舞台機構調整技能士の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

舞台機構調整技能士の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

PA機器などを用いて音響調整を行う舞台機構調整技能士は、どの程度の給与・年収をもらうことができる職業かご存知でしょうか。この記事では、舞台機構調整技能士の初任給・平均的な給与・おおよその推定年収などについて解説します。

舞台機構調整技能士の初任給

舞台機構調整技能士の初任給はどの程度もらうことができるのでしょうか。舞台機構調整技能士の初任給はどの程度受け取ることができるのか紹介し、20代の舞台機構調整技能士はどのようなことに意識をする必要があるのか、詳しく紹介していきます。

20万円以下

20代の舞台機構調整技能士の初任給は20万円以下で15~18万円程度が多いと言われています。

所属するライブハウス、劇場によっては初任給が20万円に達するケースもありますが、このようなケースは稀なので、初めの頃は一般企業と比較しても初任給が低いということを覚えておきましょう。

専門学校卒でも見習い扱い

舞台機構調整技能士の中でも専門学校卒の給与は低い傾向にあります。専門学校を卒業したとしても、スキルが高いわけではなく見習い扱いになります。もちろん、大学卒でもこの状況が変わることはありません。

舞台機構調整技能士になりたての頃は見習い期間と割り切って勤務に当たる必要があります。キャリアを積み重ねていけば収入が上がるため、少しでも給料をあげたいと考えている人は、20代の見習い期間のうちに舞台機構調整技能士がやらなければいけない仕事、ノウハウを身につけるようにしましょう。

20代で習得すべきことは

舞台機構調整技能士が20代のうちに習得すべきことは一体どのようなことなのでしょうか。20代で習得すべきことを紹介しましょう。

先輩の仕事を盗む

舞台機構調整技能士の仕事は職人タイプの仕事なので、先輩から仕事を習うのではなくスキルを盗むことがとても大切です。先輩が現場でどのように動いているかを盗んでいきましょう。仕事を盗んでいけば、舞台機構調整技能士として仕事が認められ、キャリアアップをする可能性が高くなります。

音の勉強をする

舞台機構調整技能士は、音のプロフェッショナルです。どのように音が出されているのかをしっかり把握していれば、固定された劇場以外でも活躍することができます。最近では野外イベントも多く行われています。このような場所で舞台機構調整技能士さんは必要不可欠です。

さまざまな状況下でどのようにすれば効果的な音を反響させることができるかを熟知していれば、熟練の舞台機構調整技能士として認められ収入が必然的に高くなるので、下積み期間である20代のうちに音の勉強を積極的にしておくようにしましょう。

勉強をするために、さまざまなフェスやライブハウスのイベントに足を運ぶと自分の仕事と比較することができるので、積極的に勉強をするようにしてください。

舞台機構調整技能士の平均給与

舞台機構調整技能士の給与は平均するとどの程度もらうことができるのでしょうか。舞台機構調整技能士の給与の平均を紹介していきます。

給与の変化

舞台機構調整技能士の平均給与は20〜40万円程度です。所属する会社やキャリアによって異なりますが、この程度の給与を受け取ることができます。20代で見習い期間が終わると給料も少しずつあがり、20代後半で20万円〜28万円を受け取ることが可能になります。

さらにキャリアを重ねていくと、30万円台稼ぐことが可能です。50代になれば、30〜40万円近く稼ぐことができます。

舞台機構調整技能士として大切なことは、どれくらいの期間舞台機構調整技能士として活動をしてきたかというキャリアです。キャリアが長ければ必然的に給与もあがるので、長期間舞台機構調整技能士として働き、給与を少しずつ上げていくようにしましょう。

資格を取得すると給料がどれくらい

舞台機構調整技能士は資格が必要な仕事です。資格には1級~3級まで3段階にわかれた資格があります。資格を持っていると、どの程度給与が変化していくのでしょうか。音楽系の専門学校を卒業した生徒は、卒業した段階で3級の資格を持っていることがあります。

この資格を持っていると、舞台機構調整技能士として必要最低限な知識を習得しているということなので、見習いとしても優秀な舞台機構調整技能士に服舞えることになります。

しかし、この資格を保有していても、それ以上の資格を持っていなければスキルの高い舞台機構調整技能士とはいえません。上位資格でもある1級は7年以上の実務経験が必要になります。7年以上勤務していれば、舞台機構調整技能士1級の資格を獲得することができ、高いスキルを持った舞台機構調整技能士であることを証明することができます。

上位資格を持っていると、レベルの高い音響設定を行うことができるので、必然的に給与を上げることができます。月収40万円を稼ぎたいと考えているのであれば、1級の資格を取得するようにしましょう。

舞台機構調整技能士の平均年収

舞台機構調整技能士の年収はどの程度もらうことができるのでしょうか。舞台機構調整技能士の年収を紹介していきます。

舞台機構調整技能士は、キャリアが浅い人であれば250万円前後。キャリアがありスキルの高い高舞台機構調整技能士になると400~500万円は期待できます。他の仕事に比べるとやや安いと感じる方もいるでしょう。

舞台機構調整技能士の仕事は、最近では機械のセッティングをすることだけがメインになるため、給与が安くなってしまうという問題が少なくありません。しかし、一流のアーティストになると、舞台機構調整技能士の選定を慎重に行うこともあります。

しかし、収入の高い舞台機構調整技能士は、限られたスキルを持つ人になるので、少しでも年収を高くするためには、ライブハウスや劇場でキャリアを積み重ねるだけでなく、一流から指名がくるような舞台機構調整技能士を目指す必要があります。

年収1,000万円を稼ぐことは可能?

舞台機構調整技能士として年収1,000万円以上稼ぐことは可能なのでしょうか。働き方によっては稼ぐことは難しいことではありません。

フリーランスとして活動をする

舞台機構調整技能士として少しでも収入を上げたい場合は、フリーランスとして活動することをオススメします。フリーランスとして活動をすれば、劇場やライブハウス専属の舞台機構調整技能士よりも収入が高くなる可能性があります。

もちろん高いスキルがなければ、仕事が発注されることはないので、舞台機構調整技能士としての実績も必要不可欠になります。

会社を立ち上げる

フリーランスとして働くと、自分で営業から経理まで全てを行わなければなりません。そのような仕事を行いたくない舞台機構調整技能士の中には、会社を立ち上げる人もいます。

法人化することで、仕事を多く稼ぎ収入を高くすることができます。しかし、このやり方もフリーランスと同様スキルが高くなければ仕事が舞い込まないので、スキルを磨く必要があります。

このように、収入を上げるためには、働き方を変化させることで改善させることができます。しかし、このやり方を行う前提条件として、高いスキルを持った舞台機構調整技能士ということが条件になります。

舞台機構調整技能士の給与・年収まとめ

スキルがしっかりあれば仕事を多く受けることができる

舞台機構調整技能士の収入は、他の仕事と比べると決して高い給与・年収をもらうことができる仕事ではありません。

しかし働き方を工夫することで、舞台機構調整技能士として給与・年収を底上げすることが可能です。これから舞台機構調整技能士を目指す方は、スキルを磨いてキャリアアップを目指しましょう。

舞台機構調整技能士の参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格
  • 舞台機構調整技能士
資格区分 国家資格
職種音楽・ラジオ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

舞台機構調整技能士の関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB