言語聴覚士の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

言語聴覚士の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

言語障害や聴覚障害を持つ患者さんのサポートを行っている言語聴覚士は、人手不足のため比較的待遇の良い職業だといわれています。それでは、言語聴覚士は一体どれくらいの収入を得られる職業なのでしょうか?本記事では、言語聴覚士の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

言語聴覚士の初任給

言語聴覚士の初任給は約22~26万円

言語聴覚士の初任給は、約22~26万円が相場となっています。関連する職種である作業療法士や理学療法士に比べると、わずかではありますが言語聴覚士の初任給は低めとなっているようです。そのため、最初は収入が少ないと感じてしまう方も少なくありません。

ただし、言語聴覚士という職業は現在言語聴覚士として働く人の数が少なく、基本的に好待遇で受け入れてくれるところが多いそうです。職業によっては初任給20万円以下となるところも多いので、初任給としては納得できる金額といえるのではないでしょうか。

地域や勤務先によって給与が異なる

言語聴覚士の初任給は就職や転職をする地域、または勤務先によって異なるといわれています。言語聴覚士として少しでも良い収入を得るのであれば、就職先・転職先の給与制度や待遇などを事前に確認しておくことが大切だといえるでしょう。

勤務先は自分で選ぶことはできますが、言語聴覚士になったばかりでは実務経験がない、または浅い状態なので納得できる職場を見つけるのは難しいといわれています。そのため、新人の間は満足できる収入を得られない可能性が高いでしょう。

言語聴覚士の平均給与

言語聴覚士の平均給与は約25~30万円

言語聴覚士の平均給与は、約25~30万円が相場となっています。初任給と比較しても給与額が高くなっているので、安定した収入を得られるようになるでしょう。

ただし、言語聴覚士の給与は地域や勤務先によって異なるため、同じ言語聴覚士でも人によって収入額が異なります。医療施設であれば病院の規模によっても給与額が異なるので、職場によってはご紹介した平均給与以上、または以下の収入になるかもしれません。

経験を積むことが収入アップを目指すことができる

医療関係の職種は豊富な経験を積むことで昇給できるシステムとなっています。言語聴覚士も障害を持つ患者さんのリハビリ訓練を行い、回復に向けた指導を行う医療関係の職業です。

さらに、言語聴覚士として働く人が少なく人数不足だといわれているので、しっかりと経験を積むことで収入アップを目指すことができるでしょう。

関連する資格を取得すれば給与アップの可能性あり

言語聴覚士になるには国家資格の取得が必須ですが、その他にも業務に役立つ資格はたくさんあります。関連する資格を持っていればスキルアップにも繋がりますし、専門性の高い知識を身に付けることができるので、転職をしなくても給与アップを見込めるでしょう。

例えば、手話通訳士の資格を持っていれば言語障害で上手く会話ができない患者さんとコミュニケーションを取ることができますし、介護福祉士の資格を持っていれば患者さんのトータルサポートを行うことができます。

このようなスキルを持っている方の需要は高く、病院や施設などでも求められる人材となるので、給与アップを目指すのであれば関連資格の取得を検討してみてはいかがでしょうか?

言語聴覚士の年収統計

言語聴覚士の平均年収は約400万円

言語聴覚士の平均年収は、約400万円が相場となっています。日本の平均年収は約400万円ですから言語聴覚士の年収レベルは同水準となっているようです。

勤務先やスキルアップによっては平均年収よりも高い収入を得ることができるので、同じ言語聴覚士でも人によって収入額が異なります。さらに、年齢によっても収入が変わるようなので、ご紹介した平均年収はあくまでも目安として参考にしてください。

管理職に就くことができれば年収アップを狙える

どんな職業でも管理職につくことができれば、基本給やボーナスなどがアップするので、年収アップを狙うことができます。言語聴覚士として年収アップを考えるのであれば、管理職を目指して頑張るという手段が現実的でしょう。

言語聴覚士として管理職に就くことができれば、年収約500万円以上を得られる可能性があります。ただ、管理職を目指すためにもまずは経験を積む必要があるので、コツコツと努力を積み重ねることが昇格や年収アップに繋がるといえるでしょう。

好待遇を望むなら福祉施設での勤務がおすすめ

言語聴覚士の収入は勤務先によって異なるとご紹介しましたが、好待遇を望むのであれば福祉施設での勤務がおすすめされています。というのも、福祉施設では言語聴覚士の仕事が医療職という扱いになるため、公務員と同じ待遇を受けることができます。

他の施設での勤務に比べて安定した収入を得られますし、働きやすい環境が整っているので、不満を感じることなく長期的に働くことができるでしょう。

言語聴覚士の給与・年収まとめ

言語聴覚士の給与・年収レベルは標準。モチベーションの維持が重要

言語聴覚士の給与・年収レベルは、地域や勤務先によって異なりますが平均すると日本人の平均年収と同水準程度であることがわかりました。

少しでも待遇の良い職場で働くなら福祉施設がおすすめですし、スキルアップや管理職への昇格を目指せば地域・職場を問わず収入アップを望めるでしょう。

また、言語聴覚士は医療に関する職業なので、責任感が問われる大変な仕事です。そのため、収入だけを意識すると業務に対しての収入が少ないという状態からモチベーションが下がってしまい、仕事を長く続けることが難しくなってしまいます。

言語聴覚士として収入アップを目指すのであれば、やりがいを見つけてモチベーションを維持することが大切だといえるでしょう。

言語聴覚士への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

言語聴覚士の参考情報

平均年収350万円~450万円
必要資格
  • 言語聴覚士
資格区分 国家資格
職種心理・福祉・リハビリ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

言語聴覚士の関連記事

心理・福祉・リハビリに関する他の職業KANREN JOB