指揮者の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

指揮者の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

指揮者という職業の収入はどの程度もらうことができるのでしょうか。指揮者としての求人はほとんど出ませんが、基本的にはオーケストラなどに所属し、完全歩合制で1つの公演あたりいくらという形で収入を得ています。本記事では、指揮者の給与・年収・収入モデルなど、収入面についてご紹介します。

指揮者の初任給

指揮者の初任給はどの程度もらうことができるのでしょうか。指揮者は一般企業のような給料制度ではないので、1回の公演で報酬(ギャラ)が支払われます。指揮者としてキャリアが浅く駆け出しの頃は1公演あたりのギャラは5,000円程度という指揮者もいます。

もちろん、指揮者によっては新人で1公演あたりでも1万円以上稼ぐことも可能です。新人クラスの指揮者でも多く稼ぐことが可能です。

指揮者は知名度によって給与が異なる

新人でもギャラを高くするためには、知名度が必要です。有名指揮者になればキャリアが浅くてもギャラが高くなる可能性があります。

これは独自で企画した演奏会や主催者によってギャラが異なりますが、格式の高い演奏会になるとランクが決まっているのでキャリアが浅いといくら知名度が高くても報酬が安く設定されています。

指揮者として少しでも報酬を高くしたいのであれば、指揮者としてキャリアを積み重ねギャラが高くなるように実績を重ねるようにしましょう。

若手指揮者が行うこと

キャリアを積み上げるために、若手の指揮者はどのようなことを行う必要があるのでしょうか。

給与を少しでも高くするためには、キャリアを積み上げる必要があります。若手指揮者がキャリアを積み上げるために行うことを紹介しましょう。

海外コンクール入賞を狙う

実績を積み重ねるためには海外コンクールの入賞が必要不可欠です。海外コンクールの入賞暦があれば、世界的な指揮者としての仲間入りができる可能性があるので、積極的に海外コンクールに出場しましょう。

もちろん、誰もが簡単にコンクールに出場できるわけではありません。コンクールに出場できる人はごくわずかの人間です。コンクールに出場するために選出されるよう音大で実績を積み重ねるようにしましょう。

一流の音楽団・オーケストラなどに入団する

コンクールに入賞する指揮者は世界的に見てもごくわずかです。世界的に活躍している指揮者全員がコンクールに入賞しているわけではありません。指揮者として小さな実績を積み重ねて結果的に有名な指揮者として活躍している方もいます。

このような指揮者の多くは、有名音楽団やオーケストラなどに入団していることが多いので、一流の音楽団やオーケストラに入団をするようにしましょう。有名音楽団・オーケストラに入団すると、指揮者として必要な下積みを一流の環境で過ごすことができます。

下積みの方法はさまざまですが、一流の楽団では有名な演奏家や指揮者と出会える可能性が高いので、指揮者としてどのようなスキルが必要になるかを知ることができます。

スキルアップを狙うのであれば、有名音楽団・オーケストラでの指揮者としての下積みを検討しましょう。

指揮者の平均給与

指揮者の平均給与はどの程度になるのでしょうか。

指揮者の平均給与

指揮者は基本1公演毎になるので、公演ごとのギャラを紹介しましょう。1公演ごとのギャラを統計すると30〜70万円になります。知名度の低い指揮者でも1公演あたり20万程度稼ぐことが可能で、有名クラスになると50万円以上稼ぐことができます。

有名指揮者の給与は

有名な指揮者になるとさらに価格が高くなります。公にはされていないものの、有名な指揮者になれば1,000万円以上になることもあります。ランクが定められているため、受賞経験のある実績のある指揮者であれば1月に1,000万円以上稼ぐことは難しくないと考えてください。

もちろん、指揮者でもこれだけ稼ぐことができる指揮者はほんの一握りなので、他の指揮者とは違うスキルを身につける必要があります。

給与制の場合もある

有名音楽団・オーケストラなどでは、給与制を採用しているところも少なくありません。

このような音楽団・オーケストラであれば、公演数の多い少ないに関係なく給与を受け取れるため、収入面では安定して仕事することができます。収入を安定させたい方は有名音楽団・オーケストラを検討しましょう。

指揮者の年収統計

指揮者がどの程度年収を受け取っているのでしょうか。指揮者は月収制度ではないので指揮者によっては稼ぐ月とそうでない月の差が激しいケースもあります。オーケストラの演奏する場所が減少しているので、公演数が少なくなっているという問題点もあります。

年収を統計すると、400〜700万円です。国内を中心に活動している指揮者であればこの程度の年収を期待することができます。

年収1,000万円は可能

指揮者として年収1,000万円以上稼ぐことは可能なのでしょうか。有名音楽団・オーケストラの指揮者として活躍をすれば年収1,000万円以上可能です。もちろん、フリーで活動をしても1,000万円以上稼ぐことは難しいことではありません。

どのような働き方でも年収1,000万円に到達するためには、指揮者としてのスキルが必要です。スキルがなければ認めてもらえず収入が低い状態に変わりはないので、収入を高くするためにも、指揮者に必要なスキルを身につけましょう。

有名指揮者に共通するスキル

給与、年収をあげるためには指揮者として高いスキルが求められます。有名指揮者になると、譜面能力、音楽への知識、統率力、コミュニケーション能力など高いスキルが求められます。

これらのスキルを満たしていると、必然的に優秀な指揮者として認められるので、年収をあげたいのであれば、指揮者に必要なスキルを磨くようにしましょう。

有名クラスの指揮者になるメリット

有名指揮者になると、年収が高くなるだけではありません。指揮者としてのキャリアップを後押しすることになります。有名指揮者になる人はほんのわずかですが、指揮者として生計を立てるという目標だけでなく、有名指揮者を目指すようにしましょう。

音楽活動が増える

有名クラスの指揮者になると、オーケストラの演奏だけでなく映像作品の参加、有名アーティストの演奏などさまざまな場所で活動することができます。

音楽を広めるための活動が幅広くなるので、指揮者としての活動の幅を広げることができます。指揮者としてのスキルアップもできるので、活動の幅を広げるためにも有名音楽家を目指しましょう。

国外でも活動できる

有名指揮者になれば、国内だけでなく海外から声がかかることもあります。海外の聖地と呼ばれる場所で指揮者として実績を残せば、日本国内の仕事がさらに増えるだけでなく、世界各地で演奏に携わり世界的な文化人として認知されるため、さらに音楽活動を行いやすくなります。

年収の格差が激しい業界

指揮者として活躍をすることができれば、年収を高くするだけでなくキャリアアップを目指すことができます。もちろん、楽しいことばかりではありません。

優秀な指揮者にしか仕事が集中しないので、指揮者として実績がないと業界の中でも埋もれてしまう可能性があります。指揮者として生き残るためにもキャリアップを目指しましょう。

指揮者の給与・年収まとめ

指揮者としての知名度と実績があればギャラも伴う

指揮者の給与・年収をまとめると、知名度と実績があって稼げる人はかなり収入が高く、知名度と実績がない人は全く稼ぐことができない職業です。

指揮者として少しでも給与を高くしたいのであれば、指揮者にふさわしい実績とスキルを積み上げた上で有名指揮者としての道を進めるようにしましょう。

知名度と実績があれば、指揮者として高額所得も夢の話ではないので、目指すのであれば稼ぐことができる指揮者を目指しましょう。

指揮者の参考情報

平均年収400万円〜700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

指揮者の関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB