自動車部品メーカー社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

自動車部品メーカー社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

自動車の製造に必要な部品を作っている自動車部品メーカー社員は、収入の良い職業だといわれていますが、一体どれくらいの収入を得られるのでしょうか?給与以外にも諸手当や福利厚生が充実しているケースが多く、他の職業に比べて収入は安定するようです。本記事では、自動車部品メーカー社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

自動車部品メーカー社員の初任給

自動車部品メーカー社員の初任給は約20万円

自動車部品メーカー社員の初任給は、約20万円前後がボリュームゾーンとなっています。一般公開されている求人情報でもこのような初任給で募集している企業が多いので、新卒採用の場合は平均20万円が初任給と考えて良いでしょう。

しかし、企業によってはご紹介した初任給よりも少ないところもあります。基本的には企業の規模に関わらずほぼ同額の初任給となっていますが、就職先によっては20万円以下の初任給となる場合があるので、就職する際には入社を希望する企業の給与情報をしっかりと調べておくことをおすすめします。

大手企業であれば初任給に大きな差はない

自動車部品メーカーには有名な大手企業がいくつもありますが、規模の大きな会社であればどこであっても初任給に大きな差はないようです。新卒採用の社員は業界での職務経験がない方が多く、仕事に必要な知識やスキルも少ないものです。

そのため、初任給はご紹介した約20万円が平均となっているので、大手企業であっても最初から高い収入を得ることはできないでしょう。しかし、仕事をする中で経験を積みながら知識やスキルを身に付けることで、給与アップを目指すことができます。

職種によっては資格が求められる業務もありますが、仕事をしながら資格取得を狙えますし、資格を持つことで業務の幅も広がるので、将来的には満足できる給与を得ることができるでしょう。

学歴が高いほど初任給も高くなる

自動車部品メーカー社員の初任給の平均はご紹介した金額となっていますが、最終学歴によっては初任給が大きく異なることがあります。最終学歴が高校卒業の方と高学歴な大学院卒業の方では、初任給に約3~5万円の差がつくといわれています。

また、修士修了や博士了といった高学を持っている方も、初任給の平均に比べて高い収入を得られるようです。自動車業界では常に最先端の技術を必要としているため、高度な専門的知識やスキルを学べる高学歴を持っている方は、初任給が高めとなっています。

さらに、多くの自動車部品メーカーでは高学歴を持つ方を優先して採用するほど企業にとって需要が高い人材となっています。そのため、企業の規模を問わず入社を希望する自動車部品メーカーへの採用率を高めることができるでしょう。

自動車部品メーカー社員の平均給与

自動車部品メーカー社員の平均給与は約30~40万円

自動車部品メーカー社員の平均給与は、約30~40万円前後がボリュームゾーンとなっています。初任給に関しては基本的にどんな企業でも大きな差はありませんでしたが、その後の収入となる給与は入社する企業によって異なる場合があります。

自動車部品メーカーの利益は仕事の依頼元となる自動車メーカーの業績によって左右されます。つまり、有名で人気車種を取り扱っている自動車メーカーの部品製造を受け持つ企業であれば、ご紹介した平均給与を得ることができるでしょう。

小規模な自動車メーカーの部品製造を行っている企業の場合は、業績が安定せず支給される給与額も平均給与を下回ることがあります。安定した収入を得るのであれば、就職先はしっかりと選ぶことが大切でしょう。

景気によっては収入が減ることもある

有名な大手企業であれば問題ないといいますが、自動車業界は景気によって社員の収入が減ってしまうことがあります。社会の景気が悪くなれば自動車を購入する人も減ってしまうので、時期によっては満足できる収入を得られないこともあるでしょう。

ただ、最近では自動車業界の景気は安定しているため、社員たちの給与に影響を与えることはないといわれています。基本的には安定した収入を得られると考えて良いでしょう。

ご紹介した自動車部品メーカー社員の給与は平均の金額なので、必ずしも30~40万円の収入なるというわけではありません。中小企業であれば30万円前後になるかもしれませんし、大手企業であれば40万円以上を得られる可能性もあるので、あくまでも目安として考えておきましょう。

大手企業に就職できれば安定した収入を得られる

大手企業であれば景気によって社員の給与に影響を出すことはないといわれていますし、常に安定した業績を上げることができています。また、新しく生産した自動車が人気となれば企業の利益もさらに上がるので、給与を減らされる心配がなく安心して働くことができるといわれています。

自動車業界の景気は安定しているとはいっても、企業の中には業績が伸びず給与の減額や社員のリストラなどで転職をされている方もいるそうです。そのため、満足できる収入を得ることも大切ですが、将来的に安定した収入を得るのであれば、大手企業への就職が好ましいといえるでしょう。

自動車部品メーカー社員の平均年収

自動車部品メーカー社員の平均年収は約500万円

自動車部品メーカー社員の平均年収は、約500万円前後がボリュームゾーンとなっています。ちなみに、現在の日本の平均年収は約400万円といわれていて、比較すると自動車部品メーカー社員の年収は高めとなっています。

職業によってはハードな仕事にも関わらず平均年収が300万円となる場合もあるので、自動車部品メーカー社員であれば満足できる収入を得ることができるでしょう。また、企業によっては500万円以上の年収を得られるところもあるため、同じ自動車部品メーカー社員でも人によって得られる年収は異なります。

そのため、ご紹介した平均年収はあくまでも目安と考え、具体的な収入額を把握したいという場合は入社を希望する企業の収入に関する情報を事前に調べておくことをおすすめします。

大手企業なら高収入を狙うことができる

自動車部品メーカー社員として大手企業に勤めている方の中には、なんと年収800万円以上を得ている方が多くいます。特に、大手自動車部品メーカーの「デンソー」は業界でもトップクラスの水準を誇っており、約900万円の年収を得ている方がいるようです。

また、大手企業で管理職に就くことができれば年収1,000万円以上を得られるといわれているので、高収入を狙うことができるでしょう。なお、自動車部品メーカー社員の年収はネット上で企業別にランキング形式で紹介されています。

自動車部品メーカー社員の年収ランキング

会社名 年収 従業員数 平均年齢 勤続年数
IJTテクノロジーHD 995.9万円 32人 50.8歳 2.1年
シマノ 826.9万円 1299人 39.8歳 14.8年
デンソー 812.3万円 39315人 43.4歳 22.6年
豊田自動織機 795.3万円 8289人 40.9歳 18.7年
ヤマハ発動機 740.4万円 10564人 43.2歳 19.8年
アイシン精機 733.3万円 14198人 39.0歳 15.2年

参考リンク:自動車業界95社「平均年収ランキング」

最新の情報を参考にすれば、どの企業であれば高収入を狙えるのかを知ることができるので、一度調べてみると良いでしょう。他にも、就職や転職をサポートしてくれる転職サービスを利用すれば、希望する収入を取得できる求人を紹介してもらうことができます。

転職サービスであれば常に最新の情報を提供してもらうことができますし、内定確定までをしっかりとサポートしてくれるので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

自動車部品メーカー社員の給与・年収まとめ

自動車部品メーカー社員の給与・年収は高い。安定した収入を期待できる

自動車部品メーカー社員の給与・年収は、基本的に高水準となっているため、安定した収入を期待することができるでしょう。

大手企業であればご紹介した自動車部品メーカー社員の平均年収よりも高い収入を得られますし、管理職へと昇格できれば更に高収入を狙うことも可能です。

また、自動車部品メーカーの多くは諸手当や福利厚生が充実している企業が多く、他の職業に比べて収入が安定するといわれています。車が好きな方やものづくりが好きな方は、ぜひ自動車部品メーカー社員を目指してみてはいかがでしょうか。

自動車部品メーカー社員の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

自動車部品メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB