデザイナーになれば、年収は1,000万円を超えることも可能なようです。このページでは、ブックデザイナーの初任給・平均的な給与・平均的な年収などについてご紹介します。

ブックデザイナーの初任給

ブックデザイナーの初任給はどの程度もらうことができるのでしょうか。ブックデザイナーの初任給は10〜15万円程度です。

ブックデザイナーになりたての頃は、あまり稼ぐことができませんが、この時期にブックデザイナーとしての基礎を身につけておけば、生涯ブックデザイナーとして活躍することができます。

技術を身につけるまでには時間がかかる

1人前のブックデザイナーになるためには、どれくらいの期間がかかるのでしょうか。

1人前のブックデザイナーになるために必要な期間は、人によって異なりますが平均して5年以上は必要です。ブックデザイナーは、デザインを手がけるだけでなく、さまざまな仕事に携わらないといけないため、短期間でスキルを身につけることは難しいと言えます。

1人前として認められれば20代からでも十分に稼ぐことができます。それでは、1人前になるためにはブックデザイナーはどのようなスキルが求められるのでしょうか。

表紙を作成するための工程を学ぶ

ブックデザイナーとして携わる仕事は、企画立案、デザイン作成、印刷と大きく分けると3つの工程があるので、これらを全て完璧で行う必要があります。これらの工程を自分で出来なければ、1人前のブックデザイナーであるとは言えません。

そのため、1人前のブックデザイナーになるのであれば、デザインスキルを磨くだけでなく、これらの工程を1人で行う管理能力も合わせて身につけておく必要があると覚えておくと良いでしょう。

信頼関係を築く

ブックデザイナーとしてデザインスキルを磨いたら、クライアントや印刷業者、出版社との信頼関係を築く必要があります。ブックデザイナーの仕事は、信頼関係が収入に大きく影響する仕事なので、信頼関係を構築して自分の仕事を増やしていくことになります。

20代のうちから、出版社や作者などさまざまな人たちと仲良くなることで、ブックデザイナーとしての仕事を確保していく体制を作っていきましょう。

20代の理想的な給料

ブックデザイナーの仕事は、年功序列で給料があがるわけではありません。仕事を多くこなせば20代でも給与を多く稼ぐことができます。下積みであるため初任給は10万円台後半と少ない金額ですが、実績を積んでいけば20代でも20万円台後半を稼ぐことは可能です。

20代のうちに20万円台後半を稼ぐことができれば、1人前のブックデザイナーとして将来的に稼ぐことができる可能性があるので、20代後半までに20万円台後半を稼ぐという目標を持って仕事を行うと良いでしょう。

ブックデザイナーの平均給与

ブックデザイナーの平均給与はどの程度もらうことができるのでしょうか。ブックデザイナーの平均給与を紹介していきましょう。

年齢とともに収入があがる

ブックデザイナーとして順調にキャリアを築いていくことができれば、20代で20万円後半、30代で38万円、40代〜50代で48万円前後を稼ぐことができるようです。

所属する会社やフリーランスか等によって給与も異なりますが、平均的にすれば、この程度の給与を受け取ることができるので、これからブックデザイナーを目指す方は参考にしてください。

ブックデザイナーとしての理想的なキャリア

ブックデザイナーの中には、デザイン系の会社などに所属して稼ぐ人とフリーランスとして活躍をするブックデザイナーと大きく分けて2つの働き方があります。どちらの働きがブックデザイナーとして理想的なキャリアなのでしょうか。

ブックデザイナーとして生き残るためには、どれくらいの作品に携わってきたかということが重要です。会社に所属をしていても、実績が無ければ仕事が指名されることはありません。

そのため、どのような働き方をするとしても、ブックカバーのデザイン数が大きく影響していることを覚えていきましょう。

フリーランスと会社員どちらが良い

フリーランスと会社員で働くとすれば、どちらが正解なのでしょうか。

少しでもブックデザイナーとして稼ぐことを考えているのであれば、フリーランスがオススメです。しかし、フリーランスの場合は自分で営業努力をしなければ、仕事を取ってくることができないので、自信がつくまでは会社員として働く方法をオススメします。

デザイン系の会社員として働くケースは収入が少ないものの、取引のある出版社からブックカバーデザインの依頼が舞い込むこともあります。そういったケースでは、専属の作家さんを担当していることもあるので、好きな作家さんなどの表紙を自分の所属会社が手がけているのであれば、やりがいのある仕事が多いと言えます。

このように、フリーランス、会社員どちらにもメリットとデメリットがあるので、働きやすい方法で稼ぐようにしましょう。

ブックデザイナーの平均年収

ブックデザイナーの年収はどのように推移していくのでしょうか。ブックデザイナーの年収の推移を紹介していきましょう。

ブックデザイナーはフリーランスか会社員かによって年収が異なりますが、平均的には300〜600万円前後を稼ぐことができるようです。

スキルが高ければ700万円以上稼ぐことも可能になる仕事です。そのため、会社員、フリーランスとして働くとしても、役職ではなくブックデザイナーとしてのスキルが高くなければ収入があがらないと認識しておくと良いでしょう。

年収を高くするためには

ブックデザイナーとして年収を高くするために必要なのは実績です。しかし、文庫本や書籍を手がけても必ずしも収入が高くなるということではありません。年収を少しでもあげるためには、有名な作品をいかに手がけたかがとても重要になります。

ミリオンセラーとよばれる書籍を担当すれば、知名度も一気にあがり仕事が多く集中します。このようなブックデザイナーになれば、有名ブックデザイナーとして活躍できる可能性が高くなるので、年収も高くなります。

年収の高いブックデザイナーになれば1,000万円以上稼ぐことも可能で高いスキルを持っている人になれば、5,000万円以上稼ぐことも可能です。

年収に高いブックデザイナーになるために必要なこと

年収の高いブックデザイナーになるためには、有名な作品をデザインすることが必要不可欠です。有名な作品を多く手がけるためには、どのようなスキルが必要になるのでしょうか。求められるスキルを紹介します。

他のデザインとかぶらない作品を作る

有名ブックデザイナーの作品は、その人しか表現することができない作品ばかりです。このような作品を考えることができれば、有名な作品を多く手がけることができる可能性があります。また、大手の出版社の目に留まるようなデザインを日頃から作ることも大切です。

大手の出版社のデザインを手がけることができれば、有名な作品を手がけるチャンスが広がるので、日頃からコツコツと自分の良いと思った作品を提案していきましょう。

テレビなどで紹介される

テレビ番組などで特集されれば、名指しで仕事が多く入る可能性があります。ブックデザイナーとして活躍をしたいのであれば、テレビで取り上げられるようにスキルを磨きましょう。最も早い方法が、SNSで注目を集めることです。

SNSで注目を集めることができれば、テレビでも取材される可能性が高いので、ブックデザイナーになったら情報発信も積極的に行うようにしましょう。

ブックデザイナーの給与・年収まとめ

実績を積んでいけば稼ぐことができる仕事

ブックデザイナーの仕事は、給与・年収の差が大きく生まれるので、ブックデザイナーになってからスキルを十分に磨いていく必要があります。

実績・スキルを積み重ねていけば、ブックデザイナーとして活躍できる可能性があるので、これからブックデザイナーを目指す方は、高い志をもって目指すようにしてください。

ブックデザイナー(装丁家)の参考情報

平均年収300万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ブックデザイナー(装丁家)の関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB