住宅メーカー社員の給与・年収は?インセンティブがある場合、営業成績次第で年収1000万円以上も可能!

住宅メーカー社員の給与・年収は?インセンティブがある場合、営業成績次第で年収1000万円以上も可能!

不動産業界において人気の職業である住宅メーカー社員の給与・年収はいくら?勤務先の住宅メーカーによっても変動しやすい住宅メーカー社員の給料。より高い年収を目指すなら、大手の住宅メーカーへの転職を目指して働き方を考えるのも一つの手かもしれません。本記事では、住宅メーカー社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

住宅メーカー社員の初任給

新人住宅メーカー社員の給与は平均18〜20万円

住宅メーカー社員として働く場合、初任給は18〜20万円前後が相場といわれています。男女問わず人気の職業の住宅メーカー社員ですが、初任給は比較的高めの金額と言えます。

働く住宅メーカーの規模によっても多少の差はあるようですが、新人の頃は覚えることもたくさんあるので対価としては少し低めになるかもしれません。

転職したときの給与は経験や役職で左右されやすい

住宅メーカー社員の世界では、よりレベルの高い場所で経験を積むために転職を繰り返す人もいます。転職した場合の給与は、今までの住宅メーカー社員としての経験によって決まるのが一般的と言えます。

住宅メーカー社員として5年以上のキャリアがある場合や、役職に就いていた経験があれば新卒採用者と同じ給与になるケースは少ないと言えます。ですが、前職の給与水準を保証してくれるかどうかは働く企業によっても大きく異なります。

場合によっては新卒と同じ給与を提案される場合もあるので、住宅メーカー社員としての経験や実績をアピールすることは大切でしょう。交渉次第では給与が変わる可能性があるということは覚えておきましょう。

異業種から住宅メーカー社員への転職は給与の確認を

異業種から住宅メーカー社員に転職する場合には、年齢に関係なく新卒と同じ給与になることが一般的です。

住宅メーカー社員の仕事は高額な住宅を取り扱うため、営業の経験があっても新卒や中途関係なく同列の給与から始まるケースが多いのです。

転職前の仕事内容によっては給与が大幅にダウンしてしまう可能性もあります。異業種から住宅メーカー社員に転職する場合には慎重に判断することが大切でしょう。

住宅メーカー社員の平均給与の統計

住宅メーカー社員の平均給与は約43万円

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータによると住宅メーカー社員の平均給与は、全国平均が約43万円となっています。

住宅メーカー社員の仕事は、営業ならお客様の接客や打ち合わせ、設計なら図面の作成や現場監督など仕事量も多く朝早くから夜遅くまで働かないといけない場合もあります。

下積みの時は専門的な住宅のことを学ばなければいけません。ハードな仕事内容ではありますが、業界全体的に住宅メーカー社員の給与レベルは高めとなっています。

また、スキルアップしたり、お客様から感謝された時のやりがいも大きな仕事です。給与だけに捉われて、心が折れないようにすることも大切でしょう。

売り上げに応じて給与もアップすることが多い

住宅メーカー社員の給与は、歩合制であることが多いです。住宅メーカーによっても差がありますが、基本給に加えて自身が獲得した契約数に応じて給与がアップします。

お客様を接客して、契約まで結びつけられれば自分の給与アップに繋がるという仕組みです。

一件契約をすると数%が歩合として入ってきます。人によっては100万円以上稼ぐ営業マンもいます。契約が取れなければ歩合が入らないので、基本給のみの支給となるでしょう。

住宅メーカーの世界では、いかに契約を取るかが給与アップのポイントになると言えます。

求人を探す際は給与以外の手当もチェック

住宅メーカー社員全体の統計では、給与とは別に支給される賞与も年間平均で約60万円という結果が出ています。

住宅メーカー社員の世界では残業が多いですが、企業によっては基本給以外の手当や残業代が支給されないケースもあるので注意が必要です。

住宅メーカー社員に転職する際には、求人票で残業代が支給されるか、賞与や手当などがあるかどうかも確認しておく必要があります。

厳しい営業ノルマがある

住宅メーカー社員の仕事は住宅を販売することですが、契約が取れない場合には基本給しか得ることは出来ません。住宅メーカーによっても差がありますが、営業として働く場合には、ノルマが設定されているケースが多いでしょう。

一般的には、住宅メーカー社員として1ヶ月に1件以上の契約を結ぶことが望ましいと言われています。設定されているノルマをクリアするのは難しく、日々住宅メーカー社員はノルマと戦っています。

営業成績が良くなければ他部署に異動になることもあるようです。歩合制で契約が取れれば給与アップが見込めますが、営業ノルマがあるというのは覚えておきましょう。

平均給与は住宅メーカー社員として働く場所の規模によって変動

住宅メーカー社員の給与は、全国的な平均の数字です。勤務先の住宅メーカーの規模によっても給与が変動すると考えると良いでしょう。大手の住宅メーカーの方が歩合率が高かったり、基本給が優遇されている傾向にあります。

経験や実績によっては給与アップにつながることも

住宅メーカー社員の給与は一般的に高い方ですが、高い実力があれば大幅に給与アップを見込める仕事です。

前述しましたが、住宅メーカー社員は歩合制である場合が多く、契約を取ることで給与アップ出来ます。転職する場合にも役職に就いていた経験や契約をより多く取った実績があれば、給与に実績を考慮してもらえる可能性が高いでしょう。

資格取得が給与や手当に反映されるケースも

住宅メーカー社員の仕事は、スキルのレベルが給与に反映されやすい職業でもあります。資格を取得すれば採用でも有利になり、給与アップに繋がると考えられます。

資格の中でも給与への評価に繋がりやすいのは、国家資格である宅地建物取引士です。資格として人気のある不動産に関する資格で、重要事項の説明ができるようになります。難易度も高いため取得しておけばスキルの証明になるでしょう。

住宅メーカー社員に関連する資格には、不動産鑑定士の資格も挙げられます。ただし、取得した資格が給与アップに繋がるかどうかは勤務先の住宅メーカーによって異なります。

資格を取得したらその資格を活かしたいと考えるものです。転職や就職の際には、住宅メーカー社員として資格手当が支給される企業を探すことも重要です。資格手当が支給されるかどうかは、求人票に記載されているのでチェックしましょう。

住宅メーカー社員の年収統計

住宅メーカー社員の年収は500〜700万円前後

住宅メーカー社員の平均年収を厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると約627万円になります。

新人の場合には、住宅メーカー社員の給与が18〜20万円であれば年収は200万円台になります。ですが、経験を積んで契約を重ねることで年収がアップして、住宅メーカー社員の一般的な年収は500〜700万円前後と予想されます。

契約を多く取って実績を積み重ねれば、給与アップが見込めますが、長時間労働になりやすく残業も多くあります。肉体的にもハードな仕事内容ではありますが、年収レベルは高めの傾向にあると考えられます。

大学卒という応募条件がある住宅メーカーも

ほかの職業とは異なり、住宅メーカー社員は、アルバイトとして働けることはほとんどありません。取り扱う住宅は金額が高額になるので、応募条件に大学卒という縛りを設けている住宅メーカーも多いです。

アルバイトという自由度の高い働き方は出来ず、正社員としての募集がメインになるということは覚えておきましょう。

住宅メーカー社員の給与・年収まとめ

住宅メーカー社員の年収レベルは高め。給与とやりがいが得られる仕事

住宅メーカー社員の平均給与や年収レベルは、精神的・肉体的にも負担のかかる仕事内容から考えると高めの傾向にあると言えます。手当や残業代が出るか出ないかでも差が生まれやすいです。

また、契約を取ることで歩合により給与アップも見込めます。資格を身につけたり経験を積んでいくことで高待遇な転職ができる可能性もあります。

住宅メーカー社員は、住宅を販売したい、お客さまに満足した住宅を提供したいという情熱と地道な努力を続ければ自分の理想が叶うかもしれない、夢のある仕事と言えるでしょう。

住宅メーカー社員の参考情報

平均年収500万円〜700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

住宅メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB