精神保健福祉士の給与や年収は?平均月収や支給される手当まとめ

精神保健福祉士の給与や年収は?平均月収や支給される手当まとめ

精神科や心療内科などで患者さんの心のケアを行っている精神保健福祉士。医療機関には欠かせない職種の一つとなる精神保健福祉士を目指すのであれば、どれくらいの給与・年収を得られるのかを知っておくことが大切です。今回は、そんな精神保健福祉士の平均給与や年収についてご紹介していきます。

精神保健福祉士の初任給

新人の精神保健福祉士の給与は約20万円

精神保健福祉士を目指している方であれば、仕事内容はもちろんですが、「初任給はいくらもらえるの?」と気になる方は多いのではないでしょうか?

新人の精神保険福祉士の初任給は、大卒の方で約20万円といわれています。新人の頃に得られる収入は決して高いとはいえませんが、経験と実績を積んでいくことで、徐々に給与が上がっていく仕組みとなっています。

将来的には20万円以上の収入を得られるようになり、30代の方であれば約25万円、40代の方であれば約30万円の給与を得ている方もいるようです。とはいえ、精神保健福祉士の給与は国家公務員に準じた金額となっているため、基本給に大きな差が生まれることがないといわれています。

取得できる給与額の差は賞与や手当などによって変わるため、経験や実績を問わなければ、経歴に関係なく基本給が変わらないようですね。賞与や手当などの待遇は経歴を積めば受けられるものなので、初任給が低くても後々取得できる収入を増やすことができるでしょう。

役職に就いても基本給に大きな差は生まれない

一言で精神保健福祉士といっても、主任・係長・課長・部長など、クラス別に役職が存在します。しかし、これらの役職に就いたからといって、基本給が大きく跳ね上がるというわけではないようです。

主任・係長クラスであれば約20~25万円、課長・部長クラスであれば約30~40万円となっています。しかし、役職に就いていない方に比べて得られる賞与の金額がとても大きいため、1ヶ月の給与額に差が大きくなっているそうです。

ちなみに、役職に就いている方の賞与額は約80~150万円となっているようです。一般社員ではこのような待遇を受けられないので、精神保健福祉士の仕事で高収入を得たいのであれば、役職を目指すのがよいでしょう。

精神保健福祉士の平均給与の統計

精神保健福祉士の平均給与は約27万円

精神保健福祉士の平均給与は、約27万円といわれています。先ほどもご紹介しましたが、精神保健福祉士の基本給は国家公務員に準じた金額なので、一般企業に勤めている方のような高い給与ではないことがわかっています。

精神保健福祉士の仕事は患者さんの相談を受けつつ心のケアをしなければいけないので、決して楽な仕事ではありません。そのため、収入を気にせずに就職された方の中には、後々精神保健福祉士という仕事に苦労する方も少なくないそうです。

しかし、精神保健福祉士は現代の医療現場には必要不可欠な職種ですので、正当な対価を与えるために賞与や手当などの待遇を設けています。そのため、基本給は少なくても実績や経験に合った待遇を受けられるので、満足できる給与を取得することが可能となっているようです。

勤務先によって給与が変わる

精神保健福祉士が取得できる給与は、勤務する施設や機関によって異なるといわれています。精神保健福祉士の勤務先には、精神科専門の病院や小規模な心療内科などの医療機関、障害者支援センターや精神保健福祉センターなどの行政機関などがあります。

それぞれの勤務先によって取得できる給与が異なるので、精神保健福祉士として働くのであれば、入社する前に勤務先の給与を確認しておく必要がありそうですね。ちなみに、行政機関を勤務先として働く場合、地方公務員となりますので、年齢に応じて給料が上がっていく仕組みとなり、安定した収入を得られることが多いようです。

例えば、20代で入社して給与が20万円だったとしても、勤続年収が長くなればなるほど給料がアップしていくことになります。精神保健福祉士が取得できる給与は勤務先によって異なるようなので、現在勤務先を探しているという方は、行政機関に勤めることも視野に入れておくとよいかもしれませんね。

求人を探すときは受けられる待遇の確認も忘れずに

精神保健福祉士の求人を探すときには、受けられる待遇や勤務条件の確認も忘れずに行っておきましょう。というのも、精神保健福祉士が受けられる待遇は勤務先によって異なるため、勤務先の候補をいくつか挙げて、それぞれで受けられる待遇や勤務条件をよく確認し、比較することが大切です。

同じ仕事量でもそれぞれの勤務先によって賞与や手当などの内容が異なるため、場合によっては仕事のモチベーションが低くなってしまうかもしれません。実際に給与面を考慮せずに就職した方の中には、仕事の大変さや責任の重さに比べ、満足できる給与がもらえないことで苦労されている場合も少なからずあるようです。

基本給に大きな差がないぶん、待遇が自分の収入に直結してくるため、仕事に見合った給与を取得したい方は、求人を探す際には必ず勤務先で受けられる賞与や手当などを確認しておきましょう。

精神保健福祉士の年収統計

精神保健福祉士の平均年収は約350~400万円

精神保健福祉士の平均年収は約350~400万円といわれています。ちなみに、全国の平均年収は約400万円となっているので、同じくらいの年収となります。しかし、他の職種であれば年収500万円以上となるものもあるため、高収入を得たい方にとっては、精神保健福祉士の年収はあまり魅力的とはいえないかもしれません。

しかし、高待遇を受けられる勤務先で勤めることができる、または役職に就くことができれば、ご紹介した平均年収よりも高い収入を得ることが可能となります。ここに紹介した年収はあくまでもこの職種の平均なので、勤め先や自分の頑張り次第で高い収入を得ることが期待できるでしょう。

精神保健福祉士のボーナスは約80万円

精神保健福祉士が取得できるボーナスですが、基本的には約80万円となっているようです。もちろん、勤務先や役職に就くことでボーナスの金額は上下しますが、一般社員がもらえるボーナスはそれほど多いとはいえないようです。

そのため、精神保健福祉士の平均年収は一般企業に勤める方と比べ、高い収入を得られるとはいえないのかもしれませんね。しかし、福祉施設ではなく医療機関で務めることができれば、支給されるボーナスの倍率が高いといわれています。

精神福祉士のボーナスは基本給と同じく基本的にはアップされることがないため、一般社員が高収入を得ることは難しいものです。そのため、自分が納得できる収入を得るのであれば、就職活動をしている時点でどれくらいのボーナスが支給されるのかを事前に確認しておきましょう。

精神保健福祉士は将来性のある仕事

現代社会の日本では、ストレスや人間関係などが原因で精神的な悩みを抱える方が増えているそうです。そのため、精神保健福祉士は現代社会には必要不可欠な仕事であり、将来的にも重要視される傾向があります。

また、精神保健福祉士の仕事はメンタルのケアはもちろんですが、高齢者施設での業務も行なうなど、幅広い場における活躍が期待されている職種でもあります。そのため、将来性の高い仕事だといわれており、長期的に勤めることで安定した収入が得られる仕事となる可能性が大いにあります。

さらに、現時点での収入は少なくても、精神保健福祉士は今後も需要が高まる仕事なので、基本給の改正や待遇が改善されるといった可能性もあるかもしれません。現時点では決して高い収入を得られるとはいえませんが、精神保健福祉士はやりがいも将来性もある仕事なので、先のことを考えると賢い選択といえる仕事かもしれませんね。

精神保健福祉士の給与・年収まとめ

精神保健福祉士の給与・年収は低めだが将来性のある仕事

ここまで紹介したように精神保健福祉士の平均給料や年収は決して高額とはいえないですが、やりがいのある重要な職種であり、勤務先や受けられる待遇によっては高い収入を得ることも可能な仕事だとわかりました。さらに、役職に就くことができれば高待遇となり、1ヶ月あたりの収入額も大きくなることでしょう。

また、精神保健福祉士は将来性の高い仕事なので、この先で基本給アップやそれぞれの勤務先で待遇の見直しが行われるかもしれません。今後とも需要が高まる一方の仕事ですので、長く勤めることで高待遇となり、安定した収入を得ることが期待できる仕事といえるでしょう。

精神保健福祉士の参考情報

平均年収350万円~400万円
必要資格
  • 精神保健福祉士
資格区分 国家資格
職種心理・福祉・リハビリ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

精神保健福祉士の関連記事

心理・福祉・リハビリに関する他の職業KANREN JOB