自動車メーカー社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

自動車メーカー社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

自動車の企画・開発・製造を行う企業に勤める自動車メーカー社員。自動車メーカー社員になるためには、いったいどのようなことが必要なのでしょうか?一般的に、大手の場合は学歴が採用時に重視されるようです。本記事では、自動車メーカー社員になるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

自動車メーカー社員になるには何が必要?

採用条件として学歴が求められる

自動車メーカー社員には「事務系」「技術系」といった2つの職種があり、どちらも一般的に大卒や高等専門学校を卒業しているという学歴が求められることが多いといわれています。企業によっては学歴を問わないところもありますが、基本的に大手企業であればこれらの学歴を求められるので、進学先はしっかりと選ぶ必要がありそうです。

ちなみに、採用条件は各企業のホームページに掲載されている採用情報から確認できます。就職を希望する企業がどの職種を募集しているのか、採用条件には何が定められているのかなどを把握できるので、就職を希望する企業のホームページだけでも一度は目を通しておくと良いでしょう。

また、最近では就職や転職活動をサポートしてくれる転職サービスが人気を集めています。中小企業から大手企業まで求人情報を取り扱っていて、就職・転職をされる方の希望に沿った募集情報を紹介してくれます。さらに、履歴書の書き方や面接などのアドバイスから内定確定までをしっかりとサポートしてくれるので、利用するメリットばかりとなっています。

転職サービスによっては新卒での就職活動をサポートしてくれるところもあるので、「就職できるのか不安…」「必ず〇〇の自動車メーカーに就職したい」という方は、一度利用してみるとよいでしょう。

技術系を目指す場合は理系の学部・学科を出ている必要がある

事務系の職種では学科や学部を問われることはありませんが、技術系の場合は理系出身者を採用しています。具体的な学科・学部には、「精密」「機械」「電気」「制御」「応用物理」「人間工学」などが挙げられます。

というのも、技術系の仕事には理系の知識が必要とされるため、前述したような学科・学部を出ている人材を採用しているのだといわれています。しかし、技術系で働く人材を募集する全ての企業が理系の人のみを採用しているというわけではありません。

採用条件は企業によって異なりますし、文系出身者でも技術系に採用しているところもあります。そのため、就職を希望する企業が決まっている方は、採用情報を事前に確認して進学先を決めると良いでしょう。

採用率を高めるのであれば大学院への進学も視野に入れる

技術系の採用試験では、大学院を出てより専門的な知識を身に付けている方を優先的に採用している傾向があります。大学院を出ているからといって必ずしも採用されるというわけではありませんが、大卒と比べて採用率は高めとなっています。

というのも、自動車の技術はどんどん進歩しているため、自動車業界では最先端の技術が求められています。そのため、より専門的な知識や技術を学べる大学院を出ていた方が、採用率を高めることができるといえるでしょう。

また、大手自動車メーカーの場合、技術系の採用試験では学歴を重視しているところが多いそうです。実際に採用試験を受けた方や自動車メーカーで勤務している方からは、「学歴を持っている方が就職に有利になる」という意見が挙がっているようです。

自動車メーカー社員に向いている人、適性がある人

車が好き、またはものづくりが好きな人

自動車メーカー社員には車が好きな人、またはものづくりが好きな人が向いているといわれています。企画・開発・製造までの全てが自動車に関わるものなので、車好きであればやりがいにも繋がり、楽しく仕事を続けることができるでしょう。

また、自動車の製造はものづくりの極と呼ばれる職業なので、ものづくりが好きな方にはピッタリの仕事です。他にも、製造する部品によっては細かいものもあるので、手先が器用な方にも向いているといえるでしょう。

チームプレーが得意な人

企画・開発・製造ではいずれの業務も1人ではなく、複数の社員と一緒に意見を出し合ったり、協力して作り上げたりといった仕事になります。また、1つの商品を作り上げるといった目標に向かって進んでいかなければならないので、自動車メーカー社員には協調性が必要です。

そのため、チームプレーが得意な人は自動車メーカー社員に向いているといわれています。チーム一丸となって新しい自動車の開発・製造を達成すれば、大きな喜びとやりがいを感じられるので、ぜひ自動車メーカー社員を目指してみてはいかがでしょうか?

新しいことに興味を持つことができる人

技術系は自動車の製造が主な仕事ですが、事務系の場合は商品の企画や経営企画、経理や総務といった様々な仕事があります。また、1つの業務ではなく様々な仕事を担当することもあるので、新しいことに興味を持つことができる人は、自動車メーカー社員への適性があるといえるでしょう。

または、興味のないことでも仕事だからときっぱり割り切れる人も、自動車メーカー社員に向いています。複数の業務を行う職種では仕事を好き嫌いで選ぶことができないので、「〇〇はしたくない…」という方は、他の職業をおすすめします。

他にも、任せられた仕事には前向きに取り組むことができる人も、この職業に向いている性格だといえるでしょう。

自動車メーカー社員になるための学校・教室

事務系・技術系ともに高等専門学校・大学のいずれかに通う必要あり

自動車メーカー社員を目指すのであれば、高等専門学校・大学のいずれかの学歴が必要になります。

職種を問わず、これらの学歴は採用条件の1つとなっているので、将来的に「自動車メーカー社員になりたい」と考えている学生さんは、ご紹介した学校へと進学してみてはいかがでしょうか?

また、事務系であれば文系の学科や学部でも問題ありませんが、技術系を目指すのであれば理系の学科・学部へと進む必要があります。企業によっては学部・学科を問わないところもありますが、基本的には理系が採用されやすい傾向があります。

技術系の職種を目指すなら理系の学科・学部を設けた大学院

大手企業の自動車メーカー社員として技術系を目指すのであれば、理数系の学科・学部を設けた大学院への進学もおすすめです。大学院では大学と比較して、より専門的な知識と技術を学ぶことができるので、採用率アップを期待することができます。

しかし、大学院を出ているからといって必ずしも採用されるというわけではありません。最先端の技術が求められる自動車業界では、大学院を卒業している方を優先して採用する傾向があるので、技術系を目指してトヨタや日産といった大手企業への就職を希望している方は、大学院への進学も視野に入れておくと良いでしょう。

自動車メーカー社員になるには?まとめ

自動車メーカー社員になるには学歴が必要

自動車メーカーの採用条件には学歴が含まれているため、最終学歴が高等専門学校卒業、または大卒・大学院卒業でなければなることができません。

また、事務系の職種であれば学部・学科を問われることはありませんが、技術系の職種では専門的な知識と技術が求められるため、学科・学部は理系でなければ採用されるのは難しいでしょう。

なお、大学院を卒業していると採用率がアップするといわれていますが、必ずしも採用されるというわけではありません。ただし、大手企業ではこのような学歴を持つ方を優先して採用している傾向があるので、トヨタ・日産といった大手企業への就職を考えている方は、大学院へと進学すると良いでしょう。

自動車メーカー社員の参考情報

平均年収600万円~800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

自動車メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB