ブックデザイナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ブックデザイナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ブックデザイナーになるには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。このページでは、ブックデザイナーを目指す人が身につけておくべきスキルを紹介します。適性のある人物も紹介するので、ブックデザイナーになろうか迷っている方は参考にしてください。

ブックデザイナーになるには何が必要?

ブックデザイナーになるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。ブックデザイナーになるのであれば、次のようなスキルは必須になります。そのため、ブックデザイナーを目指している方は、スキルとして習得しておくようにしましょう。

印象的なデザインを手がける仕事

ブックデザイナーの仕事は、書店に訪れた方が思わず手に取ってしまうようなデザインを手がける仕事です。そのため、本の内容を表紙で伝えることができるようなインパクトのある印象的な作品を考える必要があります。

また、書籍によってはイラストで勝負する作品もあれば文字のレイアウトで勝負する作品もあります。依頼のあったテーマに沿った作品を作ることがブックデザイナーには求められるスキルと認識しておきましょう。

有名なブックデザイナーになれば仕事が充実

ミリオンセラーなどを叩き出した書籍のデザインを手がけることができれば、有名なブックデザイナーとして活躍できる可能性があります。もちろん、最初から表紙をかけるわけではありません。帯を作成したり、裏表紙の一部分をデザインしたりと下積みが必要になります。

しかし、有名なブックデザイナーになれば、仕事で困ることがなく自分の得意な作品を世に送りだすことができる仕事です。

バランス感覚が求められる仕事

良いブックデザイナーは、バランス感覚がありさまざまなクライアントに合わせた作品を提供することが可能です。ブックデザイナーの仕事は、ただ綺麗な作品、かっこいい作品を手がけることができれば良いというわけではありません。

その書籍に合った作品を作ることができなければ、ブックデザイナーとしては優秀であると言えないので、色々なクライアントにピッタリ合うようなバランス感覚は必須のスキルであると認識しておきましょう。

ブックデザイナーに向いている人、適性がある人

ブックデザイナーに向いている人と適性がある人はどのような人なのでしょうか。ここからはブックデザイナーとして向いている/適性のある人物について紹介していきましょう。

向いている人

ブックデザイナーに向いている人は、次のようなスキルを持った人です。次のようなスキルを持っていれば、ブックデザイナーに向いていると言えるでしょう。

illustratorが得意

ブックデザイナーは主にillustratorなどの専門ソフトを使ってデジタル上でブックカバーのデザインを設計します。illustratorの扱いになれていないと操作を覚えるまでに時間がかかるだけでなく、illustratorが使えないという理由で仕事を断られてしまうこともあります。

イラストを描くことが得意だけでなく、illustratorなどの操作も勉強しておくと良いでしょう。

色彩感覚がある

さまざまなブックカバーをデザインする際に問われるスキルが、「インパクトの強い作品をいかに作るか」ということです。インパクトの強いデザインを手がけるためには、効果的な色を使用することで、書店に訪れた人達に魅力的な書籍であることをアピールする必要があります。

色彩感覚が高ければ、効果的な色味や見た目的に美しいデザインを着想しやすくなるので、ブックデザイナーを目指す方は、色彩感覚を磨いておくようにしましょう。

バリエーション豊富なデザインを手がけることができる

ブックデザイナーとして活動するのであれば、さまざまな作品を手がけることができると、多くのブックカバーのデザインに携わることができる可能性があります。イラストを描くスキルを伸ばしても良いですが、書籍の全てにイラストが使われているわけではありません。

色味が綺麗なブックカバーもあれば、興味を引く文字で勝負をしているケースもあります。ブックカバーとして色々なバリエーションを提案できる人が、ブックデザイナーに向いていると言えます。

適性のある人

ブックデザイナーとして適性のある人はどのような人物なのでしょうか。次のようなスキルを持っている人は、ブックデザイナーとして活躍できる可能性があるので、ぜひ参考にしてください。

柔軟な作業ができる

ブックデザイナーは、出版社から細かい指示のもとデザインを作成するケースもあります。このような場合、自分の作品に愛着があると、指示に従うことに対して抵抗を感じてしまうケースもあります。

そのため、どのような作品を手がけても臨機応変に対応することができるような柔軟な姿勢の持ち主がブックデザイナーの仕事に向いていると言えるでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

ブックデザイナーの仕事は、1つの作品を完成させるために何度も出版社の人とコミュニケーションを図りながら作り上げることもあります。コミュニケーション能力が元々備わっている人であれば、依頼者側とスムーズにやりとりすることができるので、良い作品を作りやすくなります。

本が好きな人

ブックデザイナーとして働くのであれば本の知識が必要不可欠になります。もともと本が好きであれば、ブックカバーのデザインがどのようなものがあるのかを知っているので、バリエーション豊富な作品を思いつく可能性が高いと言えるでしょう。

また、出版社側と「あの本みたいなデザインが良い」と言われた時にすぐに頭に思い浮かべられる可能性があるので、迅速に対応することも期待できます。

ブックデザイナーになるための学校・教室

ブックデザイナーになるための学校や教室はどのような場所があるのでしょうか。

ブックデザイナーを目指すのであれば、次のような学校に通うことをオススメします。

芸術系の大学/専門学校に通う

芸術系の大学や専門学校に通うことで、ブックデザイナーに必要なデザインの基礎を学ぶことができます。もちろん、ブックデザイナーになれるわけではありません。

最近では、フリーランスで仕事をすることも可能なので、まずはこのような場所で基礎を学び、デザイナーとしてのスキルを磨くようにしましょう。

就職先を斡旋してもらう

芸術系の大学や専門学校に通っていると稀に就職先を紹介してもらうことができるケースがあります。

過去にブックデザイナーの出身者を輩出している学校では、就職先を斡旋してもらうことができる可能性があるので、ブックデザイナーになると入学前から考えている方は、どの学校に入学すべきか慎重に検討するようにしてください。

ブックデザイナーの将来性

ブックデザイナーは将来的にどのように変化していく仕事なのでしょうか。書籍は衰退の一途をたどっていますが、書籍自体が全くなくなることはありません。

また、電子書籍として販売にシフトしたとしても、表紙は必要になります。今後も作品への携わり方は変化していくものの、無くなることは無い仕事です。

ブックデザイナーになるには?まとめ

本のデザインで人に感動を与えることができる仕事

ブックデザイナーの仕事は、本を販売する上ではとても大切なものになります。

本を購入するかどうかを表紙で決める場合もあるので、デザインが書籍に大きく影響を与えるケースがあります。インパクトの強いデザインを手がけること、読者に訴えかけるようなデザインを手掛けることも、ブックデザイナーの重要な役割です。

これからブックデザイナーを目指そうとしている方は、今回紹介した内容を参考にしてデザイナーに必要とされるスキルを磨くようにしましょう。

ブックデザイナー(装丁家)の参考情報

平均年収300万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ブックデザイナー(装丁家)の関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB