ブックデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ブックデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ブックデザイナーが日々どのように仕事を行なっているかご存知でしょうか。ブックデザイナーは、購買意欲を高めるように本の表紙のデザインを行う仕事です。このページでは、ブックデザイナーが行う具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

ブックデザイナーとはどんな仕事?

ブックデザイナーが行う仕事内容はどのようなものがあるのでしょうか。ブックデザイナーが手がける仕事内容を簡単に紹介していきましょう。

本の表紙を手がける仕事

ブックデザイナーの仕事のメインは、本の表紙を手がける仕事です。本を作る上で表紙はとても大切です。

表紙によっては作品のイメージを伝えるものもあれば、書店に訪れた興味のない人の目に留まり購入の後押しをする役割を持っていることもあります。

表紙の重要性

ブックデザイナーの手がける書籍の中には、表紙で購入を決める消費者も少なくありません。また、過去にベストセラーになった作品を手がけたブックデザイナーは、願掛けを含め出版社から名指しで依頼されることもあります。

それほどブックデザイナーの手がける表紙の作品は重要になるので、担当するブックデザイナーも将来的に自分の仕事に大きな影響を及ぼす可能性が高いので必死にデザインを考えることもあります。

有名ブックデザイナーには仕事が集中する

有名ブックデザイナーになると、仕事が多く集中します。また、有名ブックデザイナーの多くはフリーランスで活躍し、年収も高いためブックデザイナーで働く人の中では憧れの存在です。

さまざまな作品を手がける上では、有名ブックデザイナーになる必要があるので、これからブックデザイナーを志している方は、有名ブックデザイナーになることを目標にしましょう。

有名なブックデザイナーになるためには

有名なブックデザイナーになるために最も重要なことは、実績を多く残すことです。実績を多く残すことができるブックデザイナーは、仕事の依頼も多く受けることができます。

有名なブックデザイナーになるために、無名の時から実績を積み重ねていきましょう。

ブックデザイナーの具体的な仕事内容

ブックデザイナーがどのような流れで仕事を行なっているのでしょうか。ブックデザイナーの仕事内容を具体的に紹介していきましょう。

クライアントとの打ち合わせ

ブックデザイナーの多くは、デザイナー会社に所属しています。そのため、出版社などと依頼をするところから作品作りがはじまります。依頼される仕事によって、手がける本のサイズや書いて欲しい内容が異なります。

どのような作品を手がけるのか打ち合わせを入念に行い、クライアントが要望する作品を作りあげていきます。クライアントによって具体的なイメージを伝えられることもあれば、ざっくりとしたイメージで作り上げなければならないこともあるので、臨機応変な対応が必要です。

ベテランのブックデザイナーになるまでは、細かい打ち合わせが求められるので相手がどのようなデザインを求めているのかイメージを働かせながら作品のヒントとなる情報を聞き出します。

デザインの作成

クライアントとの打ち合わせが終わったら、デザインの作成に入ります。イラストを作成するデザイナーもいれば、テキストベースのイラストをデザインするケースもあり、ブックデザイナーが手がける仕事はさまざまです。

デザインによっては、本のサイズの都合上クライアントから提案されたものができない可能性があります。そのため、ただインパクトの強い表紙をデザインするのではなく、ブックサイズを計算した上で良い作品を作りあげます。

また、作品によっては使用する紙はどのような材質なのか。クライアント側にブックデザイナーが意見を提案することもあります。

この時、イラストが得意なデザイナーとカラーなどで勝負するデザイナーではデザインを作るアプローチが異なるので、それぞれが得た独自のノウハウでブックカバーのイラストを作成していくことになります。

色味の確認

ブックカバーのデザインが完成したら、仕事が終わりということではありません。完成したデザインが正しく印刷されているか確認作業を行います。

この時、デザイン案で使用しようとしていたカラーが印刷では表現することができない作品もあります。このような作品に遭遇した際に、どのような対処をするのか、デザインを再考する必要があるのかを検討しながら、クライアントと検討しながら作品を作り上げていきます。

また、ブックカバーだけではなく書籍の帯を同時進行で考えたりすることもあります。出版の日程を遅らせることなくスムーズに進ませなければ出版社側にも迷惑をかけてしまうため、デザインだけでなく納期を守る正確性もブックデザイナーには求められることになります。

ブックデザイナーとして1人前になるにはどれくらい

ブックデザイナーとして1人前になるにはどの程度の期間が必要なのでしょうか。

最初は表紙ではなく、裏表紙やブックデザイナーのサポートとして仕事に携わることになります。その中で認められれば、帯のデザインを担当することもあります。地道に経験を積めば、成長スピードが早い人になれば5年で表紙を任されることもあります。

しかし、表紙を任されることがブックデザイナーとしてのゴールではありません。いかに読者に対してインパクトが強い作品を残すことができるかがブックデザイナーの力にかかっているので、将来的にブックデザイナーを目指している方は、このようなことを意識しながら仕事に取り組むとよいでしょう。

ブックデザイナーの仕事のやりがい

ブックデザイナーの仕事はどのような点でやりがいがあるのでしょうか。ブックデザイナーの仕事のやりがいについて紹介していきましょう。

感謝される

ブックデザイナーの仕事は、有名なデザイナーになれば編集者や作者から感謝をされることが多くなります。また、小説家をはじめその作品が処女作になる作家であれば、自分の手がけた作品の表紙は忘れられないものになるので、一生感謝されることもあります。

ブックデザイナーは、消費者に直接感謝されることはないものの、製作者に感謝されることが多いやりがいのある仕事だと言えます。

作家の作品を影から支える

ブックデザイナーは、作家の作品を影でサポートすることができる仕事です。実績があれば自分の好きな作品を影から支えることも可能です。

ブックデザイナーの仕事は、作家の作品の世界観を表紙で表現することができるので、手がける作品によっては自分の手がけたイラストやデザインで、売り上げに貢献をすることもあります。ブックデザイナーの仕事は、間接的に出版を支える仕事であると認識しておきましょう。

自分の手がけた作品は一生残る

ブックデザイナーの携わった作品は、自分がブックデザイナーを引退したあとでも成果物として残ります。

自分の手がけた作品を、自分の子どもが成長した時に自慢することができます。手がけた作品によっては、家族や知り合いからの見方が大きく変わる可能性がある仕事だといえます。

ブックデザイナーの仕事内容まとめ

書籍に欠かすことができない重要な仕事

ブックデザイナーの仕事は、書籍を作る上では欠かすことができない重要な仕事です。

読者にとってはただの表紙にしか過ぎないというわけではなく、書籍を販売する上で読者にインパクトを与えることができ、作者の作品をイメージ伝える重要なものです。表紙ひとつで大きく売り上げが上がったり、逆に内容は良いのに表紙で売り上げがそれほど伸びてこないという場合も十分に考えられます。

これからブックデザイナーを目指そうと考えている方は、売り上げを左右する可能性があるということを頭に入れて仕事に取り組むようにしましょう。

ブックデザイナー(装丁家)の参考情報

平均年収300万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ブックデザイナー(装丁家)の関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB