コンサートプロモーターの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

コンサートプロモーターの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

さまざまなコンサートのプロモーション活動を行う「コンサートプロモーター」。職種によっては何かしらの資格が求められる場合がありますが、コンサートプロモーターとして働くにあたって取得しておくべき資格は存在するのでしょうか?本記事では、コンサートプロモーターに役立つ資格など、資格についてご紹介します。

コンサートプロモーターの資格とは?

コンサートプロモーターに必須となる資格は存在しない

コンサートの企画から運営までを行うコンサートプロモーターは、一見すると特殊な仕事のように思えますが、必須となる資格は存在しません。そのため、他の特殊な仕事に比べると、誰でも目指しやすい職種となっているようです。

しかし、この仕事をされている多くの方は、就職前に業界での実務経験を積んでいる方が多く、就職や転職の際には経験者が優遇される傾向があります。ですので、未経験者よりも経験者の採用率が高く、人によっては就職が難しい可能性があるかもしれません。

資格よりも業界での実務経験が重要

上記でもご紹介したように、コンサートプロモーターは業界での実務経験者が優遇される傾向が高くなっています。

というのも、この仕事は資格ではなく経験が重要視されているため、学生時代にイベント関連のアルバイト経験がある、またはイベント制作会社で長期間勤めていたという方が採用されやすいといわれています。

他にも、テレビ関係や芸能業界、音楽業界での実務経験者も優遇される傾向が高く、仕事に関する知識と経験がある意味必須資格となるのでしょう。そのため、コンサートプロモーターを目指すのであれば、できるだけ早い段階から実務経験を積んでおくことをおすすめします。

また、仕事に必要な知識や技術は、イベント・音楽関連の学科を持つ学校で学ぶことができます。会社によっては実務経験がなくても、知識や技術を身につけている人を採用するところもあるので、将来を考えて進学先に悩んでいる方は、仕事に関連する学科を持つ学校へと進んでみてはいかがでしょうか?

経理関係の資格は就職後に役立つ

コンサートプロモーターは、イベント開催やグッズ販売などによって利益を上げています。そのため、赤字を出さないためにも会計や経営に関する知識が必要になることがあるため、経理関係の資格を取得しておくと仕事に役立つそうです。

ちなみに、経理関係の資格を取得するなら「日商簿記」がおすすめです。経理関係の資格の中でも取得しやすいので、数字や計算が苦手な方でも問題ありません。難しい数式を使うことはありませんし、独学でも勉強しながら取得を目指せる資格です。

他にも、経理関係の資格には「公認会計士」「税理士」といった国家資格があります。しかし、社会的に信頼性の高い資格ではありますが、日商簿記と比べて難易度が高い資格です。数字・計算の得意な方や専門の学科で知識を学んでいる方であれば、取得を目指してみるのも良いかもしれませんね。

コンサートプロモーターに役立つ資格「日商簿記」

「日商簿記」検定試験の難易度は低め

先に紹介した日商簿記検定試験の難易度は低めとなっていて、経理関係の資格の中でも簡単に取得できるといわれています。さらに、独学で勉強しても短い学習時間で学ぶことができるので、全く知識がない方でもチャレンジしやすい資格だといえるでしょう。

そんな日商簿記の資格には初級~1級までの4つがあり、段階を経て目的の資格を取得できる仕組みとなっています。基本的には2級を取得していれば十分に仕事に生かすことができるので、まずは「日商簿記2級」を目指してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、試験の合格率は約90%以上となっていて、受験者のほとんどが資格を取得しています。同じ経理関係の資格でも「公認会計士」「税理士」の資格の場合、試験の難易度が高く取得が難しいので、経理関係の資格取得を目指すなら日商簿記を取得してみてください。

実務経験者であれば就職成功率アップを期待できる

職業によっては就職成功に資格が関係する場合がありますが、コンサートプロモーターには必須の資格がないため、実務経験者が優遇される傾向があります。そのため、イベント関連の仕事を経験されている方であれば、就職成功率アップを期待できるといえるでしょう。

ちなみに、現在学生の方で少しでも経験を積んでおきたいという方は、卒業までの期間で何らかのイベントや音楽関連のアルバイトがおすすめです。正社員と比べて経験できる仕事には限りがありますが、職場の雰囲気や他の人がやっている業務を間近で見ることができます。

そのため、就職後にはアルバイトでの経験を生かして働くことができますし、経験者は採用率が高いので就職に有利になるといえるでしょう。また、アルバイトをしていた方の中には学校卒業後にそのまま就職というケースもあるといわれています。

しかし、入社する会社によっては採用条件が異なるため、場合によっては未経験者や経験の浅い方でも採用される可能性があります。ですので、就職・転職でコンサートプロモーターを検討している方は、事前に会社の下調べをして採用率を確認しておくと良いでしょう。

必要なスキルの習得は人によって異なる

コミュニケーション能力・責任感・周囲への気配りといったスキルは、人によっては短期間で習得できるかもしれませんが、スキル習得には個人差があります。そのため、必要なスキル習得の難易度は人によって異なるでしょう。

しかし、日々の努力で習得することは可能なので、日常生活から意識して行動していれば、いずれは身につけることができるはずです。コンサートプロモーターになりたいと思っている方は、「自分には向いていないかも」と諦めるのではなく、まずは日頃から意識をして実践してみてはいかがでしょうか?

その他、コンサートプロモーターに関する資格

試験難易度が低く取得しやすい「イベント検定」

関連資格の「イベント検定」は、試験の難易度が低く誰でも取得しやすい資格となっています。イベント検定とは、開催するイベントの発注業務やスケジュールの管理・調整など、業務に関連する基礎的な知識を取得していることを示す資格です。

試験の偏差値は38と低めなので、しっかりと勉強をしていれば誰でも簡単に取得できる資格といえるでしょう。また、この試験を受検する際には、「日本イベント産業振興協会」が認定している講座の受講・修了が条件となっています。

専門的な知識や技能を習得できる「イベント業務管理士」

関連資格の「イベント業務管理士」は、イベントに関する知識・技能などを身につけたプロである証となる資格です。資格には1級・2級の2種類があり、合格率は高めとなっているので、試験の難易度はそれほど高くありません。

また、1級を取得する場合は2級を取得していることが条件となっています。コンサートプロモーターとしてより仕事に役立つ関連資格を取得したいという方は、1級取得を目指して頑張ってみてください。

コンサートプロモーターに役立つ資格などが取れる学校

イベント関連や音楽関連などの学科を持つ大学・専門学校

資格ではありませんが、コンサートプロモーターを目指すのであればイベント関連、または音楽関連などの学科を持つ大学や専門学校がおすすめです。基礎的な知識を学ぶことができるので、一般的な学科の学校に比べると就職率が高くなるでしょう。

また、学校によっては上記でご紹介した関連資格を取得できることがあるので、「1つでも資格を持っておきたい」という方はぜひ受検してみてください。

経理関係の知識を身に付けるならビジネス学・経済学を学べる学校

就職後を考えて経理関係の知識を身に着けたいという方は、ビジネス学や経済学を学べる大学や専門学校への進学をおすすめします。専門的な知識を学ぶことができるので、上記でご紹介した資格取得を目指している方にはおすすめです。

特に、ご紹介した国家資格の取得を目指す場合は、受験するにあたって十分な勉強が必要になります。ですが、専門的な学科・学部の学校であればしっかりと学習できるので、経理関係の知識や資格取得を考えている方は、ビジネス学・経済学などを学べる学校への進学を検討してみてください。

学生ならイベント系のアルバイトで実務経験を積む

現在学生の方で将来コンサートプロモーターを目指しているという方は、少しでも多くイベント系のアルバイトで実務経験を積んでみてはいかがでしょうか?コンサートプロモーターは資格ではなく経験重視の仕事なので、学校に通って経験を積むことができません。

ですので、将来のための準備としてイベント系のアルバイトをたくさんこなして、就職の際は面接でアピールできるほどの経験を積んでおくと良いでしょう。

関連資格は通信講座でも習得できる

すでに実務経験を積んでいる方で関連資格を取得したいという方は、学校に通うのではなく通信講座でも取得できます。通信講座であれば教材が自宅に送られてくるので、空き時間や休日を使って自分のペースで勉強することができます。

現在仕事をされている方でも利用しやすいので、コンサートプロモーターを目指している方は、通信講座で関連資格の取得を検討してみてはいかがでしょうか?

コンサートプロモーターの資格・試験まとめ

資格よりも経験重視、アルバイトで実務経験を積んでおくと就職に有利

職業によっては資格が重視されるものもありますが、コンサートプロモーターの場合は必須資格がなく、実務経験が重視されています。そのため、未経験者や経験の浅い方に比べて、イベント関連のアルバイトや勤務経験がある方は就職率が高いです。

そんな実務経験はアルバイトでも行えるので、学生であれば休日を利用して業界での仕事をたくさん経験してみてはいかがでしょうか?イベント系のアルバイトは単発が多いので、さまざまなジャンルの仕事を経験できるでしょう。

また、就職後は経理関係の業務に携わる可能性もあるので、専門的な知識や資格の取得を検討してみてはいかがでしょうか?

コンサートプロモーターの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

コンサートプロモーターの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB