イベントプランナーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

イベントプランナーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

観客や参加者を喜ばせるイベントを企画するイベントプランナーになるには、どんなスキルが必要なのでしょうか?今回の記事ではイベントプランナーに必要なスキルや向いている性格的特徴を紹介します。さらに、イベントプランナーになるための大学や専門学校選びについても紹介しています。

イベントプランナーになるには何が必要?

責任感が必要な仕事

イベントプランナーになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずは依頼されたイベントを成功させる実行力が必要です。

さまざまなイベントを企画する仕事のための華やかにも見えますが、自分の好きなようにやりたいというだけでは仕事は務まりません。クライアントの要望に沿ったイベントにするために、関係各所に打診をしたり、頭を下げたりすることもあります。

イベントの直前は準備のためにかなり忙しくなりますが、途中で投げ出すことはできません。イベントプランナーとして責任ある立場を任されたならば、最後までより通すためのモチベーションを持ち続けることが必要です。

発想力も重要な要素

イベントを成功させるためには与えられたことをただこなすだけでなく、新しい提案や斬新なアイデアを考えなければなりません。

イベントプランナーが扱うものには、コンサートやスポーツイベント、講演会や結婚式など多岐にわたりますが、マンネリ化されたものではお客さんを満足させることはできません。そのため最近の流行を調べたり、自分の興味あること以外にも関心を持ったり、自分でイベントに参加したりして自分に刺激を与えなければなりません。

イベントプランナーは、仕事以外の時間についても自分のスキルアップに使うことが求められます。

イベントプランナーは体力も重要

イベントプランナーの仕事は体力的にも精神的にもハードなので、基礎体力を身につけることは大切です。イベントを成功させることが重要な仕事ですが、良いアイデアが浮かばないために多くの時間を費やしてしまうことやクライアントによる企画の修正を求められたりすることがあります。

イベントの前日などには、最終的な調整のために徹夜で仕事をしなければならない時もあります。そのため、どんな状況でも集中して働くことのできる体力が求められます。

学歴も重要な要素になることも

イベントプランナーになるための特別な資格はありませんが、企業によっては大卒以上の人を求めることがあります。イベントプランナーになる人の多くはイベント企画会社や広告代理店などでスキルを磨いてから就いています。

大手のイベント企画会社や広告代理店などでは採用条件として大学卒業程度としているところもあります。そのため大学に進学をすれば就職に有利になることもあります。

イベントプランナーに向いている人、適性がある人

コミュニケーション能力は適正の一つ

仕事をするために求められる適性として、まずはコミュニケーション能力が挙げられます。

イベントプランナーは、イベントを成功させるためにさまざまな人と企画の打ち合わせをします。依頼するクライアントはもちろんのこと、イベント施設の関係者、照明や音響に携わる人、ヘアスタイリストやメイクアップアーティストなど色々な人と話し合いを重ねることになります。

イベントを成功させるために、時には意見をぶつけ合うこともあるのでどんな人とも一緒に仕事をこなせるコミュニケーション能力が求められます。

プレゼンテーション能力も重要

イベントプランナーは対話する能力だけでなく、説得させるためのプレゼンテーション能力も必要です。

イベントプランナーが仕事を取るためにはクライアントと契約をしなければなりません。一般的には、一人のクライアントに対して複数のイベントプランナーが受注のための競合プレゼンテーションをします。

クライアントに気に入ってもらうためには、自分で考案した企画を分かりやすく伝える能力が必要です。イベントプランナーはデータや過去の事例を用いながら、提供した企画にはどんな効果やメリットがあるのか、どのようにイベントを実現させるのかを説明します。

分析力のある人はイベントプランナー向き

向いている性格的特徴として、まずは分析力のある人があげられます。イベントプランナーの仕事には新商品を紹介するイベントを企画する仕事もあります。そのようなイベントではただお客さんに喜んでもらうだけでなく、新商品の優れた部分を紹介して購買意欲を高めることが求められます。

そのためには、以前の商品や他社の商品との違いを説明したり、その商品の強みを引き出すような紹介をしたりしなければなりません。イベントプランナーはどのようにアピールをすれば、魅力を際立たせることができるのかを分析することが求められます。

好奇心旺盛な人もイベントプランナーに向いている

向いているもう一つの性格的特徴として、好奇心旺盛であることが挙げられます。イベントは常に新しい内容で行われています。新しいとされていたことが、数年もすれば古いものとみなされるようになります。そのためイベントプランナーは常に新しいものを考え続けなければなりません。

イベントプランナーは得意な分野以外の事柄にも興味を持ち、いつでも新しいものを吸収したいという意欲を持ち続ければ、世界で初めてのイベントなど観客を魅了する企画を考案することができるでしょう。

イベントプランナーになるための学校・教室

大学で進学して仲間と切磋琢磨する人もいる

イベントプランナーになるために大学に進学する人も多くいます。イベントプランナーを目指す仲間と一緒に勉強をすれば、励まし合ったり切磋琢磨し合ったりできるので高いモチベーションを維持することができるでしょう。

自分が企画したイベントに合わせて学部や学科を選ぶことも

イベントプランナーとして働くのに有利な学科はありません。ただし自分が将来企画したいイベントを実現させるために特定の学部や学科で知識やスキルを身につけることはできます。

例えば、外国人に日本の文化や魅力を知ってもらうイベントを開きたい人は外国語学科で英語のスキルを身につけることができます。スポーツイベントを開きたい人はスポーツ学科や体育学部で必要なスキルを磨くことができます。そのため、まずは自分が将来どんな企画を実現させたいのかを考えて大学選びをするのがおすすめです。

イベントプランナーのための専門学校もある

イベントプランナーになるために専門学校に進学する人もいます。専門学校の中にはイベントプランナーを目指す人の学科を設置しているところもあります。

全てのイベントを企画できるイベントプランナーを育成する学科もありますし、ブライダルに特化したイベントプランナーを育成する学科もあります。専門学校の多くは学校説明会やオープンキャンパスなども行われているため、一度見学をしてから専門学校を選ぶのもおすすめです。

アルバイトとして働く人もいる

イベントプランナーを目指す別の方法として、アルバイトとしてイベントの企画や運営に携わることが挙げられます。アルバイトならば未経験でも採用してもらえる会社もあるため、実際に働いてみて現場を経験するのも良い方法です。

またイベントプランナーとしての経験があれば、就職活動の時に有利になることがあります。

イベントプランナーになるには?まとめ

責任感や発想力が必要な仕事

イベントプランナーになるためには、企画したイベントを最後まで行うことのできる責任感や魅力あるイベントにするために斬新なアイデアを提供できる発想力が求められます。加えて、どんな状況でも高いモチベーションで働くことのできる体力もあればベターです。

さらに、イベントの企画に携わる人と働くことが多いためコミュニケーション能力も必要です。さらにクライアントに評価してもらうためのプレゼンテーション能力があれば、有名イベントプランナーとして活躍できるでしょう。

イベントプランナーの参考情報

平均年収300万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

イベントプランナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB