自動車部品メーカー社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

自動車部品メーカー社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

自動車の製造に必要な部品を作り、日本の自動車産業を支えている自動車部品メーカー社員。そんな自動車部品メーカー社員になるためには、いったいどのようなことが必要なのでしょうか?本記事では、自動車部品メーカー社員になるために必要なこと、向いている人の特徴、なるための学校などについてご紹介していきます。

自動車部品メーカー社員になるには何が必要?

就職を希望する企業の採用試験を受けること

自動車部品メーカー社員になるには、まず就職を希望する企業の採用試験を受けなければなりません。さまざまな自動車部品メーカーでは新卒採用を行っていて、応募条件として大卒や大学院卒業、またはそれぞれで卒業の見込みがある方となっています。

応募条件をきちんと満たしていれば採用試験を受けることができるので、自動車部品メーカー社員になるための第一歩を踏み出すことができるでしょう。また、学歴に関しては企業によって異なるため、高校卒業後に就職を考えている方でも採用試験を受けられる自動車部品メーカーもあります。

なお、新卒採用で就職した場合はまず総合職として採用されますが、社員一人ひとりの適性を判断して「事務系」「技術系」などに配属される仕組みとなっています。また、人によっては総合職のまま採用されることもあり、この場合はさまざまな業務を担当することが多く、異動や転勤をすることもあります。

特別な資格を持っていなくても就職は可能

自動車部品メーカー社員を目指している方の多くは、「何らかの資格が必要なのでは?」と考えているようですが、特別な資格がなくても就職できるといわれています。

自動車部品メーカー社員は基本的に配属された職種で実務経験を積んで、仕事に必要なことを学んでいくというスタイルになっており、就職に備えて資格を取得する必要はないでしょう。

仕事に関連する資格を持っている場合は就職時に有利になれる可能性が高いので、持っておきたい資格があれば取得しておくと良いでしょう。

企業によっては語学力が求められる

さまざまな自動車部品メーカーではグローバル化が進んでいるため、語学力のある人材を求めている企業が多いといわれています。募集条件として語学力を求める企業もあれば、入社後に語学力を高める目的で社内研修を行う企業もあるといいます。

自動車部品メーカー社員を目指すのであれば語学力を身に付けておくと採用率アップを期待できますし、就職後は仕事に役立てることができるでしょう。語学力を身に付けるのであればTOEICがおすすめされていて、最低でも500点以上のスコアを取得しておくことが好ましいといわれています。

TOEIC500点の取得は英検2級レベルといわれているので、しっかりと勉強をしていれば取得することができるでしょう。可能であればハイスコアを持っている方が企業からの評価も高いので、できるだけ高いスコアの取得を目指してみてはいかがでしょうか。

中途採用の場合は職務経験やスキルが必要

新卒採用の場合は学歴以外で特に求められるものはありませんが、中途採用の場合は職務経験やスキルなどが求められます。中途採用では即戦力となる人材を求めているため、未経験者やスキルを持たない方の採用は難しいでしょう。

ちなみに、学校卒業後にすぐ就職する場合は当然新卒採用となりますが、中には卒業してから就職をしていない方もいるでしょう。この場合は企業によって異なりますが、卒業から一定以上の就職経験がない方は、新卒採用という扱いになるそうです。

また、企業によっては中途採用ではなく別の名称で募集しているところもあります。詳しい採用情報は各自動車部品メーカーのホームページで紹介しているので、就職をする際は事前に確認しておくことをおすすめします。

自動車部品メーカー社員に向いている人、適性がある人

ものづくりに対して情熱を持っている人

自動車業界はものづくりの極と呼ばれていて、これまでにないものを考えて実際に作り出して形にします。そして、自動車部品メーカー社員であれば自分が作った部品が車の一部として使用されるので、より良い自動車を世界中に届けるという目的を持って部品の製造を行います。

ものづくりに対して情熱を持っている人は、自動車部品メーカー社員としての適性があるといわれています。車好きの方でなくても、ものづくりが好きな方であればやりがいを感じられるので長く続けることができる仕事だといえるでしょう。

グローバルな仕事をしたい人

前述したように、自動車部品メーカーではグローバル化が進んでいるため、海外で活躍している方も多いです。そのため、グローバルな仕事をしたいと考えている方には向いている職業だと言えるでしょう。

また、語学力に対するスキルや意識を持っている方は、採用時に自動車部品メーカー社員として優遇されやすくなっているので、外国語を活かした仕事を目指している方にも向いていると言えます。

丁寧な仕事ができる人

自動車の製造は消費者が安全に運転できる商品を作らなければならないので、使用する部品の一つひとつの製造において責任感をもって行う必要があります。そのため、丁寧な仕事ができる方は、自動車部品メーカー社員に向いています。

また、製造する部品によっては細かいものあるので、細かい作業が得意な方や手先が器用な方にも向いているでしょう。

自動車部品メーカー社員になるための学校・教室

機械系・電子系・金属工学系の学科・学部を持つ学校

自動車部品メーカー社員を目指すのであれば、機械系・電子系・金属工学系などの学科を設けている大学や専門学校に通うことをおすすめします。

自動車部品の製造に関する専門的な知識や技術を学ぶことができるので、将来的に「自動車部品メーカーで働きたい」と考えている学生さんは、前述した学科のある学校へと進学してみてはいかがでしょうか。

また、専門学校であれば仕事に必要な資格を取得することができるので、採用率を高めることができるでしょう。資格取得のための勉強もできるので、効率良く自動車部品メーカー社員になるための道へと進むことができるでしょう。

事務系の職種は学科・学部を求められることがない

自動車部品メーカー社員として事務系を目指す場合は、学科・学部を問われることがないので、一般的な学科や学部へと進んでも問題ありません。学歴は就職する企業の募集条件を満たしていれば良いので、自分が学びたい道へと進んで良いでしょう。

しかし、事務系の職種ではパソコンを使った業務を担当することが多いため、パソコン関連の知識やスキルを学べる学科・学部を選ぶのもおすすめです。知識やスキルがあれば仕事の役に立ちますし、企業によっては採用率アップに繋がる可能性もあるので、将来をしっかりと考えた上で進学先を決めると良いでしょう。

自動車部品メーカー社員になるには?まとめ

自動車部品メーカー社員は特別な資格がなくてもなれる職業

職業によっては就職時に何らかの資格が求められたり、必須となる資格があったりすることがありますが、自動車部品メーカー社員を目指す上で特に必要な資格がなくても就職することができます。

ただし、企業によっては学歴が求められるので、就職する企業の募集条件に含まれる学歴は取得しておく必要があります。また、新卒採用と中途採用では募集条件が異なり、求められるものも異なります。

自動車部品メーカー社員になりたいという方は、就職を希望する企業のホームページから採用情報をしっかりと確認しておきましょう。

自動車部品メーカー社員の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

自動車部品メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB