診療放射線技師の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

診療放射線技師の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

診療放射線技師は、近年、特にガン治療の分野で非常に需要が増えている職業です。医師・歯科医師以外で放射線を扱う治療ができる唯一の存在が診療放射線技師となっています。この記事では、診療放射線技師の仕事の内容や特徴、将来性についてご紹介します。

診療放射線技師とはどんな仕事?

表面的には見えない身体の中の状態を調べる仕事

診療放射線技師が担当する仕事は、主に放射線を人体に照射することによって、検査や治療を行うことです。診療放射線技師が行う仕事で最も親しみのある内容としては、X線やCTなどを用いた、人体の中身を写して病状を確認する検査です。

放射線は照射量によっては人体に危険を及ぼす可能性がありますが、人体を透過する性質があるので、そうした性質を利用して、人体の中身の状態を詳細に確認するのに非常に役立ちます。診療放射線技師など放射線を扱う医療従事者は、こうした放射線の特性や、人体に照射することによる人体への影響や作用に関して詳細に熟知している必要があります。

ですので、診療放射線技師は国家資格となっていて、高度な専門知識および技術を修習しなければ、仕事をする事が出来ません。医師・歯科医師・診療放射線技師以外の無資格者が、放射線を扱う医療行為を行った場合、法律により処罰の対象となってしまいます。

診療放射線技師の仕事内容は多岐に渡る

診療放射線技師が行う仕事内容としては、X線撮影、CTスキャンをはじめとした諸検査があり、血管撮影、骨密度の検査、核医学検査(放射性薬品を用いた人体の生理機能の画像検査)、放射線治療(主にガンに対する放射線照射)など多岐に渡ります。

放射線診療を行う事ができるのは医師・歯科医師を除くと診療放射線技師しか担当できないので、主にこういった放射線を用いた検査や治療を行いますが、放射線を用いない検査、例えばMRIや超音波(エコー)検査、眼底撮影、検査画像の処理や解析、放射線使用施設の安全管理、放射線診療に用いる医療機器の品質管理なども時に担当しますので、その業務内容は非常に多岐に渡ります。

診療放射線技師の勤務先は医療機関だけでなく、医療機器メーカーに勤めるケースもあります。メーカーでは医療機器の開発や動作検証、品質管理などの仕事も担当しますので、放射線診療に関してハードウェア的な意味でも、ソフトウェア的な意味でも包括的な知識と技術が求められる職業であると言えるでしょう。

診療放射線技師の仕事の具体的な内容の例

画像診断部門で働く診療放射線技師の仕事

診療放射線技師の中でも、最も代表的な仕事が、画像診断部門で働く診療放射線技師で、基本的にそのアプローチは「放射線を用いた検査においてスキャン撮影を行い、撮影した画像をもとに医師の診断の補助を行う」と言った作業範囲となっています。

主に行う検査としては、X線によるレントゲン撮影、消化管造影検査、血管造影検査、CTスキャン、骨密度検査など、また放射線を使わない検査ではMRI検査、超音波(エコー)検査などです。

放射線を人体に照射して撮影を行う場合に、撮影を行う部位に関しては医師の指示を仰ぎます。しかし、撮影する角度など詳細は診療放射線技師に一任されています。ですので、医師が指示した特定の部位に関して、診療放射線技師の裁量で角度などを調整して撮影を行い、撮影した画像から病状を確認するところまでを行います。

ただし、医療的な「診断」は医師職にしか許されていないため、診療放射線技師が行うのは、その専門知識を駆使して医師に対し診断に必要な検査結果を共有する「診断の補助」の範囲に限られます。しかし画像診断に関する知識は医師による診断を行う際に非常に重要視されるため、医師との連携において診療放射線技師の果たすべき役割は大きいです。

放射線治療部門で働く診療放射線技師の仕事

画像診断部門とまた別の意味で重要な立ち位置にいるのが、放射線治療部門で働く診療放射線技師です。放射線診療には、放射線を用いた検査だけでなく、医師の指示の下で、所定の放射線照射によって、人体の治癒、症状の改善のための治療を行う仕事があります。

放射線治療部門で働く診療放射線技師に任されているのは、外部照射業務と呼ばれる、リニアック装置という大きな機器を用いた、人体への放射線の照射です。リニアック装置は、問題のある細胞にダメージを与えるための放射線照射となるので、レントゲンやCTなどよりも遥かに強力な放射線を使います。

よって人体への危険が伴うため、外部照射業務に際してはより確実な治療を行うために、2人1組の診療放射線技師が従事するシステムになっています。1人は患者さんに声をかけ、細かい指示を出しながら所定の位置に患者さんを導き固定するなど患者さんへの対応を行い、もう1人はそうした患者さんの動きを見ながら、機器の適切な操作を行います。

治療に際して実際に患者さんに対する対応や機器の操作を行うのは診療放射線技師ですが、治療内容の決定や指示出しなど、治療全体のコントロールはあくまでも医師が担当します。ですので、診療放射線技師が担当するのは医師の治療の補助、という範囲になります。病院によっては、コントロールルームに常に放射線科医が1人以上常駐しているところもあります。

人体への照射には危険が伴うため、始業時と終業時には必ず機器の点検を行い、また、月に1回は必ず詳細な放射線量の測定を行い、細心の注意を払って対応しています。毎日の医師や医学物理士などを交えたミーティングなど、チーム医療の一員として、医師や他の医療従事者との綿密な連携が重要視されます。

診療放射線技師の仕事のやりがい

放射線を使用した検査結果によって患者さんの治癒を助ける仕事

診療放射線技師は、医師職以外に診療目的での放射線を扱う事ができる唯一の技術者ですが、しかし医師ではないため、直接的な治療行為を行うことはできません。しかし医師に対して重要な補助を行う仕事であるため、放射線診療に際して極めて重要な立ち位置で仕事ができます。

診療放射線技師が行う撮影および撮影した画像の分析結果を提供することや、放射線治療時に患者さんの正確な部位に適切な量の放射線を照射することによって、医師が適正な治療を行うことができるのです。そして医師の治療によって患者さんが快方に向かった時の喜びは医師と同様に分かち合う事ができますし、そうした立場の重要性が、大きなやりがいを生むことでしょう。

放射線を使用した検査で重要な疾患を早期に発見できる

放射線は、人体を透過する性質を持っているため、人体の中身に関して非常に詳細な部分まで見通す事が可能です。定期的なCTスキャンやMRI検査など診療放射線技師が行う仕事に際し、放射線がもたらす検査結果の詳細さによって、悪性腫瘍など重要な疾患を早期に発見する事ができます。早期発見により素早い治療を行う事ができ、患者さんが重病に罹患するのを防ぐ事ができます。

女性の場合だと、乳がんの罹患率が女性のガンにおいて統計上第1位となっている現状があり、若いうちからの乳がん検診が叫ばれています。その際、放射線を用いたマンモグラフィ検診を行いますが、マンモグラフィ検診に特化した認定資格も、診療放射線技師の資格に加えて取得する事が可能です。女性の社会進出に伴い、女性の診療放射線技師が活躍できる場として、マンモグラフィ検診の重要性も年々大きくなっています。

放射線を使用した検査は大きな病に関わる事が多くあるので、予防のために定期的に通う人もいます。そうした意味でも、検査による予防医療において今や放射線診療は欠かせないものとなっています。そうした放射線診療において用いる機器に精通する診療放射線技師のやりがいは非常に大きなものです。

診療放射線技師の仕事内容まとめ

診療放射線技師が行う仕事は非常に重要

診療放射線技師が行う仕事は、医師のように直接的な治療行為はできないものの、医師が治療を行う際に重要な判断材料をもたらしてくれる意味で非常に大事な意味を持ちます。放射線による検査は細部に渡って病状の検出が可能なため、生活習慣病の増加が叫ばれる昨今において非常に大切です。

検査結果が命を救う場合も往々にしてあります。診療放射線技師の仕事は、これからも大きな意味を持ち続け、医療に多大なる貢献を行っていくことでしょう。

診療放射線技師の参考情報

平均年収350万円〜600万円
必要資格
  • 診療放射線技師
資格区分 国家資格
職種医療

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

診療放射線技師の関連記事

医療に関する他の職業KANREN JOB