音楽家になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

音楽家になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

クラシック音楽の楽器を演奏したり、作曲や指揮者を務めたりする「音楽家」。そんな音楽家になるためには、いったいどのようなことが必要なのでしょうか?本記事では、音楽家になるために必要なことをはじめ、向いている人の特徴や、音楽を学べる専門の学校などについてご紹介していきます。

音楽家になるには何が必要?

まずは基礎知識を学ぶことが大切

音楽家になるためには、まず音楽に関する基礎知識を学ぶことが大切だといわれています。

音楽家は主にクラシック音楽を専門としていて、他の音楽に比べてルールに従って演奏する必要があります。そんなクラシック音楽には長い歴史があり、さまざまな曲にそれぞれのルールがあるので、簡単に学ぶことは難しいでしょう。

そのため、音楽家を目指すのであれば早い段階からレッスンを受けたり、専門的な学校に通ったりすることなどが大切だといわれています。

また、職種によっては学歴や資格が問われますが、音楽家には必要な学歴や資格はないといわれているので特に気にする必要はないでしょう。

音楽家になるには才能も必要

音楽家になるには音楽の知識を身に付けることが大切ですが、才能がなければプロとして活動するのは難しいといわれています。音楽の世界は実力主義といわれているので、音楽家の多くは恵まれた才能を持っている方が多い傾向があります。

そのため、プロの音楽家になるには知識だけでなく才能も必要になるでしょう。しかし、いくら音楽の才能を兼ね備えていたとしても、学ぶ努力ができない方は、音楽の世界で通用しません。

音楽家になるには努力が大切なので、どんなときでも頑張れるという人は音楽家を目指してみてはいかがでしょうか?

正しい知識や技術を学ぶためにレッスンを受ける

音楽に関する正しい知識や技術を学ぶために、レッスンを受けることがおすすめされています。しかし、レッスンを受ける際には「音楽に関する正しい知識・技術を持っている」「自分との相性が良い」「音楽家として才能や可能性を引き出してくれる」といった要素をもつ指導者を選ばなければなりません。

というのも、指導者によって音楽家になれる・なれないが決まるといっても過言ではないからです。相性が悪ければ意思疎通が上手くできませんし、指導者の質が低ければあなたの中に隠れた音楽の才能を表に出すことができないからです。

そのため、音楽家になるにはレッスンを受けることがおすすめされていますが、指導者選びは慎重に行う必要があるでしょう。ですが、レッスンを受けて音楽の知識や技術を学ぶ努力ができなければ、音楽家になるのは難しいといわています。

海外留学は音楽家を目指す人におすすめ

音楽家として活動されている方の中には、海外留学をして音楽の道に進んだという方も少なくありません。留学すれば音楽家になれるというわけではありませんが、世界中の音楽家志望の人たちと互いに学び、向上することができます。

また、海外留学でしか学べないこともあるので、これまでに比べて視野が広がり、音楽家としての可能性も広がるといわれています。そのため、より音楽家としての可能性を高めつつ音楽について学びたいという方は、海外留学を検討してみてはいかがでしょうか?

音楽家に向いている人、適性がある人

どんなときでも努力を続けられる、根気がある

他の職業に比べて音楽家の場合はなるためにかなりの時間を必要とするため、音楽の世界で活躍したいという信念を持ち、常に努力を続けなければなりません。そのため、人によっては音楽家への道を諦めてしまう方も少なくなく、自分が思っていた結果が出なかった場合は逃げ出してしまう方もいるようです。

しかし、音楽に対する情熱を持ち、どんな時でも努力を続けられるという人は、音楽家に向いているといえるでしょう。また、ときには良い結果がでずに落ち込んでしまうこともありますが、頑張って現状を乗り越えようといる根気強さを持っている方も、適性があるといわれています。

人前に出ることに抵抗がない

音楽家の仕事は人前で指揮を取ることもあるため、緊張しても指揮者としてのパフォーマンスをしっかりと行わなければなりません。場合によっては海外で演奏することもあるので、普段と違う雰囲気にのまれない精神力が必要です。

また、指揮者は演奏者をリードするのが仕事なので、どんな状況でも堂々としたパフォーマンスを行うことが大切です。そのため、普段から人前に出ることに抵抗がない、人まで何かを披露するのが好きな方は、音楽家になれる要素を持っているといえるでしょう。

体力に自信があり健康管理に気を付けている

音楽家は日本だけでなく海外でも演奏を行っているので、生活リズムや食生活が乱れてしまうことがあります。また、短期間でも慣れない土地での生活はストレスを感じやすいので、体調を崩してしまうこともあるようです。

そのため、いつも健康的な体力を維持していて、健康管理にも気を付けている方は、音楽家に向いていると家われているといえるでしょう。また、疲れを感じたときはしっかりと休息をとることも大切なので、ムリをしない行動も大切です。

音楽の才能を持っている、センスがある

音楽家になるには音楽に関する知識の習得や優秀な指導者によるレッスンを受けることが大切です。しかし、中にはいくら努力しても可能性や素質が現れず、音楽家になれない人もいます。

そのため、生まれながらにして音楽の才能を持っている、または優れた音楽センスを持っている方は、音楽家になることができるでしょう。しかし、才能やセンスを自分で把握するのは難しいもの。ですので、自分の力量を把握するためにも、積極的にコンクールへの出場を行い、良い成績を目指して頑張ってみましょう。

音楽家になるための学校・教室

音楽に関する知識と技術を学べる大学・専門学校

音楽家を目指すのであれば、音楽に関する知識と技術を学べる大学や専門学校に通うことをおすすめします。専門的な知識や技術を学ぶことができるので、将来的に「音楽家になりたい」と考えている学生さんは、このような学科を設けた学校へと進学してみてはいかがでしょうか?

また、専門的な学校であればコンクールへ出場することができるので、良い結果を残すことができれば、音楽家への道が開けるといわれています。専門学校であればあなたが目的とする学科に進学することで、学びたい音楽の知識や技術を専門的に勉強することができるでしょう。

海外の音楽大学に留学するのもおすすめ

留学が可能という方は、海外の音楽大学に進学するのもよいでしょう。海外留学によって音楽家への道が約束されるわけではありませんが、日本の学校では学べないことや、同じ志を持つ仲間と一緒に知識や技術を高め合うことができます。

また、海外留学なら高レベルな授業や指導を受けられるので、音楽家を目指すのであればおすすめです。アメリカやオーストラリア、フランスと海外には数多くの名門校が存在するので、自分が通いたいと思う学校へと留学してみてはいかがでしょうか?

音楽家になるには?まとめ

音楽家になるには知識だけでなく才能も必要

クラシック音楽を主に担当する音楽家になるには、音楽に関する知識を学び音楽家としてお可能性を引き出すためにレッスンを受けることで目指すことができます。しかし、人によっては努力では音楽家になれない人も実在するので、やはり才能も必要になるといえるでしょう。

音楽の才能の有無は自分ではわかりませんし、もしかすると学ぶ環境によって開花する可能性もあります。そのため、音楽家を目指すのであれば優秀な指導者にレッスンを受ける、または海外留学をしてみるなど、可能な方法で目標に近づく努力を行ってみてください。

音楽家への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

音楽家の参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

音楽家の関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB