化粧品メーカー社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

化粧品メーカー社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

生活していく上で必需品として愛用されている化粧品の企画から製造、そして販売までこなす美容製品に関するスペシャリスト、化粧品メーカー社員。化粧品メーカー社員になるには、どんなスキルが必要になるのでしょうか。本記事では、化粧品メーカー社員になるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

化粧品メーカー社員になるには何が必要?

化粧品メーカー社員になるには採用試験に合格すること

化粧品メーカー社員の採用試験は、基本的に事務、技術の二つのどちらかで募集をしている所が多いです。特に大企業では、新卒の場合は経験を積んで、将来会社を引っ張っていってくれるような人材になってもらうためにも総合職を募集している所が多い傾向にあります。

また総合職は大学を卒業している人を条件にしているケースが多数なので、採用試験に受験するための条件として大学を卒業しておくとよいでしょう。技術系に比べると総合職は、理工学など指定はされていませんが、採用試験で化粧品に関する知識をアピールすることで採用試験に合格できる確率が上がる可能性が高いです。

化粧品、美容に興味があるというのは大事な要素

どの部門であれ、化粧品や美容に興味がなければ、自社の商品の良さを売り出せません。技術部門であれ、自社の商品を使ってもらいたいという気持ちが大切です。男女問わずに、化粧品やメイクが好きであることは化粧品メーカー社員になるにあたって一番大事な要素と言えるでしょう。

世の中にある化粧品に関して情報をリサーチしてどんな商品が、人気があるのか、求められているのかを情報収集しなくてはいけません。また、メイクのトレンドにもアンテナを貼って、化粧品に興味があることが必要になります。

目指す部門によって異なる知識やスキルが必要

化粧品メーカー社員の中でも、総合職系か技術系、あるいは販売員と関わる部門によって必要になる知識は異なります。

例えば、技術系であれば理工系や生物学や化学、電子工学などの学科を卒業している人を募集している企業がほとんどです。また技術職の場合あまり学歴は問われませんが、研究職や開発職として活躍できるような知識とスキルが必要になります。

総合職となると事務関係の知識から扱う化粧品についての知識など、一般事務に比べると覚えないといけないケースが多いです。事務から営業、企画、広報など幅広い仕事内容を求められます。

求められる知識もお互いに必要な知識もありますが、作業は全く異なるので化粧品メーカーのどの部門で働くかによって必要な知識が変わります。

コミュニケーションスキルは化粧品メーカー社員には必要

技術職の場合は絶対とは言えませんが、総合職や販売職で就職する際にはコミュニケーション能力は必要不可欠です。

事務系ならば営業から宣伝、広報などで人と接する機会が増えます。そして美容販売員は目の前で商品の説明をしつつも、買ってもらえるように話をしなくてはいけないため、コミュニケーション能力は化粧品メーカー社員として必要なスキルです。

また化粧品メーカーは比較的女性が多いため、グループで集まりやすく、人間関係も色々考えて空気を読み、仕事を円滑に進める時にコミュニケーション能力は重要になってきます。

化粧品に関する資格は持っておくと便利

化粧品メーカー社員になるための資格というのはありせん。しかし、資格を持っていることで専門知識や美容に詳しいということを証明できます。

しかし、今後、経験積んで独立することも考えているならば、化粧品を製造や販売する時に「化粧品総括製造販売責任者」という資格が必要になります。キャリアアップや独立まで考えているなら取っておく方がおすすめです。

就職しようと思っている化粧品メーカーにもよりますが、就職や転職の際にも化粧品やコスメ関係に関する資格を取得しておくことで、待遇の面でも考慮してもらえる可能性があります。

化粧品メーカー社員に向いている人、適性がある人

化粧品メーカー社員になるには、化粧品や美容に興味があることの他にも、持って生まれた適性やスキルも大事な要素となります。

細かいことに気付ける人も化粧品メーカー社員に向いている性格的特徴のひとつ

化粧品というのは、人の肌に触れたりする商品で、想像以上に繊細な商品です。扱い方によって劣化が早くなることや、使用する人に害を与えてしまう場合もあります。どの化粧品であったとしても、小さなことに細かく注意を払える人は向いているでしょう。

綺麗にしてあげたいと思う気持ちが強い人も化粧品メーカー社員として適性有り

化粧品というのは、誰かを綺麗にすることが主な役割でもあります。だからこそ化粧品で色んな人を綺麗にしてあげたいと強く思える人は化粧品メーカー社員に向いています。

自分が欲しいものではなく、世の中の人達に綺麗にする手助けするために何ができるのか、消費者がなにを欲しがっているのかを考えて行動できるかどうかが大事になってきます。そしてお客様が化粧品で笑顔になってもらいたいと考えることが出来る人は化粧品メーカー社員として向いているでしょう。

責任感が強い人も化粧品メーカー社員求められる性格的特徴

責任感を持って自社の商品を世の中に送り出そうとできる人は、化粧品メーカー社員として求められる性格的特徴です。

化粧品メーカーによって、薬系の開発をしている企業あります。飲む製品であれ、肌に塗る製品であれ、安心かつ安全な商品の開発から販売まで出来る責任感がある人が化粧品メーカー社員に求められています。

今後も化粧品メーカーを愛用してもらうには、安全が確保されているという信頼が化粧品メーカーには大事になってきます。だからこそ責任感がある人は化粧品メーカー社員には必要な性格的特徴です。

化粧品メーカー社員は美的感覚が活かせる仕事

化粧品メーカー社員になるには、経験やスキルとは別に事務系のスキルや資格、美容やメイクに関する美的感覚やセンスの高さも求められています。将来独立したいと考えている場合には、特に自分自身の美的センスや感覚が問われます。

化粧品メーカー社員になるための学校・教室

化粧品メーカー社員になるには、資格や年齢などは絶対に必要という訳ではありません。しかし、化粧品メーカー社員になるための必要なスキルや知識を身につけておくと良いでしょう。総合職は必要になる学部はありませんが、技術系の開発にかかわる部門を受ける際には技術や知識を勉強しておくと就職の際にも役に立ちます。

また化粧品などに関する知識を学べる大学で、自分と同じような道を目指している人と出会える可能性もあります。また、学校で情報供給や人脈ネットワークを作っておくことが出来るのも魅力です。

東京医薬専門学校

東京医薬専門学校では化粧品総合学科があり、医学系から薬学まで化粧品を開発する技術系の研究職を目指せます。

沢山ある化粧品を作る技術や知識を学ぶことが出来ます。また在学中に、実際のメイク、スキンケア商品を制作できます。 卒業すると化粧品総括製造責任販売者の資格を取得できます。

さらに実習では卒業研究で実際に企業と一緒にプロジェクトを参加できます。講師も大手化粧品メーカー社員として経験のある人達が教えてくれます。

東京工科大学

東京工科大学には応用生物学科の食品・化粧品専攻の化粧品コースがあります。

化粧品コースでは、化粧品の開発に関係する分野を幅広く学べます。最新の施設や設備が設置されています。化粧品を開発するために必要になる生物学や化学の基礎を勉強できます。さらに他のコースの科目を勉強出来ます。

化粧品メーカー社員になるには?まとめ

資格と学歴はあるとベター。まずは化粧品に興味があること

化粧品やメイクに興味があることが化粧品メーカー社員として働く上で、総合職、技術系、美容販売のどの部門であっても必要になります。今後、独立やキャリアアップを考えているならば、資格は取得しておく方が良いでしょう。

化粧品メーカー社員になるには、化粧品やスキンケア、メイクなどに関する知識や技術を学び、さらに資格も取得しておくと就職や転職にも役に立つと考えられます。

化粧品メーカー社員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

化粧品メーカー社員の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

化粧品メーカー社員の関連記事

関連記事が見つかりませんでした。

企業に関する他の職業KANREN JOB