化粧品メーカー社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

化粧品メーカー社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

女性の憧れの職業として根強い人気がある化粧メーカー社員。平均の給与や年収はいくらくらいなのでしょうか?さらに給与や年収を上げるには、独立をする人もいるでしょう。今回は化粧品メーカー社員の平均給与、年収の給与アップ、さらに高収入になるための方法や手段についてご紹介します。

化粧品メーカー社員の初任給

化粧品メーカー社員の給与は平均約20万円前後

化粧品メーカー社員として働く場合、平均的な初任給は約20万円前後が相場となっています。

会社の規模や学歴によっても初任給が変動する可能性が高いです。特に学歴については学歴が高いほど給与も上がります。また総合職や技術系や企画として働く事を考えている場合は学歴が採用の面でも重視されやすいです。

高卒として美容販売員などで入社した場合は、20万円以下という事もあったりするので、給与面で、高卒で就職した場合、少ないと感じる人もいるかもしれません。

異業種からの化粧品メーカー社員の転職は給与や手当の確認を

企業によって、経験者と未経験者で給与の差がでる場合もありますので、異業種からの転職をする際には、給与形態、さらに最高で貰える金額などはしっかりチェックしておいた方が良いでしょう。

また、企業によっては色々な手当がでる場合があります。所属される部門や勤務地によっても手当が変わる可能性があるので、受ける前にしっかりと調べておくべきです。

例えば、営業手当や、時間外手当(深夜手当など)、そして勤務地に合わせた地域手当も貰える企業もああるので、手当関連もチェックを忘れずにしておきましょう。

勤続年数が長いほど上がる可能性有り

能力やスキルはある方が良いですが、基本的に化粧品メーカー社員は年功序列で給与が上がっていく事の方が多いです。しかし、企業の風土によってはスキルアップを常にしていればスピード出世できる企業もあります。

また役職に就くようになれば年収や給与は勤続年数に上乗せされて給与アップできるので、地道に努力を惜しまずに実績を重ねていけば給与はかなり上がるでしょう。

企業の組織形態によっても変わる

化粧品メーカーは基本的に年功序列の給与体系が多いですが、成果主義の会社もあります。

成果主義の場合は自分が持っているスキルや能力をふんだんに発揮して売り上げを伸ばしていけば給与は年功序列の会社より稼げるでしょう。しかし、成果主義だから反対に売り上げが落ち込んだ場合は給与が下がるリスクもあります。

就職や転職を考えているなら、受けようとしている会社が年功序列か成果主義の形態どちらなのかも、出来る限り調べておく方が良いでしょう。

部門によっても変動する可能性があります

配属された部門によっては、給与が変わる事もあります。総合職の場合は幹部候補として採用される事が多いので、他の販売や開発に比べると給与が上がる事があります。

しかし、総合職というのは色々な仕事を任されたりするので、給与が上がりますが、その分仕事もハードスケジュールになる可能性が高いです。

また、総合職や研究職と違い、美容販売員として採用の場合はアルバイト、契約社員、正社員と雇われる形態も多数あります。正社員登用された場合、経験を積んで役職付きにまでなれば高収入もあり得ます。

美容販売員はほとんどがアルバイトや契約社員として雇っている事が多いため、正社員はかなり狭き門です。

化粧品メーカー社員の平均給与の統計

化粧品メーカー社員の平均給与は約25万~30万円前後

化粧品メーカー社員の全体的な平均給与は約25万~30万円前後がボリュームゾーンとなっています。

年代や性別、企業形態や規模により、平均給与に変動がある為ため、30万以上貰っている人もいます。基本的に30万以上となると大手企業に勤めているという人が多いです。

求人を探す際には給与以外もチェックしておく事

化粧品メーカーに転職する際に資格を持っている事や経験がある事で、転職した時にも高い給与で採用される事や待遇面で良くして貰える事もある事もあります。

経験者の場合の待遇面についても求人を探す際にはしっかりと確認しておくべきです。福利厚生についてどんな制度があるのかをちゃんと調べておく事は転職する上で大事です。

また全国、あるいは海外までに店や拠点をかまえている企業の場合は転勤する可能性があるので、転勤があるかないかの確認もしておきましょう。

経験や能力、実績があれば給与を上げる事もできる可能性有り

就職や転職の際にも経験や能力、今まで働いてきた業界で化粧品メーカーで生かせる実績を持っていれば、給与が上がる可能性があります。

また転職の際には異業種、同業、どちらにしても前の会社で役職に就いていたという実績を残していれば給与に関しても考慮してくれる可能性が高いです。

未経験者の場合は新卒採用者と同じ給料という事もあり得るので、経験や実績など面接試験の時にはアピールしておきましょう。

企業の業績も影響してくる事もある

製品を製造、販売するのが仕事でもある化粧品メーカー社員の年収は、店頭での売れ行きが好調な場合や業績が右肩上がりになれば、ボーナスが2回から3回に増やす企業もあります。ボーナスの機会が増える事があるのは、大手企業がほとんどです。

化粧品メーカー社員の年収統計

化粧品メーカー社員の年収は約400~600万前後

化粧品メーカー社員の平均年収は約400~600万前後がボリュームゾーンとなっています。かなり大きい企業だと700万~800万を貰える企業もあります。

ほとんどの企業は最高でも600万程度の企業が多いです。比較的平均年収も高めの傾向にある化粧品メーカー社員の年収です。企業によっては、給与も初任給から上がらず、最高で400万という企業もあります。一番多いのは400万前後の年収をもらっている人です。

男女でも平均年収の差がでやすい

化粧品メーカー社員は女性が多いですが、それでも年収は女性に比べて男性の方が高めです。男性が500万前後、女性の場合は400万前後となっています。基本、化粧品メーカー社員の年収は高め傾向にあるので、この金額以上下がる事は少ないです。

資格取得が給料や手当に影響する場合も

美容や化粧品、スキンケアの資格や色々あります。どちらかというと年功序列の世界ですがそれでも化粧品関連から美容に関する資格を有していれば、採用してもらえる可能性が高まる事や、採用された後の給与や手当面も考慮してくれる可能性もあります。

また会社が実施している検定や世の中にある化粧品関係の資格に受験して合格する事で、給与をあげてくれる所もあります。

どんな職場や部門であっても、役に立つ存在だとアピールするための手段として資格は、転職の際にも役に立つでしょう。

企業の規模の大きさにより変わる可能性は高め

大手企業の方が給与も高くなりやすいです。基本的に大手企業の場合は約700万前後といわれています。大きい会社である分、しがらみも多いですが、年収や給与面では好待遇な所が多いです。

独立して給与や年収アップを目指す方法も有り

正社員として化粧品メーカーで働きながら、化粧品や美容に関する資格をとって独立するのもひとつの方法です。どんな会社を立ち上げるかによっても必要な資金が変わってくる事もあるので、独立を目指す前に資金繰りをどうするかは考えておくべきです。

そして化粧品は化粧品業界以外に製薬業界も狙っている場合もあるので、独自のブランドを生み出す事ができないと給与や年収が下がる事もある事もあります。反対にヒット商品を生み出すこと出来れば給与や年収は1,000万越えも夢ではないでしょう。

化粧品メーカー社員の給料・年収まとめ

化粧品メーカー社員の平均給与は比較的高め。資格も持っているとなお良い

化粧品メーカー社員の平均給与や年収は比較的高めの傾向です。しかし、勤務先の規模、勤務形態によって貰える給与が左右されやすい職業です。

持っている資格、経験年数で給与が上がる可能性もあります。なので働きつつ、使えそう資格の取得を目指しておく方が良いでしょう。

繊細な作業が多いので、精神的にタフでないと続けるのが難しい仕事ですが、沢山の人を綺麗にして、心を豊かにしてあげられる夢のある職業ではないでしょうか。

化粧品メーカー社員の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

化粧品メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB