音楽プロデューサーになるには何が必要?向いている人の特徴やなるための学校

音楽プロデューサーになるには何が必要?向いている人の特徴やなるための学校

音楽制作の指揮を取る責任者となる「音楽プロデューサー」。音楽プロデューサーになるためには、いったいどのようなことが必要なのでしょうか?音楽プロデューサーになるのを目指す場合、レコード会社に入社するのが近道のようです。本記事では、音楽プロデューサーになるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

音楽プロデューサーになるには何が必要?

音楽プロデューサーになるには2つの道がある

音楽の制作指揮を取り、総合的な責任者を務める音楽プロデューサーになるには、大きく分けて2つの道があるといわれています。

1つ目は音楽関連の学科を持つ学校へと進学し、卒業後にはレコーディング会社や音楽エンジニアとして音楽業界に入り、知識を増やして経験を積むことで音楽プロデューサーになる道を切り拓くキャリアステップのパターン。

2つ目は音楽関連の会社に就職して業界の仕組みや仕事内容を把握し、ディレクターとして経験を積むこと。そこで、実績が認められれば音楽プロデューサーになるキャリアステップを歩むことができます。このように、音楽プロデューサーになるには2つの道があり、どちらを進むかは自分自身で決めることができます。

しかし、仕事に必要な知識を身に付けておきたいのであれば、まずは専門の学校に通うことがおすすめです。学校に通えば基本的な知識を学ぶことができるので、就職後に必ず役に立つでしょう。

音楽業界での経験はなるために必要

上記では音楽プロデューサーになるための2つの道をご紹介しましたが、それぞれには共通点があります。それは音楽業界での経験を積むことで、どちらの道を選択しても業界での経験を避けて通ることはできません。

音楽プロデューサーは音楽業界で経験を積み、仕事での実績が認められることでなれる職業です。ただ音楽が好きなだけではなれない職業なので、音楽業界の中でも音楽プロデューサーを目指すのであれば、まずは業界での経験を積むことが重要となるでしょう。

音楽関連の学校を出ていると採用率が高い

最近では音楽業界の採用条件から学歴が外されたようですが、音楽関連の学校を出ていると採用率が高い傾向があるようです。上記でもご紹介したように、音楽プロデューサーになるには音楽が好きなだけでなれませんし、音楽業界での経験が重要なポイントとなります。

さらに、仕事へのやる気や情熱があり、音楽関連の知識が豊富な方は、企業からの評価が高いため採用率が高くなるといわれています。そのため、「音楽プロデューサーになりたい」「音楽業界に携わる仕事がしたい」という方は、音楽関連の学科を持つ大学や専門学校への進学をおすすめします。

他の職種から転身することも可能

音楽プロデューサーとして活動している方の中には、他の職種から転身している方も多いと言われています。例えば、元は有名ミュージシャンとして活動していた、作詞家・作曲家から音楽プロデューサーになったなど、同じ業界ではありますが他の職種から転身するといったケースもあります。

しかし、このようなことができるのは、音楽業界で豊富な経験を積み、仕事に必要な知識やスキルを身に着けているからこそできることです。誰でも簡単になれるような職業ではないので、音楽プロデューサーになるにはそれなりの努力が必要になるでしょう。

音楽プロデューサーに向いている人、適性がある人

音楽センスがあり最新の情報に敏感

音楽プロデューサーの適性として、高い音楽センスは必要ですし、音楽に関する最新情報に敏感でなければなりません。音楽センスに関しては、業界での実務経験を積むことで磨くことができます。さまざまな音楽に携わりながら下積みを重ねることで、高い音楽センスを養うことができると言われています。

そのため、音楽業界での勤続年数が長い方は、音楽プロデューサーになる素質を持っている可能性が高いでしょう。また、日頃から最新の音楽情報をチェックしている人も、音楽プロデューサーに向いているといえるでしょう。

誰とでもコミュニケーションを取れる

音楽プロデューサーは音楽制作の指揮を執り、総合的な責任者を務めるのが仕事です。そのため、アーティストはもちろんのこと、製作スタッフとスムーズかつ円満に制作を行うためにも、コミュニケーション能力が必要だと言われています。

そのため、誰とでもコミュニケーションを取ることができる、自分の意見を伝えつつ相手の話もしっかりと聞けるという方は、音楽プロデューサーに向いているといえるでしょう。

どんなことでも責任を持って取り組む

上記でも何度かお伝えしたように、音楽プロデューサーは総合的な責任者を務める人物となります。そのため、責任感が強く何事にも真剣に取り組むことができなければ、この仕事を務めることはできません。

どんなことでも責任を持って取り組むことができる、任せられた仕事は最後までやり遂げるという方であれば、音楽プロデューサーとしての適性があるといえるでしょう。

いろいろなアイデアを考えられる

音楽を制作するにあたって、直感とひらめきは音楽プロデューサーに必要なスキルだといわれています。より良い音楽作品を作り出すためには、たくさんのアイデアを考えることが大切です。

そのため、いろいろなアイデアを考えることができる人、またはIQの高い人であれば音楽プロデューサーに向いていますし、適性があるといえるのではないでしょうか?制作中にひらめいたものを取り入れてその曲が人気を集めることができれば、仕事へのやりがいにも繋がりますし、楽しく仕事を続けることができるでしょう。

音楽プロデューサーになるための学校・教室

音楽関連の学科を設けている学校

音楽プロデューサーを目指すのであれば、音楽関連の学科を設けている専門学校や大学に通うことをおすすめします。基本的に学歴や学科は採用条件に含まれていませんが、専門的な学校に通う方の多くは仕事に対する十分なやる気を持っている方が多いです。

そのため、一般的な学科を出ている方よりも企業から高い評価を得ることができ、音楽業界に入りやすくなると言われています。また、音楽関連の学科を持つ学校であれば仕事に役立つ知識を学ぶこともできるので、音楽プロデューサーを目指すのであれば音楽関連の学科を持つ学校へと進学してみてはいかがでしょうか?

まずは音楽業界で経験を積むことが重要

音楽業界に入るには音楽関連の学科を出ていると採用率が高くなる可能性がありますが、音楽プロデューサーになるには音楽業界で経験を積むことが重要なポイントになります。ご紹介したなるための2つの道や他の職種からの転身など、どれも「業界で経験を積む」という共通点があります。

音楽プロデューサーになるためには進学する学校も大切ですが、何よりも重要なのは音楽業界での実務経験です。そのため、まずは業界入りすることを最優先に考えることが大切です。

音楽プロデューサーになるには?まとめ

まずは音楽業界で経験を積むことが最優先

音楽プロデューサーになるには、音楽業界で経験を積むことを最優先に考えて、実績を残すことが大切です。音楽制作の責任者を務める人物なので、「音楽が好き」「歌うのが好き」というだけではなることができない厳しい職業です。

しかし、音楽業界でしっかりと経験を積み、必要となる音楽センスやスキルを身に付けることができれば、音楽プロデューサーになれる可能性は高いです。

下積みの時期は長くなるかもしれませんが、努力次第で目的のポジションにたどり着くことができるので、音楽プロデューサーになりたいと考えている方は、諦めずに頑張ることが大切といえるでしょう。

音楽プロデューサーへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

音楽プロデューサーの参考情報

平均年収250万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

音楽プロデューサーの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB