自動車ディーラー社員になるには何が必要?向いている人の特徴やなるための学校

自動車ディーラー社員になるには何が必要?向いている人の特徴やなるための学校

自動車の販売をはじめ、車両点検やメンテナンスといったサービスを提供する「自動車ディーラー社員」。そんな自動車ディーラー社員になるためには、いったいどのようなことが必要なのでしょうか?今回は、自動車ディーラー社員になるために必要なことをはじめ、向いている人の特徴やノウハウを学べる専門の学校についてご紹介していきます。

自動車の販売をはじめ、車両点検やメンテナンスといったサービスを提供する「自動車ディーラー社員」。そんな自動車ディーラー社員になるためには、いったいどのようなことが必要なのでしょうか?今回は、自動車ディーラー社員になるために必要なことをはじめ、向いている人の特徴やノウハウを学べる専門の学校についてご紹介していきます。

自動車ディーラー社員にはどんなことが必要

自動車ディーラー社員になるには職種別で必要な資格がある

自動車ディーラー社員の仕事には大きく分けて「営業職」「整備職」の2種類があります。まず営業職の場合は自動車免許が必要になり、保険の販売を行うのであれば「保険募集人資格」の取得が必要になります。そのため、自動車ディーラー社員の営業職になりたいという方は、これら2つの資格を取得しておかなければなりません。

整備職の場合は自動車整備士の資格が必要になります。一般的には自動車整備に関する学科を設けた専門学校を卒業し、整備職に必須となる「2級自動車整備士」の資格が求められるといわれています。その他にも「自動車検査員」「特殊整備士」といった資格がありますが、就職時に求められるのは自動車整備士の資格だけのようです。

このように、自動車ディーラー社員といっても職種によって必須資格が異なるので、自分が目指す職種に必要な資格は事前に取得しておきましょう。

営業職と整備職で求められる学歴が異なる

自動車ディーラー社員になるには、職種によって求められる学歴が異なります。まず営業職の場合ですが、多くの企業では大卒以上で募集を出しているところが多いです。そして、整備職であれば上記でもご紹介したように、自動車整備関連の学科を持つ専門学校を卒業する必要があります。

ちなみに、営業職には大卒が条件となっていますが、学科や学部までを問われることはありません。実際に自動車ディーラー社員として営業職をされている方の多くは、文系出身者が多い傾向があるので、一般的な学科や自分の進みたい学部に進学しても問題ないでしょう。

採用試験に合格しなければ自動車ディーラー社員になれない

自動車ディーラー社員になるには資格や学歴が必要ですが、それらを持っていても採用試験に合格できなければ当然ですが就職することはできません。自動車ディーラーが行う採用試験は、各企業のホームページ内にある採用情報から確認することができます。

具体的な採用情報や募集している職種なども確認できるので、就職したい企業が決まっている方は、事前にチェックしておきましょう。また、採用情報の中には企業の特徴や職種ごとの仕事内容なども掲載されているので、どのような企業なのかを調べることもできます。

自分の目的に合った職場で働くためにも企業の下調べは重要なことなので、採用情報と合わせて企業に関する情報についても一通り目を通しておくと良いでしょう。

自動車ディーラー社員に向いている人、適性がある人

自動車が好き、自動車に関する豊富な知識を持っている

営業職や整備職を問わず、自動車ディーラー社員の職場環境は車に囲まれています。就職をする上で車が好きか・嫌いかというものは問われませんが、「自動車が好き」「自動車に関する知識が豊富」という方が向いている職業だといわれています。

というのも、自動車が好きな方であれば自然と車に関する知識も身に付きますし、営業職であればお客さんに商品の説明をする際にそういった知識が役立ちます。また、お客さんに合わせた提案ができますし、説明の一つひとつに説得力を持たせることができるそうです。

負けず嫌いな性格、努力することができる

自動車ディーラーでは社員の営業成績を社内の目立つところに表示していて、誰がどれだけの業績を上げているのかを一目で把握できるようになっているそうです。そのため、自分の業績が他の社員より低いからといって落ち込むのではなく、「必ず追い越してみせる」といった負けず嫌いな性格の人が向いているといわれています。

また、自分の成績を上げるためには自動車に関する知識をより取り入れる必要がありますし、何よりも営業に力を入れてたくさんの自動車は販売しなければなりません。そのため、どんなことにも努力することができる方は、自動車ディーラー社員に向いているといえるでしょう。

メンタルが強くて常にポジティブ

営業職であればノルマを達成しなければならないというプレッシャーがあり、お客さんへの接客時にはクレームを受けることもあります。また、整備職であれ正確な整備を行いつつスピーディな作業が求められます。このようなことから「仕事がつらい」と感じる方も多く、精神的なダメージを受ける方もいるそうです。

しかし、ネガティブな気持ちのままでは冷静な判断ができず、仕事でもミスをしてしまうかもしれません。そのため、自動車ディーラー社員にはメンタルが強く、常にポジティブに考えらえる人が向いているといわれています。

人と関わることが好き

営業職の場合はショールームへと来店したお客さんへの対応や、自動車を購入してもらうための営業を行わなければなりません。そのため、人と関わることが好き、またはコミュニケーション能力の高い方は、自動車ディーラー社員としての適性があるといえるでしょう。

過去に営業職の経験がある方や接客業が好きな方で、自動車に携わる仕事に就きたいと考えている方は、ぜひ自動車ディーラー社員を目指してみてはいかがでしょうか。

自動車ディーラー社員になるための学校・教室

自動車整備の知識と技術を学べる専門学校

自動車ディーラー社員を目指すのであれば、自動車整備に関する学科を設けた専門学校に通うことをおすすめします。専門的な知識や技術を学ぶことができるので、将来的に「自動車ディーラー社員になりたい」と考えている学生さんは、ご紹介した学科のある学校へと進学してみてはいかがでしょうか。

また、専門学校であれば資格を取得することができるので、卒業後はスムーズに就職することができます。資格取得のための勉強もできるので、効率良く自動車ディーラー社員になるための道へと進むことができるでしょう。

営業職を目指すなら大学への進学が必要

自動車ディーラー社員として営業職を目指しているのであれば、大卒の資格が必要なので進学先は大学を選ぶと良いでしょう。また、上記でもご紹介しましたが、採用条件には学科・学部は含まれていないので、自分の好きな学科や学部へと進んでも問題ありません。

しかし、多くの企業では採用条件として大卒が必要になるので、自動車ディーラー社員の営業職を目指すのであれば、高校卒業後は大学へと進学しておきましょう。

企業によっては学歴が問われないこともある

自動車ディーラー社員になるためには学歴が必要だとご紹介しましたが、企業によっては学歴を問わないところもあるようです。そのため、最終学歴が高卒の方、または大学を中退した方でも、自動車ディーラー社員になれるチャンスは十分にあります。

採用情報は各企業のホームページから確認することができるので、学歴で自動車ディーラー社員を諦めていたという方は、一度調べてみてはいかがでしょうか?

自動車ディーラー社員になるには?まとめ

職種によって自動車ディーラー社員になるために必要なことが異なる

自動車ディーラー社員になるには、職種ごとに必要な資格や学歴が異なることがわかりました。そのため、自動車ディーラー社員を目指している方は、営業職であれば「大卒」「自動車免許」「保険募集人資格」を、整備職なら「専門学校」「自動車整備資格」を取得しておきましょう。

しかし、企業によっては学歴を問わずに人材を募集しているところがあるので、営業職であれば誰にでもなれるチャンスはあります。車が好きで自動車に関わる仕事に就きたいという方は、さまざまな企業の採用情報を調べてみてはいかがでしょうか。

自動車ディーラー社員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

自動車ディーラー社員の参考情報

平均年収
必要資格 必要資格なし
資格区分
職種

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

自動車ディーラー社員の関連記事