音楽家の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

音楽家の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

みなさんは「音楽家」がどのような仕事をしているのかを知っていますか?歌を歌う人、楽器を演奏する人など、音楽家に対するイメージは人それぞれですが、主に実演家(プレイヤー)と制作者(作曲・編曲)に大別されています。本記事では、音楽家の具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

音楽家とはどんな仕事?

基本的に「音楽制作」「演奏」の2種類に分類される

みなさんは音楽家の仕事について、どのようなイメージを持っていますか?音楽家の仕事は、基本的に「音楽制作」「演奏」の2種類に分類されていますが、一般的には演奏を意味しています。

具体的にいうとクラシック音楽の演奏が一般的に音楽家といわれる仕事となっていて、その中でも「声楽家」「演奏家」「指揮者」と3種類の職種に分かれています。そんな音楽家になるには、それぞれが目指す職種によって学ぶべきことが異なるので、専門的な学校での勉強や優秀な指導者の元でレッスンを受けることになります。

また、音楽制作も立派な音楽家の仕事となっていて、楽曲の制作やプロモーションビデオの撮影・編集を行う「クリエイター」、全体をまとめて総合的な責任者を務める「音楽プロデューサー」などの職種があります。

演奏の主な仕事はクラシック分野での音楽活動

上記でもお伝えしたように、演奏の主な仕事はクラシック分野での音楽活動です。演奏会やコンサートは国内だけでなく海外でも行われることがあり、CDを発売する際にはレコーディングやテレビ出演といった仕事も行います。

また、このような音楽家を務めている方の中には、専門的な学校で指導者としても活動していたり、個人レッスンを行う指導者になるなど、さまざまな活動を行っているそうです。ちなみに、音楽の指導者は現役で活動されている方の需要が高いため、指導者として活動されている音楽家の方は多いのではないでしょうか。

音楽制作は作詞・作曲、楽曲の制作が主な仕事

音楽制作には作詞家や作曲家、楽曲の収録やプロモーションビデオの撮影・編集といった「クリエイター業」、プロジェクトの指揮を取り総合的な責任者を務める「音楽プロデューサー」といった仕事があります。

音楽制作を行う音楽家はさまざまなジャンルの音楽制作を行っていて、人気アーティストを生み出したり、ヒット曲の制作をしたりするのが主な仕事です。クリエイター業であれば音楽家として目指しやすい職種ですが、音楽プロデューサーは音楽業界での経験・実績が必要なので、誰でもなれるような職種ではないようです。

音楽家の具体的な仕事内容

自分の声を使ってクラシックを歌い上げる「声楽家」

演奏に分類される声楽家の仕事は、自分の声を使ってクラシック音楽を歌い上げることです。歌声をメインに音楽を披露するため、美しい歌声や声量、強弱をつけた歌い方など、さまざまな技術が求められる仕事だといえるでしょう。

また、歌う楽曲にはオペラも含まれていて、劇中のセリフを音楽に合わせて歌いあげます。体全体を使いながら歌うことで表現力を高め、劇場に来場した観客が魅了するようなパフォーマンスを行います。

ピアノやバイオリンを演奏する「演奏家」

演奏に分類される演奏家は、ピアノやバイオリンなどの楽器を演奏すること主な仕事です。担当する楽器の演奏技術はもちろん、楽曲のルールに合わせて演奏することで、観客に感動を与えます。

基本的にはクラシック音楽を担当しているので、楽器を使ってステキな音色を奏でるオーケストラとして演奏することが多いです。また、プロの中にはソロで活動している方も多く、ソロコンサートを開いたり、CDを出したりしていることもあるようです。

歌と演奏の指揮を取りまとめる「指揮者」

演奏に分類される指揮者は、大勢の演奏家による演奏をまとめることが主な仕事です。合唱団やオーケストラ、バンドなどのさまざまな場で活動していてい、指揮を取ることで全体をまとめています。

また、指揮者は演奏する楽曲の楽譜をしっかりと読み、同時に演奏する曲を視聴しながら指揮を取るイメージをするのも仕事の一つです。本番を想定したイメージ作りを行うことで、完成度の高い演奏を披露することができるわけです。

音楽制作も音楽家の重要な仕事

一般的に音楽家と呼ばれるのは演奏に分類される職種ですが、音楽制作も音楽家として重要な仕事の1つです。音楽制作ではさまざまなジャンルの楽曲を担当していて、新しいアーティストを生み出し、世の中に新しい音楽を届けることが仕事です。

CDのジャケット制作や写真撮影、プロモーションビデオの制作・編集などを仕事としているので、音楽業界には欠かせない職種といえるでしょう。ちなみに、演奏に分類される音楽家は、才能が求められることがありますが、同様に音楽制作でも才能が求められることがあります。

音楽家の仕事のやりがい

自分たち音楽で聴いた人の心を動かすことができる

音楽家としてやりがいを感じるのは、自分たちの演奏する音楽で聴いた人たちの心を動かすことができるという意見が多かったです。音楽が人に与える影響は大きく、感動や勇気を届けることができます。

そのため、演奏が終わり観客から盛大な拍手をもらうと、やっていて良かったと心から思うことができるそうです。また、ときには歓声を受けることもあり、そういった光景を見ると自分たちの音楽が観客にしっかりと伝わっていることを実感できるという意見も多かったです。

プロの音楽家になるには長い期間がかかりますし、プロになったとしても鍛錬を怠ることなく常に努力を続けなければなりません。そのため、大変な職業ではありますが、やりがいを感じたときはそんな苦労も忘れられるほどの喜びを味わうことができますし、音楽家を続けていきたいと思えるそうです。

実力が認められたときは大きな喜びを感じる

音楽家はさまざまな会場で演奏することが仕事ですが、自分の実力を測るために定期的にコンクールへ出場するといわれています。開催されるコンクールは日本だけではなく、海外でも行われています。

そして、コンクールで良い成績を収めることができれば、一流の音楽家であることが認められた証になるといわれています。そのため、音楽家の方の中には実力が認められると大きな喜びを感じるという意見も数多くありました。

ちなみに、コンクールでの入賞難易度はとても高く、私たちが想像できないほどの過酷な努力を積み重ねることで入賞できる可能性が上がるものだといわれています。そんな難易度の高いコンクールに入賞することができれば、心から音楽家の仕事を選んで良かったと思えるでしょう。

好きなことを仕事として続けられる

音楽家の多くは、心から音楽を愛している方が多いです。そのため、自分の好きな音楽に携われることにやりがいを感じるという意見も多かったです。人によっては好きなことを仕事にできない方もいますし、好きなことを仕事にするのはとても大変なことです。

さらに、音楽家は才能がなければできない職業でもあるので、音楽を仕事にできるというのはとても嬉しいことであり、やりがいに繋がるといえるでしょう。

音楽家の仕事内容まとめ

一般的な音楽家の仕事はクラシック音楽の演奏。音楽制作も音楽家の1つ

音楽家に対するイメージは人それぞれですが、一般的にいわれる音楽家というのはクラシック音楽を担当する音楽活動を行うことを意味しているようです。また、音楽家にも「声楽家」「演奏家」「指揮者」の職種に分類されていて、それぞれで行う仕事は異なります。

そんな音楽家ですが、自分たちの演奏によって観客に感動を与えることができる、コンクールで入賞するといったことに喜びややりがいを感じられるといわれています。

プロになった後も日々の鍛錬が必要な職業ですが、好きな音楽に携わりながらやりがいを感じられる仕事なので、心から音楽が好きという方は目指してみてはいかがでしょうか?

音楽家への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

音楽家の参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

音楽家の関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB