音楽プロデューサーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

音楽プロデューサーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

みなさんは「音楽プロデューサー」がどのような仕事をしているのかを知っていますか?プロデューサーなので音楽作品の制作に関わる仕事であることは知っていても、具体的な仕事内容について知っている方は少ないものです。本記事では、音楽プロデューサーの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

音楽プロデューサーとはどんな仕事?

音楽プロデューサーは制作チーム全体をまとめる責任者

音楽プロデューサーの主な仕事は、制作を担当する音楽作品のコンセプトを決め、制作チーム全体をまとめるといった責任者を務めることです。さまざまな意見を取り入れながらどのような作品に仕上げるのかを決定し、予算で制作からプロモーション活動を行います。

場合によっては音楽関係者と制作する楽曲の方向性が合わず、ケンカをしてしまうこともありますし、さまざまなスケジュールの調整を行うため、とても大変な仕事だといえるでしょう。

そのため、ストレスが溜まりがちで人によっては「仕事がつらい…」と感じてしまうことがあるようです。しかし、音楽プロデューサーを務める方の多くは、苦労以上にたくさんのやりがいを感じられる仕事なので、長く続けている方が多いといわれています。

制作予算の管理も重要な仕事

音楽プロデューサーは責任者を務めることが仕事なので、楽曲の制作予算の管理も行います。アーティストやスタッフに支給するギャラ、収録するスタジオの使用料金、完成した音楽作品のプロモーション費用など、あらゆる予算の管理も音楽プロデューサーが担当する重要な仕事です。

予算管理をしっかりと行わなければ、良いチームで良い作品を作ることができません。そのため、全体をまとめる音楽プロデューサーが予算管理を務め、予算内で素晴らしい音楽制作のチーム作りをはじめ、さまざまな業務の指揮を取っているのです。

アーティストや製作スタッフとの信頼関係を築く

音楽プロデューサーの仕事内容の中で最も重要なのは、アーティストや製作スタッフとの信頼関係を築くことです。アーティストにも楽曲を制作するにあたっての意見や思いがありますし、制作スタッフの中にはこだわりやクセの強い方が多いといわれています。

そのため、関係者としっかり意見交換を行い、相手の意見や思いを尊重しつつ自分の意見を取り入れるなど、高いコミュニケーション能力が求められるでしょう。1つの作品を制作する中でスタッフと意見が合わず、思うよう仕事が進まないときもあります。

しかし、信頼関係をしっかりと築くことができていれば、どんなトラブルもチーム全員で乗り越えることができます。人気を集める素晴らしい楽曲を完成させるには、音楽プロデューサーのコミュニケーション能力にかかっているといえるでしょう。

音楽に関する最新情報のチェックも重要な仕事の1つ

人気となる楽曲は年々異なるため、音楽に関する最新情報のチェックを行うのも、音楽プロデューサーの重要な仕事の1つです。「どんな音楽が人気を集めているのか」「他のアーティストと音楽性がかぶっていないか」など、確認すべき項目はたくさんあります。

また、このような情報収集から新しい音楽制作の方向性や売り出し方など、さまざまなアイデアを生み出すことにも繋がるでしょう。満足できる楽曲を制作するためにも、こうした地道な作業も音楽プロデューサーには必要な業務となっています。

音楽プロデューサーの具体的な仕事内容

制作する音楽作品の方向性を考えて全体の指揮を取る

まずはアーティストや楽曲の方向性を考え、どのような方法で売り出しを行うのかなど、音楽制作全体の指揮を取ります。どのような楽曲に仕上げるのかはアーティストの意向や意見を取り入れつつ、製作スタッフ全員で協議を行い、プロジェクトの企画・方針を決定します。

1つのプロジェクトを成功させるためには、上記でもご紹介したようにアーティストや製作スタッフとの信頼関係が重要になります。そのため、関係者とは常にコミュニケーションを取り、意見交換をしつつ柔軟な対応ができなければ、音楽プロデューサーを務めることはできないでしょう。

楽曲に合った作詞・作曲家やエンジニアなどのスタッフを決める

プロジェクトの企画・方針が決定したら、制作する楽曲に合った作詞・作曲家やエンジニアなどのスタッフの選定を行います。それぞれのスタッフによって担当する音楽性が異なるので、制作する楽曲に適した作詞・作曲家やエンジニアを選ぶことが重要なポイントとなるでしょう。

製作スタッフが完全に決まればサウンド制作やレコーディングが行われ、楽曲を作り上げます。制作した楽曲は入念なチェックが行われ、改善点があれば修正を行いながら1つの楽曲を完成させます。

CDのジャケットやプロモーションビデオなどの撮影・制作

楽曲が完成したら、次にプロモーション活動へと移行します。販売するCDのジャケットのデザインやアーティストをモデルとした写真撮影や、プロモーションビデオの撮影・制作を行います。

他にも、メディアへの取材や制作した楽曲のライブ企画など、制作した楽曲の売り込みを行います。これら全ての作業は音楽プロデューサーをはじめ大勢の関係者によって行われるため、スケジュールの管理をきちんと行わなければなりません。

音楽プロデューサーの仕事のやりがい

関係者全員が納得できる音楽作品が完成したとき

音楽プロデューサーのやりがいとして最も多かったのは、音楽制作の関係者全員が納得できる音楽作品が完成したときだという意見が多かったです。関係者それぞれが考えているコンセプトは異なるため、意見や方針をまとめるのはとても大変な仕事です。

しかし、完成した音楽作品が関係者全員に納得してもらうことができたときは、達成感と喜びを感じられるそうです。また、音楽制作にあたって数日間もレコーディングスタジオに缶詰め状態で業務を行うこともありますが、満足でできる楽曲が完成すれば仕事の疲れも忘れられるそうです。

音楽制作を担当したアーティストが有名になる

音楽プロデューサーは有名なアーティストだけでなく、スターになる可能性を秘めた知名度の低いアーティストの音楽制作を担当することもあります。数多くのデモテープやライブ会場でそのアーティストの楽曲を視聴し、才能が見込める場合はプロデュースします。

そうして自分が見つけ出したアーティストが制作した楽曲によって有名になるのは、音楽プロデューサーとして大きな喜びを感じるといわれています。このように、自分の手で有名人を生み出していくことが、音楽プロデューサーのやりがいだといえるでしょう。

好きな音楽に携わることができる

音楽プロデューサーのやりがいの中には、好きな音楽に携わることができるという意見もありました。音楽プロデューサーになるまでの道のりは簡単ではありませんが、音楽に対して自分なりのこだわりや情熱を持っている方が多いです。

そのような音楽に携わる仕事ができるというのは、心から音楽が好きな方にとって大きなやりがいに繋がるでしょう。

音楽プロデューサーの仕事内容まとめ

音楽制作を行うにあたって総合的な責任者を務める重要な仕事

音楽プロデューサーの仕事は、音楽制作を行うにあたって総合的な責任者を務めることです。責任者であることから、その仕事内容は非常に多岐にわたります。関係者との信頼関係を作る、製作費やプロモーション費用などの予算管理、完成した楽曲の売り込みなど、音楽プロデューサーの仕事はとても大変です。

しかし、関係者全員で納得できる作品が完成したり、担当したアーティストが有名になったりなど、たくさんのやりがいを感じられる素敵な仕事です。そのため、音楽業界で働きたいと考えている方は、ぜひ音楽プロデューサーを目指してみてはいかがでしょうか?

音楽プロデューサーへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

音楽プロデューサーの参考情報

平均年収250万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

音楽プロデューサーの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB