スポーツライターになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

スポーツライターになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

スポーツライターは、スポーツ好きの人や元スポーツ選手に人気のある職業です。しかし、実際どのようなことをすればライターになれるのか、不明な部分も多いです。本記事では、スポーツライターになるために必要なこと、向いている人の特徴などについてご紹介します。

スポーツライターになるには何が必要?

スポーツライターとは、大まかに言うとフリーランスでスポーツ関係の記事を書いて働く人のことを言います。

新聞社や、出版社で働く人は主に記者に分類されます。では実際にどのようにすれば、スポーツライターになれるのか紹介をしていきましょう。

特に資格など必要はない

フリーランスで働くわけですから、自らが名乗ればスポーツライターにすぐなることができます。資格なども特に必要はありません。ただ、名乗ればすぐに仕事ができるわけではありません。

仕事は、おもに出版社からの依頼、自ら新聞社や出版社に売り込みにいく方法、さらにインターネット上のクラウドソーシングサイトで受注するという方法があります。

出版社や新聞社から依頼が来たり、売り込みで仕事を手に入れたりすることができるのは、上級のライターのみになります。初心者のうちは、インターネット上で仕事を受注し、確実に経験を積むことが大切となってきます。

一般的な文章力は必要

いくら資格がいらないとは言え、文章力は必要となります。レベルとしては特別な力というわけではなく、読み手が読みやすく分かりやすい文章を書く力が求められます。難しいことをかみ砕いて説明する能力、分からない人にも分かりやすく伝える能力が重要視されているといえるでしょう。

近年では、クラウドソーシングサイトで文章を書く力を伸ばす講座を無料で開設しているところもあります。そのような場所を利用して自分の文章力を高めていくのも、スポーツライターになるための近道かもしれません。

新聞社などで経験を積んだ人も多い

スポーツライターは即戦力が求められることが多い業界です。特にバリバリ稼いでスポーツライター1本で生活していくためには、経験が大切になります。

そのため、新聞社や出版社などで記者として働いて、そこから独立をしてスポーツライターになるという人もとても多いです。

また仕事内容としても記事を書くだけではなく、取材などもする必要も出てきます。その際にも、やはり記者として活動したスキルや経験が大いに生きてくるでしょう。

学生時代から積極的に経験を積もう

このように、スポーツライターになるためには、何よりも経験がものをいいます。そのため、学生の内から積極的にライティング経験を積むことが重要となってきます。

具体的にはスポーツの話題に限らず、クラウドソーシングを用いてライティングをしてみる、または出版社などのインターンシップなどに参加をするなどの方法があります。

いずれにしても、スポーツライターを目指す人にとって、独立後に向かってコツコツとスキルを高めることが夢を実現するための近道となりそうです。

スポーツライターに向いている人、適性のある人

次にスポーツライターに適性のある人を説明していきます。基本的に必要なのはスポーツが好きなこと、文章を書くのが好きなこと、そして聞く力。この3つです。自らに備わっているか確認もしていきましょう。

スポーツが好きな人

まず第一に自分が誰よりもスポーツが好きという人です。スポーツという題材を扱いそして記事にしていくのが、スポーツライターです。また、実際にスポーツ選手や関係団体と関わって仕事をしていくことになります。

一瞬に勝負と命を掛けるスポーツマンたちの心を邪険に扱わないためにも、スポーツに対する愛情とリスペクトを忘れずに仕事ができる人が適性のある人材と言えるでしょう。

また仕事をする上でスポーツ観戦は必須となります。観戦することが増えるなかでも飽きずにスポーツの魅力を探求できるというのも強みとなるでしょう。

スポーツを経験していると尚良い

スポーツライターは自身もスポーツを経験していると、活動をしていく際の強みになります。スポーツ選手の心に寄り添って取材ができるというだけではなく、先輩後輩、または友人などのツテを使って取材を申し込むことなども出来るからです。

仕事を有利に進めていく上で、スポーツ経験は大きなアドバンテージとなるでしょう。

文章を書くのが好きな人

スポーツも身近で、毎日何千から何万文字を超える、文章を書いて生活をしていく仕事でもあります。そのため文章を書くことが好き、もしくは抵抗のない人が向いているでしょう。

社交性のある人

社交性もスポーツライターをして働く上で、重要なスキルとなります。編集さんや、依頼人、クライアントとのやり取りが多い仕事です。また仕事を受注する際にも自らの能力をプレゼンし、好条件の仕事を受注することもあります。

その他にも取材をする際に、スポーツ選手にインタビューをする機会も多くあります。その時、失礼のない態度、特に体育会系の世界では挨拶や明るさが求められる傾向があります。

そのため、物事を論理に基づいて話せる人や明るくどんな人とも分け隔てなくハキハキと喋れる人、さらにしっかりと初対面の人でも挨拶ができる人に適性があると言えるでしょう。

聞く力が最も重要となる

コミュニケーション能力の中でも一番必要となるのが、聞く力です。インタビューの際には選手や監督、コーチが言いたいことを正確にくみ取り、記事にしていくことが必要になります。また自分が聞きたいことを明確に相手に伝えることも必要となります。

もし選手の言った内容を間違って伝えてしまうと、自分自身だけでなく選手や相手団体にも迷惑を掛けることになってしまいます。そのため聞く力はスポーツライターをして行く上で、最も大事な能力の一つと言っても良いでしょう。

スポーツライターになるための学校・教室

さて、スポーツライターになるためにはどのような学校に通えばよいのでしょうか。

必須となる資格が特に無いため、そのあたりは悩みどころかもしれませんが、説明をしていきましょう。

普通大学に入るのが望ましい

スポーツライターになるための資格は存在しませんが、出版社や新聞社に所属することが一種の資格のようなものになるでしょう。そのため、それらの会社に入社できるように、大学に入学しておくことが一番の近道となるでしょう。

また、学生のうちからレポートなどを多く書くことにより、スポーツライターに必須な文章力というスキルを上げられます。自分の調べたことを、レポートにまとめる以下の学部がおすすめです。

  • 法学部
  • 商学部
  • 経済学部

特に、商学部のレポートはデータなどを駆使して書くことが多いので、データを扱う機会の多いスポーツライターに酷似しています。そのあたりを考えて、学部を選んでみるのも良いかもしれません。

学生時代からの活動を大切に

スポーツライターになるためには、学生時代の活動が大事になってきます。中学高校でスポーツを経験しておく、大学時代にあらゆるスポーツを観戦するなどスポーツに触れる機会を多くすることをすると良いでしょう。

また、文章を書く機会も増やすと、例え出版社などに就職できなかったとしても真っ新状態からスポーツライターを始めるというわけではなくなるので、アドバンテージを持って活動ができるはずです。

スポーツライターになるには?まとめ

スポーツに対する情熱を持てるのが大切

スポーツライターになるためには、スポーツに対する知識や情熱を持つことが一番重要となってきます。普段からスポーツを自分でしたり、観戦をしたりと触れる機会を多く持つのが良いでしょう。

また、自分自身の文章力、これを磨くことにより、スポーツライターとして活躍する未来が見えてくることでしょう。

スポーツライターの参考情報

平均年収200万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

スポーツライターの関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB